2020年03月15日号
次回4月1日更新予定

オススメ展覧会

フランスに生きた日本人画家 木村忠太の世界

2020年02月15日号

フランスを舞台に活躍し、南仏とパリの風景を描き続けた木村忠太(1917-1987)の作品を紹介する展覧会。1953(昭和28)年36歳の時にフランスに移り住んだ木村は、現実の風景をモティーフにしながらも抽象化し、華やかな色面と自由奔放な線が自由自在に交錯する光に満ちた画面を創り上げた。
日本でも、生地の高松市美術館(1989年)、東京国立近代美術館(1994年)などで大規模な回顧展が開催されて評価が高まり、生誕100年、没後30年に当たる2017年には、群馬県の高崎市美術館で、地元コレクター所蔵の作品を中心とした回顧展が開催されている。しかしながら、東海地方では木村の展覧会は開催されておらず、今回の展覧会は東海地方の美術館所蔵および個人所蔵の作品をまとめて見ることのできる貴重な機会となる。
今回の展覧会では、ヤマザキマザック美術館の創設者、故・山崎照幸が収集した《セーヌ河畔》、《風景:村》、《庭》の3点の他に、愛知県美術館、三重県立美術館、豊橋市美術博物館、公益財団法人かみや美術館の所蔵作品、個人蔵作品を合わせた58点を展示し、木村忠太の創作世界を紹介する。[広報資料より]

オススメ展覧会 /relation/e_00050949.json s 10159371

ヤマザキマザック美術館

地域 中部
会場ヤマザキマザック美術館
愛知県名古屋市東区葵1-19-30
会期2019年11月15日(金)~2020年3月1日(日)
*新型コロナウイルス感染拡大防止のため会期短縮
入場料一般=1,200(1,000)円
小中高生=500円
*( )内は10人以上の団体料金
*小学生未満は無料
*各種障害者手帳をご提示の方とその同伴者1名は1,000円
休館日月曜日(月曜日が祝祭日の場合は、翌平日)
開館時間平日10:00~17:30、土日祝10:00~17:00(入館は閉館の30分前まで)
問い合わせ先tel. 052-937-3737
主催ヤマザキマザック美術館、中日新聞社
公式サイトhttp://www.mazak-art.com/

今月のオススメ展覧会

北海道

東北

東京都

関東・甲信越

中部

近畿

中国・四国

九州・沖縄

文字の大きさ