世界の美術館データベース

  • リストへ戻る
  • ヨーロッパ|ロシア

ロシア美術館State Russian Museum

国立ロシア美術館はサンクトペテルブルクにある国立美術館です。1898年、皇帝ニコライ2世の勅令によってロシア美術専門の美術館として開館しました。所蔵品は約40万点にも及び、10世紀から現在までのロシア美術をカバー。また作品の収集だけではなく、ロシア美術の研究や現代絵画の発掘、他国との文化交流などにも積極的です。美術館は本館に使用されているミハイロフスキー宮殿のほか、ストロガノフ宮殿、大理石宮殿、ミハイロフスキー城などを別館としています。これらの建物はすべて「サンクトペテルブルク歴史地区と関連建造物群」として世界遺産に登録されています。


(cc) A.Savin

  

主なコレクション

  • ノヴゴロド派《聖ゲオルギオス》(15世紀)   

  • 《オディギトリアの聖母》(16世紀初頭)   

  • イヴァン・ニキーチン《ピョートル大帝の死顔》(1725)   

  • オレスト・キプレンスキー《ダヴィードフの肖像》(1809)   

  • カール・ブルーロフ《ポンペイ最後の日》(1830-1833)   

  • イワン・アイヴァソフスキー《第九の波》(1850)   

  • イリヤ・レーピン《ヴォルガの舟曳き》(1870-1873)   

  • カジミール・マレーヴィチ《黒の正方形》(1915)   

ミュージアムグッズ情報



  •   


  •   


  •   

美術館発行媒体

美術館サイトにて出版物のラインナップを確認できます。お問い合わせ先はこちらを参照。

インフォメーション

地域
ヨーロッパ、ロシア
所在地
4 Inzhenernaya Str., St. Petersburg(ミハイロフスキー宮殿)  
Tel
+7 595-42-48
Fax
  
URL
http://www.rusmuseum.ru/

併設施設

  • カフェ・レストラン
  • ショップ
  • ライブラリ

  

備考

  

展覧会情報

会期 展覧会名・内容
2017.04.27-
2017.08.14

「マカリウス大司教時代のノヴゴロドの芸術」展(ベノアウィング)
http://en.rusmuseum.ru/benois-wing/exhibitions/the-art-of-novgorod-the-great-in-the-time-of-prelate-macarius/

ノヴゴロドはロシアで最も古い都市のひとつです。ロシア美術館は当時の芸術作品を数多く所蔵しています。この展覧会では、マカリウス大司教時代に制作された芸術作品、手製の写経本、珍しいイコン、金属だったり、縫われたり、木彫りされた典礼用具など、貴重な品々を多数ご覧いただけます。

  

2017.07.20

ページトップへ