世界の美術館データベース

  • リストへ戻る
  • ヨーロッパ|フランス

ポンピドゥ・センター・メスCentre Pompidou-Metz

ポンピドゥ・センター・メスは、2010年ロレーヌ地方のメスにオープンしました。笠のようなユニークなフォルムで、貯めた雨水を庭で再利用するなどのエコロジーな建物は、建築家坂茂とジャン・ド・ガスティーヌの日仏共同設計によるものです。パリのポンピドゥ・センターからのコレクションを軸に年間4から6の展覧会を企画し、オープニング記念展の「傑作?」展(2010)は美術史上の傑作はもちろん、パリでは展示できなかった巨大な作品も多数展示され話題を呼びました。併設の劇場やホールでは、ショーや講演会、映画上映、コンサートなどが行なわれ、現代美術の拠点として、地方都市へ文化や経済を分散させるプロジェクトの成功例として評価されています。


  


ともに Centre Pompidou-Metz © Shigeru Ban Architects Europe et Jean de Gastines Architectes, avec Philip Gumuchdjian pour la conception du projet lauréat du concours / Metz Métropole / Centre Pompidou-Metz

主なコレクション

  • 定期的にパリのポンピドゥ・センターより貸与   

ミュージアムグッズ情報



  •   


  •   


  •   

美術館発行媒体

ありません

インフォメーション

地域
ヨーロッパ、フランス
所在地
1, parvis des Droits de l’Homme
57000 Metz  
Tel
+33(0)3-8715-3939
Fax
  
URL
http://www.centrepompidou-metz.fr/en/welcome

併設施設

  • カフェ・レストラン
  • ショップ
  • ライブラリ

La Voile Blanche(レストラン)、333(カフェ、バー)、Librairie-boutique(ライブラリー、ショップ)

備考

  

栗栖智美。在フランス。通訳、コーディネーター。

展覧会情報

会期 展覧会名・内容
2018.10.13-
2019.04.19

「夜を描く/夜に描く」展
https://www.centrepompidou-metz.fr/peindre-la-nuit

現代社会においても「夜」にまつわる議論は、自然環境、政治、科学などのさまざまな分野で活発に行われています。芸術の分野でも「夜」は、特に19世紀後半以降、電力供給あるいは照明器具の普及によって、多くの芸術家たちにひらめきを与えました。本展は、近現代の絵画における「夜」の描写に「光」を当て、具象と抽象の間で揺れ動く暗闇の時間を体感できる内容です。会場に足を踏み入れた時から、訪れる人々は一歩ずつ夜の闇の中に入っていくことになります。

2018.10.22

ページトップへ