世界の美術館データベース

  • リストへ戻る
  • ヨーロッパ|ノルウェー

オスロ国立美術館Nasjonalmuseet for kunst, arkitektur og design

オスロ国立美術館は1836年にノルウェー議会によって初の公立の美術館として設置されました。美術館は主に絵画作品を扱う「ナショナル・ギャラリー」と「現代美術館」、建築作品を扱う「国立美術館建築館」、工芸やデザイン関連を扱う「装飾芸術デザイン美術館」などによって構成されています。美術館の目玉はなんといってもノルウェーの国民的画家エドヴァルド・ムンクのコレクションで、有名な《叫び》をはじめ彼の主要な作品に触れることができます。ムンク以外にも、ダール、クローグ、ソールベリなど、ノルウェー美術に関しては世界的なコレクションを誇ります。ルノワール、モネ、セザンヌ、モディリアーニ、ピカソ、マティスなど西洋近代の巨匠たちの作品も必見です。


(cc) Bjørn Erik Pedersen

  

主なコレクション

  • ルーカス・クラナッハ(父)《黄金時代》(1530)   

  • クリスチャン・クローグ《オーダ・クローグの肖像》(1888)   

  • エドヴァルド・ムンク《叫び》(1893)   

  • エドヴァルド・ムンク《思春期》(1894-1895)   

  • ハラルド・ソールベリ《北の花畑》(1905)   

  • アンリ・マティス《ブロンズ像》(1908)   

  • クリスチャン・ボルタンスキー《影の劇場》(1984)   

  • イリヤ・カバコフ《ゴミ収集人》(1988–1995)   

  • アニッシュ・カプーア《私が妊娠しているとき》(1992–1998)   

ミュージアムグッズ情報



  •   


  •   


  •   

美術館発行媒体

  

インフォメーション

地域
ヨーロッパ、ノルウェー
所在地
Universitetsgata 13, Oslo  
Tel
+47 21-98-2000
Fax
+47 21-98-2093
URL
http://www.nasjonalmuseet.no/en/

併設施設

  • カフェ・レストラン
  • ショップ
  • ライブラリ

過去の新聞記事を保管するニュースペーパー・アーカイヴあり。

備考

  

  

展覧会情報

会期 展覧会名・内容
2018.06.08-
2018.09.02

「イェールハルド・ムンテ:魅惑的なデザイン」展(ナショナル・ギャラリー)
http://www.nasjonalmuseet.no/en/exhibitions_and_events/exhibitions/national_gallery/Gerhard+Munthe.+Enchanted+Design.b7C_wJfW5G.ips

ノルウェーのアーティスト、イェールハルド・ムンテ(1849-1929)は、画家として知られていましたが、もっとも重要な功績はインテリア・デザインの分野でした。アールヌーヴォーの動向にシンクロしながら、アンティーク、ノルウェーの民俗芸術、ジャポニスムが融合したオリジナルのデザインを確立しました。本展では、250点の作品を通して、アーティストとしての取り組みを総合的に紹介します。

2018.05.06-
2018.10.28

「ル・コルビュジエ・バイ・ザ・シー」展(ヴィラ・ステネルセン)
http://www.nasjonalmuseet.no/en/exhibitions_and_events/exhibitions/villa_stenersen/Le+Corbusier+by+the+Sea.b7C_wJHI0l.ips

スイス生まれのフランスの建築家、ル・コルビュジエ(1887-1965)によって1926年〜36年に制作されたスケッチ、ドローイング、絵画を再現した本展では、彼をビジュアル・アーティストとして紹介します。当時フランス南西部のアルカション湾にあるル・ピケを訪れた彼は、浜辺で見つけたものをモチーフにスケッチし、それを抽象絵画作品にしました。「機械」「マシン」といったイメージの強いコルビュジエが、自然からインスピレーションを得た経験をたどることができるでしょう。

2018.07.20

ページトップへ