2020年07月01日号
次回7月15日更新予定

オススメ展覧会

没後20年 畦地梅太郎 山のなか、本のなか

2020年03月15日号

愛媛県北宇和郡二名村(現・宇和島市三間町)に生まれた畦地梅太郎(1902-1999)は、山の風景や生き物、代表作である山男など、様々な角度から「山」を表現し、「山の版画家」として広く知られるようになりました。本展では、愛媛県美術館での10年ぶりの回顧展として、初期から最晩年までの200点を超える版画作品を展示いたします。また、山岳文芸雑誌『アルプ』での活動をはじめ、書籍の装丁や蔵書票に表された、畦地の豊かな思考に触れることのできる「本の仕事」についても紹介します。自らの生涯を「とぼとぼ」と表現したように、地に足をつけて急くことなく画業を積み重ねた、その人と作品の魅力をあらためて生誕の地から伝えます。[美術館サイトより]

オススメ展覧会 /relation/e_00052017.json s 10159989

愛媛県美術館

地域 四国
会場愛媛県美術館
愛媛県松山市堀之内
会期2020年2月1日(土)~3月29日(日)
入場料一般=1,000(800)円
高大生=600(400)円
小中生=300(100)円
*( )内は20人以上の団体料金
*満65歳以上は当日一般料金から100円引き(年齢がわかるものをご提示ください)
*障がい者手帳等をお持ちの方とその介護者1名は無料
休館日2/17、2/25、3/3、3/9、3/16、3/23
開館時間9:40~18:00(入場は閉館の30分前まで)
問い合わせ先tel. 089-932-0010
主催2019畦地梅太郎展実行委員会(愛媛県、南海放送)
公式サイトhttps://www.ehime-art.jp/info/?p=1236

今月のオススメ展覧会

東北

東京都

関東・甲信越

中部

近畿

中国・四国

九州・沖縄

文字の大きさ