2022年07月01日号
次回7月15日更新予定

アートフラッシュニュース

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、多くの美術館/博物館等で、臨時休館やイベントの休止、展覧会の中止や開催期間の変更、および入館方法等が変更になっています。

状況が日々変動しているため、各施設の公式ホームページなどで最新の情報をご確認ください。

シンポジウム「デザインミュージアムのヴィジョン」

最終更新日:2022年06月23日

2022年、デザイナー三宅一生の国立デザインミュージアム設立宣言から 10 年を経て、あらため てデザインミュージアムの現在と未来の可能性を考えます。近年、人びとの生活にかかわるデザイ ン、工芸、プロダクトなどをテーマとする展覧会が増えていますが、日本にはいまだ国立のデザイ ンミュージアムは存在しません。デザインをミュージアムの領域にいかに組み込んでいくのかとい う課題、そして日本でのデザインミュージアムのあり方についての議論をさらに推し進めるべき時 期にあると考えます。

本シンポジウムは、そうした議論を広げる場として、研究者、キュレーター、デザイン関係者に よるトークとパネルディスカッションを行います。

ウェブサイトより)

登壇者と発表内容

「デザインミュージアムのヴィジョン」深川雅文(インディペンデント・キュレーター/クリティック)
「民藝運動とミュージアムの思想」花井久穂(東京国立近代美術館主任研究員)
「デザインミュージアムの可能性」太刀川英輔(JIDA理事長/NOSIGNER代表)
「M+香港:デザイン&建築コレクション形成の10年」横山いくこ(リード・キュレーター M+Museum )
「ICOM職業倫理規定と日本のデザインミュージアム」暮沢剛巳(東京工科大学デザイン学部教授)
司会:角山朋子(デザイン史学研究会代表、神奈川大学国際日本学部准教授)

シンポジウム概要

会場
神奈川大学みなとみらいキャンパス 4F 米田吉盛記念講堂(オンライン同時配信)
(神奈川県横浜市西区みなとみらい4-5-3)
会期
2022年7月9日(土)
*要申込(お申し込み期限:7月3日[日]参加費無料)
*申し込みについてはこちらをご覧ください。

開館時間
13:30〜17:00
問い合わせ先
E-mail:designmuseum.symposium22@gmail.com
主催
神奈川大学人文研究所(共同研究グループ「観光と美術」企画)
共同企画
デザイン史学研究会
ウェブサイト
デザイン史学研究会:http://dhwj.org/symposium/symposium2022/


アートフラッシュニュース

文字の大きさ