世界の美術館データベース

  • リストへ戻る
  • 南アメリカ|ブラジル

サンパウロ近代美術館Museu de Arte Moderna de São Paulo

ブラジルの建築家オスカー・ニーマイヤー設計のイビラプエラ公園内の美術館で、ブラジルの作家を中心として、モダンからコンテンポラリーまで5,000作品を収蔵しており、ヨーロッパの巨匠たちの作品や20世紀ブラジルの芸術運動など充実したコレクションとなっています。
1993年には美術館のそばに、ロベルト・ブリュー・マークスのデザインによる彫刻の庭がオープンし、6000平米の敷地内に30の彫刻が設置されました。自然とともにコンテンポラリーな彫刻を楽しむことができます。

  

  

主なコレクション

  • アバッテ・アントネッロ《無題》(1987)   

  • アルフレド・チェスキアッティ《ブロンズ像》(1966)   

  • レノーラ・デ・バロス《Procuro-me》(2002)   

  • モナート・ロサーナ《Nininha 1》(1994)   

  • ベンテス・マウリシオ《Sem título》(1991)   

  • カチポレ・トレス《aço pintado》(1972)   

ミュージアムグッズ情報



  •   


  •   


  •   

美術館発行媒体

  

インフォメーション

地域
南アメリカ、ブラジル
所在地
Parque Ibirapuera, portão 3 - São Paulo  
Tel
+55 11-5085-1300
Fax
+55 11-5549-2342
URL
http://mam.org.br/en/

併設施設

  • カフェ・レストラン
  • ショップ
  • ライブラリ

  

備考

  

  

展覧会情報

会期 展覧会名・内容
2021.05.25-
2021.12.12

「ウォール・プロジェクト:Campo Fraturado, SOS」展
https://mam.org.br/en/exposicao/wall-project-campo-fraturado-sos/

ブラジルのアーティスト、アナ・マリア・タヴァレス(1958-)によるプロジェクトです。タイトルが「破壊されたフィールド、SOS」であるように、このプロジェクトに登場する作品は、ディストピアの中で助けを求めることに関係していますが、そこに見いだせるのは幸福の約束やより良い世界への信念ではなく、崩壊した状態に対処し続けるような救いの不可能性です。

2021.05.25-
2021.12.12

「MAMでのディ・カヴァルカンティ:50年×2」展
https://mam.org.br/en/exposicao/di-cavalcanti-at-mam-50-years-x-2/

50年前、サンパウロ美術館が新しい建物を建設したばかりのとき、エミリアーノ・ディ・カヴァルカンティ(1897-1976)の回顧展が開催されました。ブラジルとヨーロッパのさまざまな都市の施設から絵画、風刺画、素描、版画、出版物、タペストリー、ジュエリーが展示されました。これらは彼の作品を理解する上で非常に重要な展示でした。本展では、この回顧展に関するカタログ、ポスター、招待状、新聞の切り抜きなどの資料を通じて、アーティストへのオマージュとするとともに、ブラジルの展覧会の歴史に関する研究への貢献を果たします。

2021.09.20

ページトップへ