2021年04月15日号
次回5月17日更新予定

オススメ展覧会

ファッション イン ジャパン1945-2020—流行と社会

2021年04月15日号

1970年代以降、日本人ファッション・デザイナーたちは世界的に高い評価を得てきました。これまで、日本のファッションは、彼らを契機に突如として誕生したかのように語られてきましたが、実際はそうではありません。明治期に日本が近代国家となり洋装を取り入れたことを契機に、第二次世界大戦後には洋装が一般的になり独自の装いの文化を展開してきました。
本展では、特に戦後の日本におけるユニークな装いの軌跡を、衣服やアイデアを創造するデザイナー(発信者)サイドと、衣服を着用し、時に時代のムーヴメントを生み出すこともあった消費者(受容者)サイドの双方向から択え、新聞、雑誌、広告など時代ごとに主流となったメディアも参照し、概観します。これまでまとまって紹介されることのなかった、洋服を基本とした日本ファッションの黎明期から最先端の動向を、社会的背景とともに紐解く、世界初の大展覧会です。[美術館サイトより]

オススメ展覧会 /relation/e_00056315.json s 10167503

島根県立石見美術館

地域 中国
会場島根県立石見美術館
島根県益田市有明町5-15
会期2021年3月20日(土・祝)~5月16日(日)
入場料一般=1,200(950)円
大学生=600(450)円
小中高生=300(250)円
*( )内は20名以上の団体料金
*各種障がい者手帳、被爆者健康手帳をお持ちの方およびその介助者(1名様まで)は入場無料
休館日火曜日(5/4は開館)
開館時間9:30~18:00(入場は閉館の30分前まで)
問い合わせ先tel. 0856-31-1860
主催島根県立石見美術館、国立新美術館、読売新聞社、しまね文化振興財団、日本海テレビ、山陰中央新報社、中国新聞社、文化庁、独立行政法人日本芸術文化振興会
公式サイトhttp://www.grandtoit.jp/museum/fij2020/

今月のオススメ展覧会

北海道

東北

東京都

関東・甲信越

中部

近畿

中国・四国

九州・沖縄

文字の大きさ