2022年08月01日号
次回9月1日更新予定

アートフラッシュニュース

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、多くの美術館/博物館等で、臨時休館やイベントの休止、展覧会の中止や開催期間の変更、および入館方法等が変更になっています。

状況が日々変動しているため、各施設の公式ホームページなどで最新の情報をご確認ください。

KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭2022 クラウドファンディング

最終更新日:2022年07月26日

これまで私たちは、時代と並走する最先端の舞台芸術作品を見ていただくために、毎年余裕のない予算計画で収支のギリギリまで挑戦してきました。参加アーティストによる「良い作品を作りたい」という何よりの想い、開催するごとに賛同してくださる会場・団体のみなさま、そして来場されるみなさまに支えられてなんとか開催を続けられています。

 

開催が危ぶまれたコロナ禍の2020年・2021年でも、海外から俳優やダンサーを招聘できずとも、オンライン配信や補助金で工夫を重ね、「エクスペリメント」の火を絶やさず開催することができました。

今年は2022年10月1日から23日間にわたって開催予定。いよいよ海外からアーティストに来日してもらい、世界の第一線で紹介されている「エクスペリメント」な作品を鑑賞いただけるよう企画しています。しかし渡航や宿泊を伴う海外招聘作品はコストが高く、コロナ禍や京都市の行財政改革も相俟って、私たちはかつてない収支不足に陥っています。

このような状況下にあっても、インターネットが普及し、すべてをワンクリックで見られる時代だからこそ生の観劇体験を提供したい、様々なみなさまと一緒にその感動の瞬間を共有したい、アートをかき混ぜる「ハブ」を再び動かしたい…。そんな想いで、クラウドファンディング実施の決断に至りました。

KYOTO EXPERIMENTの活動を再開し、存続/発展させる。この新たな挑戦にご賛同いただけましたら、どうかご寄附をよろしくお願いいたします。

KYOTO EXPERIMENT事務局

ウェブサイトより)

クラウドファンディング概要

ふるさと納税型クラウドファンディングとは、寄附を通しての意思表示。ご寄附を通して、思い入れのある自治体や、共感する事業を応援することができる仕組みです。
 京都のアートシーンを耕すために。今年は、その一部分をKYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭に託していただけませんか?
*詳細はこちらをご覧ください。

<目標金額>

400万円

<資金使途>

いただいた資金は、国際移動にかかる交通費、PCR検査などの諸費用、コロナ対応に伴い発生する国内移動費や宿泊料金などに使用させていただきます。
また上記の海外招聘プログラムだけでなく全体で約2,000万円の資金難を抱えておりますので、フェスティバルを成功させるために、広く運営費・会場料金・輸送費・交通費などに使用を予定しております。

プロジェクト実行責任者

2京都国際舞台芸術祭(KYOTO EXPERIMENT)実行委員長 天野文雄

プロジェクト実施完了日

22022年10月23日

ウェブサイト

https://readyfor.jp/projects/KYOTOEXPERIMENT2022

KYOTO EXPERIMENT 2022 開催概要

日時|2022年10月1日~10月23日
会場|@ロームシアター京都、京都芸術センター、京都芸術劇場 春秋座、THEATRE E9 KYOTO、京都中央信用金庫 旧厚生センター ほか
*詳細はこちらをご覧ください。



アートフラッシュニュース

文字の大きさ