2019年12月01日号
次回12月16日更新予定

オススメ展覧会

若冲ワンダーランド

2009年11月15日号

 江戸時代の中期にあたる18世紀、絵画は史上まれに見る興隆の時期を迎えました。享保年間における、将軍吉宗の洋書解禁や、明・清の新しい絵画様式の移入などに触発され、かつて藤岡作太郎(1870-1910)が「旧風革新」と評したような創造の機運が、新興町人階級出身の画家の間で盛り上がりました。京都では、享保元年(1716)尾形光琳(1658-1716)が亡くなります。奇しくもこの年は伊藤若冲(1716-1800)の生年に当たり、町人出身画家の新旧交代を象徴するかのようです。
 当時、知識層の指導のもとに「写生」の絵が流行しました。円山応挙(1733-1795)がそれを代表する画家です。伊藤若冲もまた、写生を学び、花や鳥、動物を熱心に写生しました。しかしながら若冲が実際に描く絵は、細部まで克明に描写されながら、全体としては現実と異なる不思議な世界─ワンダーランドです。
 細密な描写の一方で、若冲は略筆の水墨画を描きました。そこでは自己の主観にもとづく、奔放な感興の吐出がみられます。まるで児童の絵のような天真燗漫さ、これもまた、若冲の世界の産物で、現代人の感性、美意識にも響きあい、近年大きな注目を集めるようになりました。
 この展覧会は、最近新たに発見され初公開となる「象と鯨図屏風」を中心に、国内外の若冲の作品から、ワンダーランドの呼び名にふさわしい傑作を選りすぐって展示します。
同時に、池大雅(1723-1776)、与謝蕪村(1716-1783)、曾我蕭白(1730-1781)、円山応挙、葛蛇玉(1735-1780)ら、京・大阪の画家にも範囲をひろげ、若冲と同時代の、個性的でかつスケールの大きな「ワンダーランドの共住者たち」にも照明を当てます。[広報資料より]

オススメ展覧会 /relation/e_00006019.json s 1210476

MIHO MUSEUM

地域 近畿
会場MIHO MUSEUM 
滋賀県甲賀郡信楽町桃谷300
会期2009年9月1日(火)~12月13日(日)
入場料一般=1,000(800)円
高大生=800(600)円
小中生=300(100)円
*( )内は20人以上の団体料金
休館日月曜日、9/24、10/13、11/24(9/21、10/12、11/23は開館)
開館時間10:00~17:00
*入館は閉館の60分前まで
問い合わせ先tel. 0748-82-3411
主催MIHO MUSEUM、京都新聞社
公式サイトhttp://www.miho.or.jp/japanese/inform/new.htm

今月のオススメ展覧会

北海道

東北

東京都

関東・甲信越

中部

近畿

中国・四国

九州・沖縄

文字の大きさ