2019年12月01日号
次回12月16日更新予定

オススメ展覧会

生誕120年 文豪川端康成と美のコレクション展

2019年11月01日号

日本人初のノーベル文学賞受賞作家・川端康成(1899-1972)は、きわめて多彩な美術品を収集していたことでも知られています。そのコレクションは、国宝に指定される浦上玉堂《凍雲篩雪図》と池大雅・与謝蕪村《十便十宜図》をはじめ、土偶や仏像などの古美術から東山魁夷・古賀春江・草間彌生といった近現代日本美術、ロダン・ピカソといった西洋美術にまで至る幅広いものです。
とりわけ戦後を代表する日本画家・東山魁夷(1908-1999)とは深い交流があり、コレクションにはスケッチや習作、書籍の装丁原画ほか、多くの東山作品も含まれています。
本展では、川端康成が収集した美術品を紹介しその審美眼を探るとともに、近年自邸で新たに発見された、初恋の人・伊藤初代宛の未投函書簡や、夏目漱石・太宰治・谷崎潤一郎・三島由紀夫ら文豪たちの書幅や川端宛の書簡、生前の愛用品なども公開し、川端のひととなり、そして巨匠たちの交流にも焦点をあて紹介します。[美術館サイトより]

オススメ展覧会 /relation/e_00050235.json s 10157056

姫路市立美術館

地域 近畿
会場姫路市立美術館
兵庫県姫路市本町68-25
姫路文学館
兵庫県姫路市本町68-25
会期2019年9月14日(土)~11月4日(月・振休)
入場料2館分観覧料
一般=1,400(1,120)円
高大生=600(480)円
小中生=300(240)円
*( )内は20人以上の団体料金
休館日月曜日(9/16、9/23、10/14、11/4は開館)、9/17、9/24、10/15
開館時間10:00~17:00(入場は閉館の30分前まで)
問い合わせ先tel. 079-222-2288(姫路市立美術館)
主催姫路市立美術館、姫路文学館、神戸新聞社
公式サイトhttp://www.city.himeji.lg.jp/art/exhibitions.html

今月のオススメ展覧会

北海道

東北

東京都

関東・甲信越

中部

近畿

中国・四国

九州・沖縄

文字の大きさ