2019年07月01日号
次回7月16日更新予定

オススメ展覧会

硝子の中の四季

2019年07月01日号

19世紀末。フランス・アールヌーヴォー(「新しい芸術」の意)の時代より大きく花開いたガラス工芸作品において、その根底に「ジャポニズム」とよばれる芸術動向が存在していたことは、今日既に広く知られるところとなっています。緩やかな曲線美、細密な自然描写、そして幽玄の素地───。それらは産業革命の時代に生み出された多量の無機質な工業製品に異を唱えるかのごとく、有機的で、自然の喜びにみちた輝きを内に秘めながら、100年たった現在も人々の心を魅了し続けています。
本展覧会ではアールヌーヴォー期をはじめとしたガラス作家たちがいかにして日本の感性を咀嚼し、自らの芸術へ反映させたかを「四季」を主題として辿るとともに、合わせられた藤原啓の日本画賛を通して、ジャポニズムのあたらしさ、そしておもしろさといった感覚について、是非ご感取頂きたく存じます。[美術館サイトより]

オススメ展覧会 /relation/e_00048474.json s 10155461

FAN美術館

地域 中国
会場FAN美術館
岡山県備前市穂浪3868
会期2019年4月6日(土)~10月27日(日)
入場料大人=1,800円(お抹茶付き)
*団体割引(10名以上) 1,350円
*小中高生は無料 (お抹茶は別途料金)
*未就学児童・乳児(保護者同伴の場合に限り)無料
*障害者手帳、愛護手帳を持参の方 本人 1,000円
休館日火曜日
開館時間9:30~17:00(入館は16時まで)
問い合わせ先tel. 0869-67-0638
公式サイトhttps://fanmuseum.jp/jp/2019/03/11/%e9%96%8b%e5%82%ac%e4%b8%ad%e3%81%ae%e5%b1%95%e7%a4%ba%e4%bc%9a/

今月のオススメ展覧会

北海道

東北

東京都

関東・甲信越

中部

近畿

中国・四国

九州・沖縄

文字の大きさ