2022年08月01日号
次回9月1日更新予定

アートフラッシュニュース

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、多くの美術館/博物館等で、臨時休館やイベントの休止、展覧会の中止や開催期間の変更、および入館方法等が変更になっています。

状況が日々変動しているため、各施設の公式ホームページなどで最新の情報をご確認ください。

景観観察研究会「八甲田大学校」

最終更新日:2022年07月22日

景観観察研究会(景観研)は、絵画、版画、写真、フィールドワークをもとにした活動などを行うアーティスト4名(OJUN、板津悟、新津保建秀、山本修路)と、寄生虫学や森林生態学を専門に自然をフィールドとする研究者3名(筏井宏実、伊勢武史、大庭ゆりか)からなる、自然と人間の連環について考え、実践していくための共同体(コレクティブ)です。筏井宏実と山本修路は青森県十和田市に拠点があり、OJUNと青森公立大学および国際芸術センター青森との縁も深いことから、「八甲田大学校」の計画は、2018年頃より動きはじめました。

この夏から秋のはじめにかけて、八甲田連峰のふもと、自然に囲まれた国際芸術センター青森の環境を活かしながら、景観研メンバーたちは作品制作やワークショップ、トークなどの活動を日々繰り広げます。それぞれの専門性を土台としつつも、この場所を共有する人々との対話や協働、誰かがいた・なにかがあった痕跡や記憶、ミクロとマクロな視点の往還運動のなかから、自然界の複雑さや創造性を改めて知ることができたらと考えています。芸術や科学の別なく、世界を能動的に経験することで、歴史や経済、環境や進化まですべてが相互に関連し、そこから生成された知が、私たちの生きる糧になっていくことを願っています。

ウェブサイトより)

八甲田大学校 プログラム一覧

O JUN公開制作「そうぐうー図画工作」

日時|7月16日(土)〜9月25日(日)10:00〜18:00(72日間)
会場|展示棟ギャラリーA
*詳細はこちらをご覧ください。

山本修路ワークショップ「樹木学ー鉢植えをつくろう」

日時|①7月31日(日)と8月14日(日)、②9月3日(土)と9月17日(土)各14:30〜17:00
会場|展示棟ギャラリーB
対象|小学校5年生以上
定員|各回15人 *要予約(申込締切:①は7月25日(月)、②は8月29日(月))、参加無料
*詳細はこちらをご覧ください。

筏井研究室ワークショップ「北里『八甲田大学校』分校:寄生虫学実習」

日時|8月11日(木・祝)、25日(木)、9月8日(木)、21日(水)14:30〜16:30
会場|展示棟ギャラリーA
定員|各回5組程度 *要予約(申込締切:各回実施週の月曜日、8月8日(月)、22日(月)、9月5日(月)、19日(月・祝))、参加無料
*詳細はこちらをご覧ください。

板津悟ワークショップ「八甲田山、積層する地図」

日時|8月20日(土)、21日(日)10:30〜17:30(1日完結ワークショップ)
会場|創作棟ワークショップスタジオ、銅板画室
対象|小学校5年生以上
定員|各日8人 *要予約(申込締切:8月15日(月))、参加無料
*詳細はこちらをご覧ください。

伊勢武史ワークショップ「デジタル自然観察」

日時|9月23日(金・祝)10:30〜12:30
会場|展示棟ギャラリーA
対象|小学校5年生以上
定員|10人程度 *要予約(申込締切:9月19日(月・祝))、参加無料
*詳細はこちらをご覧ください。

山極壽一 特別講演+景観研メンバーとのトーク

日時|9月24日(土)14:30〜16:30
会場|創作棟講義室
定員|40人 *要予約(申込締切:9月19日(月・祝))、参加無料
*詳細はこちらをご覧ください。

プログラム概要

会場
青森公立大学 国際芸術センター青森 [ACAC]展示棟ギャラリーA, B
(青森県青森市合子沢字山崎152-6)
会期
2022年7月16日(土)〜9月25日(日)
入場料
無料
休館日
会期中無休
開館時間
10:00〜18:00
問い合わせ先
青森公立大学 国際芸術センター青森 [ACAC]
TEL:017-764-5200
主催
青森公立大学 国際芸術センター青森 [ACAC]
景観観察研究会
筏井宏実、伊勢武史、板津悟、OJUN、大庭ゆりか、新津保建秀、山本修路
ウェブサイト
https://acac-aomori.jp/program/2022-3/
2022年 /relation/e_00061373.json l 10178012


アートフラッシュニュース

文字の大きさ