世界の美術館データベース

  • リストへ戻る
  • ヨーロッパ|チェコ

プラハ国立美術館Národní galerie v Praze

プラハ国立美術館は本館のあるシュテルンベルク宮殿のほかに、シュヴァルツェンベルク宮殿、キンスキー宮殿、ヴェレトゥルジュニー宮殿など、あわせて6つの建物群から成ります。18世紀末にシュテルンベルク伯によって設立された「愛国美術友の会」が美術館の前身で、1948年になってプラハ城のそばの伯の宮殿に国立美術館として開設されました。シュテルンベルク宮殿ではデューラーやレンブラント、ルーベンスなどバロック期までの西欧美術を所蔵。分館のヴェレトゥルジュニー宮殿では、後期印象派やルソー、ピカソ、クリムト、ミュシャなど、近現代の作品に触れることができます。


(cc) Packa

  

主なコレクション

  • プラハのテオドリック《聖ヒエロニムス》(1370年頃、聖アネシュカ修道院)   

  • カレル・スクレタ《ディドとエネアス》(1670、シュヴァルツェンベルク宮殿)   

  • レンブラント・ファン・レイン《読書する学者》(1634、シュテルンベルク宮殿)   

  • アルブレヒト・デューラー《ロザリオの祝祭(バラ冠の聖母)》(1506、シュテルンベルク宮殿)   

  • アンリ・ルソー《私自身、肖像=風景》(1890、ヴェレトゥルジュニー宮殿)   

  • グスタフ・クリムト《ヴァージン》(1906、ヴェレトゥルジュニー宮殿)   

  • アルフォンス・ミュシャ《スラーヴィア》(1908、ヴェレトゥルジュニー宮殿)   

美術館発行媒体

美術館サイトにて出版物のラインナップを確認できます。お問い合わせ先はこちらを参照。

インフォメーション

地域
ヨーロッパ、チェコ
所在地
Hradčanské náměstí 15, Prague 1(シュテルンベルク宮殿)  
Tel
+420 224-810-758
Fax
  
URL
http://www.ngprague.cz/

併設施設

  • カフェ・レストラン
  • ショップ
  • ライブラリ

  

備考

  

  

展覧会情報

会期 展覧会名・内容
2017.12.14-
2018.05.20

「敬服の眼差し:14世紀ー16世紀、中世の絵画と彫刻における装飾の技術」展(アネシュカ・チェスカー)
http://www.ngprague.cz/en/exposition-detail/what-the-eyes-can-see-underdrawing-in-panel-paintings-from-the-collections-of-the-national-gallery-in-prague-14th-16th-centuries/

中世の絵画や彫刻がどのように制作されているか、その技術に注目した展覧会シリーズのひとつです。今回は、装飾に注目し、パンチ、ステンシル、スグラフィートによる装飾や錫レリーフのテクニックを学ぶことができます。細やかになされた装飾の世界を、また違った視点からお楽しみいただけます。

2018.02.16-
2018.06.17

「マリア・ラスニック」展(トレード・フェア・パレス)
http://www.ngprague.cz/en/exposition-detail/maria-lassnig/

オーストリア出身の女性アーティスト、マリア・ラスニック(1919-2014)の、チェコでははじめてとなる大回顧展です。大きなサイズの絵画、ドローイング、水彩シリーズ、彫刻、映像など、70年以上にわたって身体と自分自身を表象することについての探求の軌跡を明らかにする50点が展示されます。

2018.04.20

ページトップへ