世界の美術館データベース

  • リストへ戻る
  • ヨーロッパ|スイス

パウル・クレー・センターZentrum Paul Klee

ベルンで育った画家パウル・クレーの全作品のほぼ40%にあたる4000点もの作品を収蔵する、2005年開館の緑多きベルン郊外に位置する大規模な個人美術館。パウル・クレー財団のコレクションを中心とした膨大なクレーの作品を多角的な切り口の企画展として展示しています。データベースやアーカイブなどの研究施設や音楽ホール、ワークショップなども有し、さまざまなセミナーやイベントが行なわれる文化センターとしての側面ももっています。丘陵地帯から迫り上るような波打つ建築形態は、イタリア人建築家レンゾ・ピアノの設計によるものです。


  


  

主なコレクション

  • パウル・クレー《ドゥルカムラ島》(1938)   

  • パウル・クレー《計画》(1938)   

  • パウル・クレー《教われた場所》(1922)   

  • パウル・クレー《肥沃な土地のモニュメント》(1929)   

  • パウル・クレー《帆船》(1927)   

ミュージアムグッズ情報



  • カタログ『パウル・クレー:生活と仕事』


  • ミュージアムグッズは美術館のオンラインショップにて購入可能。


  •   

美術館発行媒体

ニュースレター(美術館公式サイトで申し込み可能。登録はこちらから)
紙媒体は美術館のオンラインショップにて購入可能。

インフォメーション

地域
ヨーロッパ、スイス
所在地
Monument im Fruchtland 3 3006 Bern   
Tel
+41 31-359-0101
Fax
+41 31-359-0102
URL
http://www.zpk.org/

併設施設

  • カフェ・レストラン
  • ショップ
  • ライブラリ

オーディトリアム

備考

  

小室舞。建築設計事務所Herzog & de Meuron(バーゼル)勤務。

展覧会情報

会期 展覧会名・内容
2018.06.01-
2018.10.28

「コスモス・クレー」展
https://www.zpk.org/en/musik-literatur-theaterbegleitprogramme/kalender/939-kosmos-klee-7.html

クレーのもっとも有名な絵画を集めた本展では、クレーの作品の多種多様性を検証します。クレーは生涯で約10,000点の作品を制作しました。当館はそのうちの約4,000点を収蔵していますが、これらの作品のほとんどは非常に壊れやすいため、移動できないものも多くあります。本展では、絵画作品とともにこれまで公開されてこなかったクレーの写真や、画期的な道具とそれらを使用するためのテクニックなどの資料を、iPadでご覧いただけます。

2018.06.15-
2018.10.07

「エテル・アドナン」展
https://www.zpk.org/en/exhibitions/current/etel-adnan-1609.html

1925年にフランス占領下のベイルートで生まれた詩人でアーティスト、哲学者のエテル・アドナン(1925-)は、2012年に参加したドクメンタ(13)で突然世界中に知られるようになりました。パウル・クレーが書いた1960年代の日記を通してクレーを知り、作品とテキストに影響を受けました。叙情的でカラフルな絵画、大判のタペストリー、映像の作品でそのことが見て取れます。多文化環境で育った経歴や中東の歴史の影響は、特に文学作品のなかに投影されています。本展では、パウル・クレーとエテル・アドナンの作品の対話をご覧いただけます。

2018.07.20

ページトップへ