世界の美術館データベース

  • リストへ戻る
  • ヨーロッパ|ロシア

ロシア美術館State Russian Museum

国立ロシア美術館はサンクトペテルブルクにある国立美術館です。1898年、皇帝ニコライ2世の勅令によってロシア美術専門の美術館として開館しました。所蔵品は約40万点にも及び、10世紀から現在までのロシア美術をカバー。また作品の収集だけではなく、ロシア美術の研究や現代絵画の発掘、他国との文化交流などにも積極的です。美術館は本館に使用されているミハイロフスキー宮殿のほか、ストロガノフ宮殿、大理石宮殿、ミハイロフスキー城などを別館としています。これらの建物はすべて「サンクトペテルブルク歴史地区と関連建造物群」として世界遺産に登録されています。


(cc) A.Savin

  

主なコレクション

  • ノヴゴロド派《聖ゲオルギオス》(15世紀)   

  • 《オディギトリアの聖母》(16世紀初頭)   

  • イヴァン・ニキーチン《ピョートル大帝の死顔》(1725)   

  • オレスト・キプレンスキー《ダヴィードフの肖像》(1809)   

  • カール・ブルーロフ《ポンペイ最後の日》(1830-1833)   

  • イワン・アイヴァソフスキー《第九の波》(1850)   

  • イリヤ・レーピン《ヴォルガの舟曳き》(1870-1873)   

  • カジミール・マレーヴィチ《黒の正方形》(1915)   

ミュージアムグッズ情報



  •   


  •   


  •   

美術館発行媒体

美術館サイトにて出版物のラインナップを確認できます。お問い合わせ先はこちらを参照。

インフォメーション

地域
ヨーロッパ、ロシア
所在地
4 Inzhenernaya Str., St. Petersburg(ミハイロフスキー宮殿)  
Tel
+7 595-42-48
Fax
  
URL
http://www.rusmuseum.ru/

併設施設

  • カフェ・レストラン
  • ショップ
  • ライブラリ

  

備考

  

  

展覧会情報

会期 展覧会名・内容
2018.12.12-
2019.03.11

「ダシ・ナムダコフ」展
http://en.rusmuseum.ru/mikhailovsky-castle/exhibitions/dashi-namdakov/

ダシ・ナムダコフ(1967-)は、1967年にロシアのチッタ地方出身の彫刻家です。 彼の作品は、ブリアット族の文化、モンゴルのエポス、仏教の伝説と比喩と密接に結びついています。 さらに、学問への精通、文字の表現力、およびレンダリングの正確さなど、方法を多様に使い分けて彫刻作品を作っています。現代美術の影響を受け、近年の作風には青銅の彫刻に色彩を導入した形の表現力がみられます。

2018.11.22-
2019.01.14

「19世紀と20世紀の彫刻におけるロシアの日常生活」展
http://en.rusmuseum.ru/marble-palace/exhibitions/russian-daily-life-in-the-sculpture-of-the-19th-and-20th-centuries/

日常風景の表現はは、絵画やグラフィックアートの主題の一つとして広く知られています。 しかし、彫刻ではあまり扱われることはありません。 それにもかかわらず、彫刻におけるこのジャンルの歴史は非常に多様です。喜びと苦しみ、風刺や歌詞を伝えることができるため、舞台芸術に似ていると言えるでしょう。本展は19世紀半ばから現在までの「ロシア人の生活の断面」を示すだけでなく、様々なスタイルやアーティストの創造的表現を展開しています。

2018.11.21-
2019.01.14

「Lazar Khidekel(1904-1986):ロシアン・アヴァンギャルドの歴史」展
http://en.rusmuseum.ru/stroganov-palace/exhibitions/lazar-khidekel-1904-1986-towards-the-history-of-the-russian-avant-garde/

Lazar Khidekel(1904-1986)は、シュプレマティズムの前衛建築家です。本展ではこれまで個人のコレクションであったKhidekelの作品を多く展示しており、アンビルドのプロジェクト(未来の都市、宇宙の都市、田園都市、空中都市、水上都市)やMalookhtinsky展望台のような建設された建築のプロジェクトなど、80以上の作品を見ることができます。

2018.12.20

ページトップへ