2018年10月15日号
次回11月1日更新予定

アートフラッシュニュース

artscape GINZA ピエール・ボナールの原風景 AR展

最終更新日:2018年10月09日

8月に東京のGinza Sony Park内にオープンしたartscapeの新しい活動スペース「artscape GINZA」では、10月5日から新企画が始まりました。


AR museum ピエール・ボナールの原風景 AR展

ボナールの絵画に想いを馳せる。
本展示は国立新美術館にて開催中の「ピエール・ボナール展」との連動企画です。
Ginza Sony Park内にある絵画作品にARアプリをかざすとピエール・ボナールが描いた風景が実写で再現されます。

会期:2018年10月5日〜2018年12月17日
場所:Ginza Sony Park B1/B2/B3(東京都中央区銀座5-3-1)

※AR体験には、最新版のアプリをご利用下さい。

詳しくは「artscape GINZA」ホームページを参照ください。 https://artscape.jp/ginza/



最新版にアップデートしたARアプリ「artscape」をボナールの絵画にかざすと……。



ボナールが実際に描いた場所の風景が浮かび上がります。彼はその風景をどのように絵画にしたのでしょうか。



TOKYO FM(80.0MHz)で放送中の「TOKYO SOUNDS GOOD supported by Ginza Sony Park」のパーソナリティ・砂糖シヲリさんが、新しくなったAR museumを体験! その様子は10月5日(金)に放送された番組内のコーナー「Art Good With artscape」でお聞きいただけます(当日の放送は、radikoのタイムフリー機能で、放送後1週間のあいだ聞くことができます)。

オルセー美術館特別企画 ピエール・ボナール展

会場:国立新美術館(東京都港区六本木7-22-2)
会期:2018年9月26日(水)〜12月17日(月)



アートフラッシュニュース

文字の大きさ