2023年01月15日号
次回2月1日更新予定

アートフラッシュニュース

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、多くの美術館/博物館等で、臨時休館やイベントの休止、展覧会の中止や開催期間の変更、および入館方法等が変更になっています。

状況が日々変動しているため、各施設の公式ホームページなどで最新の情報をご確認ください。

汗かくメディア2023公募

最終更新日:2023年01月23日

子どもが(もちろん,大人も)つながって,遊ぶ,楽しくて刺激的な機会が求められています。愛知県児童総合センターは,そんな場となることをめざしつつ,メディアがひらくいろいろな可能性をひきだし,限りない子どもたちの創造力を刺激する,これまでにないあそびを募集します。

ウェブサイトより)

事業の概要

子どもたちが健全に発達するためには、[あそび]が重要な役割を担います。自由に自分を表現し、認められ、受け入れられる体験をすることや、[あそび]という緩やかなルールの中で、他者との間で自分自身を確かめることは、自分の感性に自信を深め、自分自身を確かな存在として持つ基盤となります。
1996年の開館以来、愛知県児童総合センターでは、[アート]をきっかけとしたあそびのプログラム開発を、日常の活動や特別企画の活動などを通して試行・実践してきました。子どもたちの成長にとって不可欠な[あそび]に[アート]が加わることで、今まで「あたりまえ」と思っていたモノやコトに対する視点の変化につながり、さまざまな気づきや驚きが生まれる体験をもたらしてくれると考えています。

開館当初からおこなってきた「遊具・あそびのプログラム開発」では、1996年から「アートと遊びと子どもをつなぐプログラム公募」(第1期)を2002年まで実施し、2006年の再オープンから2016年までの10年間は「アートと遊びと子どもをつなぐメディアプログラム“汗かくメディア”」(第2期)として継続してきました。この間、数多く寄せられた優れた応募作品は、愛知県児童総合センターおよび地域のあそび場の活性化に寄与してきました。

2019年より第3期として再開し、子どもとメディアとの関わりが大きく変わろうとする中、「汗かくメディア」では、さらに[アート]と[あそび]と[メディア]の原点に立ち返り、子どもたちが新鮮な視点で世界に主体的にかかわり、新しいコミュニケーションや表現を可能にするあそびのプログラムやあそび環境への提案を期待しています。

応募作品の中から優秀作品を3作品程度「汗かくメディア賞」として選考します。選考された作品は2023年秋ごろに愛知県児童総合センターで開催予定の『汗かくメディア受賞作品公開展示』にて発表していただきます。

募集要項

[募集期間]
2023年1月13日(金)〜3月12日(日)

[賞]

汗かくメディア賞(3作品程度)。

賞金 100,000円。

*別途、企画者と愛知県児童総合センター(以下ACC)で協議のうえ、制作補助金額(最大10万円)を決定し展示終了後にお支払いします。

[作品発表]

『汗かくメディア受賞作品公開展示』(2023年秋ごろ予定)にて、ACCを会場に受賞作品の発表をしていただきます。

[応募方法]
2023年1月13日(金)よりACCホームページ(https://www.acc-aichi.org/) 汗かくメディア2023専用メールフォームにて提案企画書の応募を受付けます。
*詳細はこちらをご覧ください。

選考委員

遠藤潤一(金城学院大学准教授)、伏見清香(放送大学教授)、村上泰介(愛知淑徳大学教授)、愛知県児童総合センター長、副田 一穂(愛知県美術館学芸員)、野田智子(アートマネージャー/Twelve inc. 取締役)、愛知県福祉局子育て支援課長

問い合わせ先
愛知県児童総合センター
「アートと遊びと子どもをつなぐメディアプログラム 2023 汗かくメディア」担当
TEL:0561-63-1110 E-mail:info@acc-aichi.org
主催
愛知県児童総合センター(公益財団法人 愛知公園協会)
ウェブサイト
https://www.acc-aichi.org/project/asekakumedia/


アートフラッシュニュース

文字の大きさ