世界の美術館データベース

  • リストへ戻る
  • ヨーロッパ|スイス

パウル・クレー・センターZentrum Paul Klee

ベルンで育った画家パウル・クレーの全作品のほぼ40%にあたる4000点もの作品を収蔵する、2005年開館の緑多きベルン郊外に位置する大規模な個人美術館。パウル・クレー財団のコレクションを中心とした膨大なクレーの作品を多角的な切り口の企画展として展示しています。データベースやアーカイブなどの研究施設や音楽ホール、ワークショップなども有し、さまざまなセミナーやイベントが行なわれる文化センターとしての側面ももっています。丘陵地帯から迫り上るような波打つ建築形態は、イタリア人建築家レンゾ・ピアノの設計によるものです。


  


  

主なコレクション

  • パウル・クレー《ドゥルカムラ島》(1938)   

  • パウル・クレー《計画》(1938)   

  • パウル・クレー《教われた場所》(1922)   

  • パウル・クレー《肥沃な土地のモニュメント》(1929)   

  • パウル・クレー《帆船》(1927)   

ミュージアムグッズ情報



  • カタログ『パウル・クレー:生活と仕事』


  • ミュージアムグッズは美術館のオンラインショップにて購入可能。


  •   

美術館発行媒体

ニュースレター(美術館公式サイトで申し込み可能。登録はこちらから)
紙媒体は美術館のオンラインショップにて購入可能。

インフォメーション

地域
ヨーロッパ、スイス
所在地
Monument im Fruchtland 3 3006 Bern   
Tel
+41 31-359-0101
Fax
+41 31-359-0102
URL
http://www.zpk.org/

併設施設

  • カフェ・レストラン
  • ショップ
  • ライブラリ

オーディトリアム

備考

  

小室舞。建築設計事務所Herzog & de Meuron(バーゼル)勤務。

展覧会情報

会期 展覧会名・内容
2018.10.19-
2019.03.17

「パウル・クレー:動物性」展
https://www.zpk.org/en/exhibitions/current/paul-klee-animality-1611.html

本展は人間と動物の関係に焦点を当て、パウル・クレーによる動物や人間の役割や性質を踏まえた上での相互の関係性に対する批判的な姿勢を反映した作品を展示しています。クレーにとって自然の研究は芸術創造の中心原則の1つでした。、彼は海草、カタツムリの貝殻、海の殻を集め、スタジオに展示し、しばしば人間の動物と人間の動物を発見し、伝統的に認識されていた相互の役割を逆転させました。彼の作品の中では、人間は動物となり、動物は人間となっているのです。

2018.11.20

ページトップへ