世界の美術館データベース

  • リストへ戻る
  • ヨーロッパ|チェコ

プラハ国立美術館Národní galerie v Praze

プラハ国立美術館は本館のあるシュテルンベルク宮殿のほかに、シュヴァルツェンベルク宮殿、キンスキー宮殿、ヴェレトゥルジュニー宮殿など、あわせて6つの建物群から成ります。18世紀末にシュテルンベルク伯によって設立された「愛国美術友の会」が美術館の前身で、1948年になってプラハ城のそばの伯の宮殿に国立美術館として開設されました。シュテルンベルク宮殿ではデューラーやレンブラント、ルーベンスなどバロック期までの西欧美術を所蔵。分館のヴェレトゥルジュニー宮殿では、後期印象派やルソー、ピカソ、クリムト、ミュシャなど、近現代の作品に触れることができます。


(cc) Packa

  

主なコレクション

  • プラハのテオドリック《聖ヒエロニムス》(1370年頃、聖アネシュカ修道院)   

  • カレル・スクレタ《ディドとエネアス》(1670、シュヴァルツェンベルク宮殿)   

  • レンブラント・ファン・レイン《読書する学者》(1634、シュテルンベルク宮殿)   

  • アルブレヒト・デューラー《ロザリオの祝祭(バラ冠の聖母)》(1506、シュテルンベルク宮殿)   

  • アンリ・ルソー《私自身、肖像=風景》(1890、ヴェレトゥルジュニー宮殿)   

  • グスタフ・クリムト《ヴァージン》(1906、ヴェレトゥルジュニー宮殿)   

  • アルフォンス・ミュシャ《スラーヴィア》(1908、ヴェレトゥルジュニー宮殿)   

美術館発行媒体

美術館サイトにて出版物のラインナップを確認できます。お問い合わせ先はこちらを参照。

インフォメーション

地域
ヨーロッパ、チェコ
所在地
Hradčanské náměstí 15, Prague 1(シュテルンベルク宮殿)  
Tel
+420 224-810-758
Fax
  
URL
http://www.ngprague.cz/

併設施設

  • カフェ・レストラン
  • ショップ
  • ライブラリ

  

備考

  

  

展覧会情報

会期 展覧会名・内容
2018.05.26-
2018.11.25

「カテリーナ・シェダー:ユネスコ」展
https://www.ngprague.cz/en/exposition-detail/katerina-seda-unes-co/

2018年にヴェネツィアで開催された「第16回国際建築ビエンナーレ」では、建築家・アーティストのカテリーナ・シェダー(1977-)がチェコスロヴァキアの展示パビリオンを制作します。彼女のプロジェクトは、今日多く議論されているテーマである「観光の成長とそれがもたらす問題、都市生活への影響」に取り組んでいます。その中で最も深刻なのは、住民が郊外に移動するにつれて、都市中心部が徐々に減少していくことです。本展覧会ではこのような問題提起を行う作品を展示しています。

2018.05.19-
2018.10.14

「アントニーゴームリー:SUM」展
https://www.ngprague.cz/en/exposition-detail/antony-gormley-sum/

ドイツ出身のアーティスト、リヒャルト・ヴァインツェク(1970-)によるドローイング作品は、中世絵画における世俗的な宗教画です。食べ物、おもちゃ、アクセサリー、紙幣、書籍、ぬいぐるみなどの日常生活で使用される事物をモチーフとして描かれています。インドのインクとクレヨンを使って独自の手法の点描画を展示しています。

2018.09.10

ページトップへ