2020年09月15日号
次回10月1日更新予定

オススメ展覧会

ニッポンのえんぎもの

2020年01月15日号

日頃何気なく口にする「縁起がいい」あるいは「縁起が悪い」という言葉。「縁起」とは、仏教用語〈因縁生起〉の略語で、仏教の真理の一つを表す言葉です。そこから、社寺の起源や沿革、由来という意味となり、また広く事物の起源、あるいは物事の吉凶の前兆をも意味します。また、「縁起物」とは、本来社寺の縁起を祝うために神社や寺院が頒布したもの。酉の市の熊手やだるまなどが有名ですが、今ではよい縁起を得られるようにと祈ったり、「ハレ」を祝ったりするためのものも、いわゆる縁起物と言っています。江戸の人々は、身の回りにあるさまざま「縁起物」を大切にしていました。皆が知っているものから、普段はあまり気にしないものまで。江戸時代の人々と一緒に、浮世絵に描かれた縁起物を探しにいきましょう。[美術館サイトより]

オススメ展覧会 /relation/e_00051275.json s 10158967

中山道広重美術館

地域 中部
会場中山道広重美術館
岐阜県恵那市大井町176-1
会期2019年12月12日(木)~2020年1月19日(日)
入場料大人=510(410)円
*( )内は20人以上の団体料金
*18歳以下は無料
*障がい者手帳をお持ちの方と付き添いの方1名は無料
*毎週金曜日はフリーフライデー(観覧無料)
休館日月曜日(1/13は開館)、12/25~1/3(1/2はお正月特別開館)、1/14
開館時間9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで)
問い合わせ先tel. 0573-20-0522
主催恵那市、恵那市教育委員会、(公財)中山道広重美術館
公式サイトhttps://hiroshige-ena.jp/

今月のオススメ展覧会

北海道

東北

東京都

関東・甲信越

中部

近畿

中国・四国

九州・沖縄

文字の大きさ