2023年01月15日号
次回2月1日更新予定

アートフラッシュニュース

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、多くの美術館/博物館等で、臨時休館やイベントの休止、展覧会の中止や開催期間の変更、および入館方法等が変更になっています。

状況が日々変動しているため、各施設の公式ホームページなどで最新の情報をご確認ください。

アペルト17 SCAN THE WORLD [NEW GAME]

最終更新日:2022年09月30日

SCAN THE WORLD(STW)は、石毛健太(1994年、東京都生まれ)とBIEN(1993年、東京都生まれ)の2名のアー ティストが中心に行っている、ハンディスキャナで街をスキャニングするプロジェクトの総称です。STWは路上表現の現在形のうちの一つであり、同時に誰もが参加できる新しい遊びでもあります。

本展[NEW GAME]では、金沢21世紀美術館の長期インスタレーションルームが、STWに参加するための集合場所へと変貌します。そこには古代遺跡より出土したかのような巨大な石碑が浮遊し、来訪者にSTWの方法を伝えています。そして、この石碑を解析・研究するように、STWの過去の実践だけではなく、新たな参加者との未来の実践が展示されます。

また、STWはウェブサイトを制作します。このウェブサイトは今回の展示の中心であり、これまでに実践されてきた遊びと、これからの遊びをつなげるプラットフォームでもあります。ここでは誰もが街のテクスチャのデータをアップロード・鑑賞することができます。世界中の場所や人がイメージと遊びを共通項につながることができるのです。

石毛健太とBIENは金沢に長期滞在し、会期中の半年間、参加者を募りながらSCAN THE WORLDを実践し続けます。STWは、まちに開かれ、金沢21世紀美術館をスタート地点にして、まだ見ぬプレイヤー達とともに、現在進行形の路上の遊びとしての進化を続けることでしょう。

ウェブサイトより)

写真:《SCAN THE WORLD [STAGE: COLLECTIVE BEHAVIOR]》2018[Photo by たまえ]


関連プログラム

キックオフパーティ SCAN THE WORLD [BOUNUS STAGE : PPPP]

日時|2022年10月1日(土)
会場|金沢21世紀美術館 プロジェクト工房、創作交流工房

第一部 15:00〜18:00 定員|50名程度
入場料|無料
参加心得|SCAN THE WORLDを実践してくださる方
申込|不要
出演者|ARIKA/鈴木33回転正夫/yocki/空中水泳/SCAN THE WORLD (P)

第二部 18:00〜21:30 定員|50名程度
入場料|1,000円
参加心得|SCAN THE WORLDを実践してくださる方
申込|Peatix*詳細はこちらをご覧ください。
出演者|AI.U/DADA M REBORN./PPTV/Prius Missile/TR キカイノヒカリ (VJ)/SCAN THE WORLD (P)

展覧会概要

会場
金沢21世紀美術館長期インスタレーションルーム
(石川県金沢市広坂1-2-1)
会期
2022年10月1日(土)〜2023年3月19日(日)
入場料
無料
休館日
月曜日(ただし10月10日、10月31日、1月2日、1月9日は開場)、
10月11日(火)、11月1日(火)、12月29日(木)〜1月1日(日)、1月4日(水)、1月10日(火)
開館時間
10:00〜18:00(金・土曜日は20:00まで)
問い合わせ先
金沢21世紀美術館
TEL:076-220-2800 
主催
金沢21世紀美術館[公益財団法人金沢芸術創造財団]
協力
Konel Inc. 株式会社JSP、株式会社Slacktide
ウェブサイト
https://www.kanazawa21.jp/data_list.php?g=17&d=1808


アートフラッシュニュース

文字の大きさ