2019年09月15日号
次回9月17日更新予定

オススメ展覧会

チェコ・デザイン 100年の旅

2019年07月15日号

チェコ国立プラハ工芸美術館の企画により、同館の所蔵作品を中心に、19世紀末から現代までのチェコのデザインを紹介します。
この約100年間のチェコでは、アール・ヌーヴォーの旗手として知られる画家アルフォンス・ミュシャをはじめ、キュビスムの影響を受けた建築、チャペック兄弟の絵本、そして世界で愛されるアニメーションなど、社会主義の時代にも、その優美なデザインは独自の道を拓いていきました。...家具、食器、ポスター、おもちゃ、書籍などの約250点を通して辿るチェコ・デザインの世界を、小さな旅のように楽しんでいただきます。
また富山県美術館では、本展の併設特別展示として、株式会社インテックのご協力により、同社所蔵の世紀末のチェコを代表する画家アルフォンス・ミュシャの作品約20点を紹介します。[美術館サイトより]

オススメ展覧会 /relation/e_00048854.json s 10154624

富山県美術館

地域 中部
会場富山県美術館
富山県富山市木場町3-20
会期2019年6月1日(土)~7月28日(日)
入場料一般=900(700)円
大学生=450(350)円
*( )内は20人以上の団体料金
*一般前売りは700円
*次の方は、企画展・コレクション展とも観覧無料 ①児童、生徒(小・中学生、高校生など) ②A学校教育、社会教育活動としての児童・生徒の引率者(観覧料免除申込書が必要です) ③B各種手帳をお持ちの障害者の方の観覧(付き添いは手帳をお持ちの方1人につき1名まで無料)
休館日水曜日、7/16
開館時間9:30~18:00(入館は閉館の30分前まで)
問い合わせ先tel. 076-431-2711
主催富山県美術館、チェコ国立プラハ工芸美術館、北日本新聞社、北日本放送
公式サイトhttps://tad-toyama.jp/exhibition-event/7639

今月のオススメ展覧会

北海道

東北

東京都

関東・甲信越

中部

近畿

中国・四国

九州・沖縄

文字の大きさ