2022年12月01日号
次回12月15日更新予定

アートフラッシュニュース

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、多くの美術館/博物館等で、臨時休館やイベントの休止、展覧会の中止や開催期間の変更、および入館方法等が変更になっています。

状況が日々変動しているため、各施設の公式ホームページなどで最新の情報をご確認ください。

小杉武久の2022

最終更新日:2022年09月26日

2018年に小杉武久が亡くなってから、2019年にはコンサート、展覧会、上映会による「小杉武久の2019」、昨年は小杉の資料ボックスの制作と展覧会「KOSUGI 1992」を開催しました。

今年度は、藤本由紀夫氏の企画により、小杉の作品を受け継ぎ、演奏という行為によって新たな小杉を発見をするための試みが行われます。


プレスリリースより

写真:小杉武久《Spectra》(1989) 演奏:和泉希洋志、EYE、小杉武久[撮影:高嶋清俊]


コンサート「小杉武久の2022」

小杉武久のイベント作品を中心とした演目が、新旧のパフォーマーによって演奏されます。 演奏空間にも工夫が凝らされ、小杉が実際に演奏をしている映像も使用される予定です。

日時|2022 年10月15日(土) 15:30 開演(15:15 開場)
会場HALL EGG FARM
料金|ライブ&1 ドリンク4,000 円(当日券4,500円)学割2,000円(当日券2,500 円)
ライブ&1 ドリンク+テイクアウトディッシュ5,500 円(当日券6,000円)
予約|TEL: 090-5584-3104(斎藤)E-mail:spacewho@hall-eggfarm.com
出演|EYE、和泉希洋志、威力、高橋悠治、藤本由紀夫
ゲスト出演:入江拓也(SETENV)
企画|藤本由紀夫
制作|HEAR / HALL EGG FARM

展覧会「小杉武久音の世界新しい夏1996」

1996 年に開催された小杉武久の個展「小杉武久音の世界新しい夏」(芦屋市立美術博物館)の記録映像(撮影:藤本由紀夫)、記録写真(撮影:高嶋清俊)、小杉によるドローイングなどの展示が行われます。

日時|10月14日(金)~11月5日(土)12:00~18:00 *木、金、土の営業
会場360°[JINGUMAE]


*各会場の来場者には、藤本由紀夫デザインのカードを配布予定。

お問合せ先

E-mail: spacewho@hall-eggfarm.com

ウェブサイト

http://hall-eggfarm.com/concert.html#246



アートフラッシュニュース

文字の大きさ