2023年02月01日号
次回2月15日更新予定

アートフラッシュニュース

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、多くの美術館/博物館等で、臨時休館やイベントの休止、展覧会の中止や開催期間の変更、および入館方法等が変更になっています。

状況が日々変動しているため、各施設の公式ホームページなどで最新の情報をご確認ください。

ロームシアター京都×京都芸術センター U35 創造支援プログラム “KIPPU” 空間現代×三重野龍『汽』

最終更新日:2022年12月06日

バンド空間現代とグラフィックデザイナー三重野龍、いま熱い注目を集める京都拠点のアーティスト2組により好評を博したコラボレーション公演の第2弾。バンドの生演奏に三重野のタイポグラフィがスクリーン投影され交錯するスタイルを継続しつつ、舞台装置などあらゆる要素をさらに融合させ、身体性を高めた新たな舞台芸術作品を立ち上げる。

ウェブサイトより)

出演・スタッフ

音楽:空間現代

グラフィック:三重野龍
グラフィックサポート:中田拓馬、原淳之助

音響:西川文章

照明:藤原康弘

舞台監督:大鹿展明、杉浦訓大

制作:植松幸太

プロフィール

空間現代

2006年、野口順哉(Gt,Vo)、古谷野慶輔(Ba)、山田英晶(Dr)の3人によって結成。編集・複製・反復・エラー的な発想で制作された楽曲をスリーピースバンドの形態で演奏。これによるねじれ、負荷がもたらすユーモラスかつストイックなライブパフォーマンスを特徴とする。2016年9月、活動の場を東京から京都へ移し、自身の制作および公演の拠点としてライブハウス「外」を左京区・錦林車庫前に開場。先鋭的なアーティスト達とのジャンルを超えた作品制作も積極的に行う。2019年度、京都市芸術文化特別奨励者。

三重野龍

グラフィックデザイナー。1988年兵庫県生まれ。2011年京都精華大学グラフィックデザインコース卒業。大学卒業後、京都にてフリーのグラフィックデザイナーとして活動開始。美術や舞台作品の広報物デザインや、ロゴ、グッズなど、文字を軸にしたグラフィック制作を実践。現在までなんとか生き延びている。

「ZOU」(KYOTO PARK STAGE 2020)記録映像配信

前作、空間現代×三重野龍の初めてのコラボレーション「ZOU」(KYOTO PARK STAGE 2020)の記録映像を期間限定・無料で再配信します!

配信日時:2022年11月15日(火)10:00~12月11日(日)24:00【日本時間】

配信場所:ロームシアター京都公式YouTubeチャンネル

プログラム概要

会場
ロームシアター京都
(京都府京都市左京区岡崎最勝寺町13)
会期
2022年12月9日(金)19:00開演

2022年12月10日(土)19:00開演

2022年12月11日(日)15:00開演
入場料
一般=前売3,500円、当日4,000円
学生=前売2,500円、当日3,000円(入場時、要学生証提示)
*未就学児入場不可
*本公演は全席自由ですが、ほとんどのお席がスタンディングとなります。着席希望の方はお早めにご来場ください。
問い合わせ先
空間現代
E-mail:info@kukangendai.com
主催
合同会社空間現代
ウェブサイト
https://rohmtheatrekyoto.jp/event/71183/?ct=t(EMAIL_CAMPAIGN_2_28_2022_20_52_COPY_01)


アートフラッシュニュース

文字の大きさ