2022年07月01日号
次回7月15日更新予定

アートフラッシュニュース

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、多くの美術館/博物館等で、臨時休館やイベントの休止、展覧会の中止や開催期間の変更、および入館方法等が変更になっています。

状況が日々変動しているため、各施設の公式ホームページなどで最新の情報をご確認ください。

ヨーロッパの演劇ポスター ポーランド、ドイツ、ブルガリアを中心に

最終更新日:2022年06月03日

社会主義体制下の演劇ポスター

本展覧会では1960年前後から1990年頃までの、ポーランド、東ドイツ、ブルガリアの演劇ポスターを展示します。

第二次世界大戦後、社会主義体制下にあったこれらの国では、商業的なグラフィックデザインや広告は制作されず、映画、演劇、展示会、コンサート等、文化ポスターのデザインが発展しました。演劇は国家の助成をうけ、ストレートプレイや歌劇を中心に、人形劇や児童劇等も盛んな傾向にあり、国民の日常的な娯楽でもありました。多くの劇場には専属のデザイナーがおり、演劇ポスターが制作されました。

当館初公開のブルガリアポスター

第一部では、1950年代から1990年代までのポーランドの演劇ポスターを展示します。「ポーランド派」と呼ばれた芸術性の高いポスターは、海外でも高く評価され、諸外国の人々に影響を与えてきました。第二部では、東ベルリンの劇場のためのポスターを中心に、写真を用いたポスターや、隣国ポーランドの影響を受け数多く制作された、イラストレーション主体のポスターを展示します。第三部では、1980年代のブルガリアの演劇ポスターを展示します。当時のブルガリアのグラフィックデザインにおいて、演劇ポスターは重要な分野のひとつで、色数が少なく明快なイラストレーションのポスターが数多く制作されました。日本国内では現在まで、ブルガリアのグラフィックデザインを主眼とした展覧会はごく稀であり、当館においても今回が初めての展示となります。

ウェブサイトより)

展覧会概要

会場
京都工芸繊維大学 美術工芸資料館
(京都府京都市左京区松ヶ崎橋上町)
会期
2022年5月9日(月)〜6月18日(土) 
*ご好評につき会期を延長いたします
入場料
一般=200円、大学生=150円、高校生以下無料
休館日
日曜日・祝日
開館時間
10:00〜17:00(入館は16時30分まで)
問い合わせ先
京都工芸繊維大学 美術工芸資料館
TEL:075-724-7924
主催
京都工芸繊維大学美術工芸資料館
ウェブサイト
http://www.museum.kit.ac.jp/20220221y.html


アートフラッシュニュース

文字の大きさ