2022年09月15日号
次回10月3日更新予定

アートフラッシュニュース

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、多くの美術館/博物館等で、臨時休館やイベントの休止、展覧会の中止や開催期間の変更、および入館方法等が変更になっています。

状況が日々変動しているため、各施設の公式ホームページなどで最新の情報をご確認ください。

ANNUAL BRAKE 2022

最終更新日:2022年09月07日

この度The 5th Floorでは、『ANNUAL BRAKE 2022』を開催します。『ANNUAL BRAKE』は、1年に1度開催する継続的なプロジェクトであり、昨年に続き今回が第2回目となります。本プロジェクトでは、若手アーティストが招請を受け、自身の過去作のみで展覧会をつくり上げます。

日本の現代アートシーンでは、若手および中堅アーティストは、各地のギャラリー、オルタナティブスペースあるいは芸術祭において、ものすごい勢いで、立ち止まることのない作品発表を迫られています。超加速するアートサーキットは新しいものを次々と要求して、アーティストたちを翻弄します。

『ANNUAL BRAKE』では新作の制作・発表はありません。一度作家自身が立ち止まり、自身の足跡と物語を確かめ、実直に展覧会として構築することに焦点をあてるプロジェクトです。

第2回目の開催となる『ANNUAL BRAKE 2022』では、森山泰地、光岡幸一、松田修が参加します。それぞれのアーティストは、9月の会期中に7日間ずつ、回顧展を開催します。彼らが未来のために1度立ち止まるこの瞬間に皆様もお立ち寄り頂き、彼らの作品の前で立ち止まっていただけると幸いです。

ウェブサイトより)

展覧会概要

会場
The 5th Floor
(東京都台東区池之端 3-3-9 花園アレイ 5F)
会期
9月5日(月)〜11日(日)森山泰地|Taichi Moriyama「There may be」
9月15日(木)〜21日(水)光岡幸一|Koichi Mitsuoka「生やけ」
9月25日(日)〜10月1日(土)松田修|Osamu Matsuda「膿を照らす」
入場料
500円
*ANNUAL BRAKE 2022開催中は来場3回目以降を無料といたします
休館日
会期中無休
開館時間
13:00~20:00
問い合わせ先
The 5th Floor
E-mail:info@the5thfloor.org
主催
The 5th Floor
アーティスト
森山泰地、光岡幸一、松田修
キュレーション
岩田智哉、髙木遊
ウェブサイト
https://www.the5thfloor.org/ja/annualbrake2022


アートフラッシュニュース

文字の大きさ