2022年12月01日号
次回12月15日更新予定

アートフラッシュニュース

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、多くの美術館/博物館等で、臨時休館やイベントの休止、展覧会の中止や開催期間の変更、および入館方法等が変更になっています。

状況が日々変動しているため、各施設の公式ホームページなどで最新の情報をご確認ください。

Sense Island ─感覚の島─ 暗闇の美術島 2022

最終更新日:2022年11月10日

今、あなたには何が見えますか?
今、あなたには何が聞こえますか?
今、何に触れていて、そこから何が伝わってきますか?
人類へと続く種が誕生してから500万年、人類としての活動が始まってから約1万年。
人間は周囲の自然やそのルール、
到底かなわない力やさまざまな恵みと共に変化し続けてきました。
文明の進化と言われる大きな変化は、
自然や生物としての人間の本能をも超えつつあり、
環境破壊やそれによって起こる気候変動の影響は歴史上あまりにも大きく、
地質学的に「人新世|アントロポセン」人類中心の時代となったとも言われています。

もう一度人間が、感性豊かな生物であることを多くの人に感じてもらいたい。
アートという創作物を通して、さまざまな感覚を呼び戻すきっかけを作ってもらいたい。

ense Island - 感覚の島- はそんな考えから2019年に第一回目を開催しましたが、
翌年にはコロナウイルスという未曾有の危機に全ての人とともに直面しました。
今現在でも「人間」という生物の存在がゆらぎ続けていることを痛感します。
東京湾で唯一の自然島である猿島に、普段足を踏み入れることのできない夜に、
Sense Islandは開催されます。
猿島ではカメラやインターネットを遮断し、
目、耳、鼻や皮膚から取り入れる情報だけを頼りに島内を巡り、
音、光、カタチを発する様々な作品やパフォーマンスを通して
もう一度、生物としての自分と自分の持っている本来の感覚を
体感して欲しいと考えています。

齋藤精一

ウェブサイトより)

関連イベント

アーティストツアー

2022年11月20日(日):中村 寛(アーティスト)

2022年11月23日(水祝):Sense Island プロデューサー 齋藤晴一(パノラマティクス主宰)

2022年12月10日(土):TOKYO PHOTOGRAPHIC RESEARCH(アーティスト)

パフォーマンスイベント

出演:梅川壱ノ介
2022年11月20日(日)21:00~、12月18日(日)21:00~

音楽イベント①

出演:エルムホイ
2022年12月3日(土)21:00~、12月10日(土)21:00~

音楽イベント②

出演:七尾旅人
2022年12月9日(金)21:00~

ワークショップ@横須賀美術館

出演:梅川壱ノ介
2022年12月18日(日)13:00〜15:00

展覧会概要

会場
横須賀・猿島
(神奈川県横須賀市猿島1番)
会期
2022年11月12日(土)~12月25日(日)
*会期中の金土日及び祝日/21日間
入場料
猿島への往復乗船料、入島料、観覧料を含む
大人(高校生以上)=3,700円

小・中学生=1,700円

横須賀市民割引 大人(高校生以上)=2,700円

横須賀市民割引 小・中学生=1,200円
*小学生未満は無料(無料チケットの予約が必要)
*有料無料を問わず、全てのチケットは予約購入が必要です。
*詳細はこちらをご覧ください。

問い合わせ先
Sense Island 実行委員会事務局
TEL:046-822-8427(平日 9:00〜17:00)
主催
Sense Island 実行委員会
横須賀集客促進・魅力発信実行委員会
株式会社アブストラクトエンジン
株式会社トライアングル
参加アーティスト
齋藤精一
/齋藤帆奈+脇坂崇平/
TOKYO PHOTOGRAPHIC RESEARCH(梅沢英樹、オウ・シャオハン、川島崇志、金秋雨(ゲストキュレーター)、小山泰介、村田啓、森田友希、山本華、Ryu Ika)/
中村公輔 + 中村寛 + 原田祐馬
タイアップアーティスト
石毛健太(ArtSticker)/
中山ゆめお(ArtSticker)/
HAKUTEN CREATIVE
パフォーマンスアーティスト
梅川壱ノ介/
ermhoi/
七尾旅人/
プロデューサー
齋藤精一(パノラマティクス主宰)
ウェブサイト
https://senseisland.com


アートフラッシュニュース

文字の大きさ