2021年03月01日号
次回3月15日更新予定

オススメ展覧会

今森光彦—自然と暮らす切り紙の世界—

2021年03月01日号

今森光彦(いまもり みつひこ/1954年滋賀県大津市生まれ)は、世界各地で生きものの生態を追う著名な写真家で、同時に“切り紙”の世界でも新たな境地を切り開きました。人と自然が見事に共生する「里山」をテーマに、様々な角度からその関係を追い続けています。“生きもの少年”として湖や川、田んぼや林で多くの時間を過ごした少年時代、写真家として世界中の生きものと出会う旅路、アトリエの敷地内に「里山」をコンセプトにした庭をつくり、生きものを観察する日々など、制作活動は野外での活動と深くつながっています。たった一本のはさみから切り出される生きものたちは、今森氏の経験の中から生まれ、生命の輝きにあふれています。
本展では、生命力あふれる生きものたちと自然に寄り添う人の営みをとらえた作品群から、自然の美しさや豊かさを感じ、自然と触れ合う感性を育んでいただけることでしょう。[公式サイトより]

オススメ展覧会 /relation/e_00055519.json s 10166408

姫路市書写の里・美術工芸館

地域 近畿
会場姫路市書写の里・美術工芸館
兵庫県姫路市書写1223
会期2021年1月6日(水)~2021年4月4日(日)
入場料一般=310(250)円
高大生=210(160)円
小中生=50(40)円
*( )内は20名以上の団体料金
*小学生未満、姫路市内在住の65歳以上の方は無料
*身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた方(及び介護者1名)は無料
休館日月曜日(休日を除く)、休日の翌日(土・日、休日を除く)
開館時間10:00~17:00(入館は閉館の30分前まで)
問い合わせ先tel. 079-267-0301
主催姫路市書写の里・美術工芸館、神戸新聞社
公式サイトhttps://www.city.himeji.lg.jp/kougei/04kikaku-tenji/210106imamori.html

今月のオススメ展覧会

文字の大きさ