2022年12月01日号
次回12月15日更新予定

アートフラッシュニュース

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、多くの美術館/博物館等で、臨時休館やイベントの休止、展覧会の中止や開催期間の変更、および入館方法等が変更になっています。

状況が日々変動しているため、各施設の公式ホームページなどで最新の情報をご確認ください。

おおさか創造千島財団(公募)創造活動助成 for U30/スペース助成

最終更新日:2022年11月14日

創造活動助成 for U30(2023年度)

大阪における創造活動を活発化するため、また大阪で活動する若手アーティスト、クリエイターを支援するため、活動資金の一部を助成金として交付します。
ジャンルや活動の形態は問いません。社会に新たな視点や価値観を提示し、「創造活動」の定義をも問い直すような意欲的な活動を重点的にサポートします。

ウェブサイトより)

概要

①対象者|創造的な活動を行う30歳以下(*)の個人または団体(法人格の有無、法人形態は問わない)
*申請時、団体の場合は、代表者と構成メンバーの概ね半数以上が30歳以下)
②対象となる活動|・大阪府を活動拠点とする対象者が、大阪府内外(海外を含む)で行う活動
・大阪府以外に拠点がある対象者が、大阪府内で行う活動
③助成件数|3件
④助成対象期間|2023年4月1日~2024年3月31日
⑤助成金額|1件あたり30万円
⑥選考方法|有識者からなる選考委員会にて選考を行い、理事会の承認を得て決定。
⑦選考委員|小林瑠音(芸術文化観光専門職大学講師)
塚原悠也(contact Gonzoメンバー、KYOTO EXPERIMENT共同ディレクター)
長谷川新(インディペンデントキュレーター)
⑧選考のポイント公式サイトをご覧ください。
⑨申請方法公式サイトをご覧ください。
⑩申請締め切り|2023年1月9日(月・祝)23:59
*詳細はこちらをご覧ください。

スペース助成(2023年度)

造船所跡地を改装した創造スペース「クリエイティブセンター大阪(CCO)」の中の象徴的なスペースを、創造活動の舞台として無償(*)で提供します。産業遺産という特殊なポテンシャルを持つ当施設の新たな魅力を引き出すような活動を募集します。活動資金の一部も助成金として交付。2023年度は助成金額を増額します。
*特殊な技術・機器を使用する場合の追加費用は助成対象者の自己負担となります。

ウェブサイトより)

概要

①対象者|創造的な活動を行う個人または団体(法人格の有無、法人形態は問わない)
②対象となる活動|一般に公開され、情報発信を伴う活動(ジャンルは問いません)
クリエイティブセンター大阪(CCO)内の以下のいずれかを利用して行う創造的な活動
a. 旧総合事務所棟 4階 Drafting room(約1,300㎡)、3階Free space(約1,300㎡)
b. 木津川沿いの旧ドック(船渠)周辺(約300㎡) *屋外エリア
③助成件数|1件
④施設提供期間|2024年1月1日~3月31日で、1件あたり3週間以内。
⑤助成金額|100万円
・近隣の宿泊施設(当財団指定)を利用の場合は、1,000円/泊の滞在費補助があります。(上限あり)
⑥選考方法|有識者からなる選考委員会にて選考を行い、理事会の承認を得て決定。
⑦選考委員|小林瑠音(芸術文化観光専門職大学講師)
塚原悠也(contact Gonzoメンバー、KYOTO EXPERIMENT共同ディレクター)
長谷川新(インディペンデントキュレーター)
⑧選考のポイント公式サイトをご覧ください。
⑨申請方法公式サイトをご覧ください。
⑩申請締め切り|2023年1月9日(月・祝)23:59
*詳細はこちらをご覧ください。



ウェブサイト

創造活動助成 for U30(2023年度)
https://chishima-foundation.com/topics/grant/u30_2023.html
スペース助成(2023年度)
https://chishima-foundation.com/topics/grant/space_2023.html



アートフラッシュニュース

文字の大きさ