世界の美術館データベース

  • リストへ戻る
  • 南アメリカ|アルゼンチン

ブエノスアイレス・ラテンアメリカ美術館(MALBA)Museo de Arte Latinoamericano de Buenos Aires

ラテンアメリカのアートの展示と普及を目的に、2001年9月に開館された非営利の美術館。アルゼンチン国内のほか、ブラジル、コロンビア、コスタリカ、キューバ、チリ、エクアドル、メキシコ、ウルグアイ、ベネズエラから収蔵された美術品は20世紀初頭の前衛運動から現代美術までと幅広く、500点ほどのコレクションがあります。地下ホールでの映画上映も人気。


Galio

  

主なコレクション

  • トルシーラ・ド・アマラル《アバポル》(1928)   

  • アレハンドロ・スル・パレハ《ロマンス》(1923)   

  • ディエゴ・リベラ《ラモン・ゴメス・デ・ラ・セルナの肖像、またはドン・ラモン・ゴメス・デ・ラ・セルナの肖像》(1915)   

  • ラファエル・バラダス《小屋の樋(樋のキオスク)》(1918)   

美術館発行媒体

紙媒体は美術館のオンラインショップより購入可能。

インフォメーション

地域
南アメリカ、アルゼンチン
所在地
Avenida Figueroa Alcorta 3415, Buenos Aires  
Tel
+54 11-4808-6500
Fax
+54 11-4808-6598
URL
http://www.malba.org.ar/en/

併設施設

  • カフェ・レストラン
  • ショップ
  • ライブラリ

ホール

備考

  

  

展覧会情報

会期 展覧会名・内容
2019.07.05-
2019.10.27

「レアンドロ・エルリッヒ:Liminal」展
https://malba.org.ar/en/evento/leandro-erlich-liminal/

アルゼンチンのアーティスト、レアンドロ・エルリッヒ(1973-)は、過去20年間でどのアーティストよりも多くの彫刻と大規模なインスタレーションを制作しています。作品には、日常の建築的外観が一種の知覚トラップとして機能しています。物質世界の規則と秩序がどうあるべきかを体系的に否定する視覚的パラドックスを感キャ奥は身をもって体感させられます。

2020.07.20

ページトップへ