世界の美術館データベース

  • リストへ戻る
  • ヨーロッパ|イギリス

ナショナル・ポートレート・ギャラリーNational Portrait Gallery

ナショナル・ポートレート・ギャラリーは、肖像画を介してイギリスの歴史と文化を築いた人々をより理解し、肖像画を保存する目的のため1856年に設立されました。現在では世界最大の肖像画コレクション数を誇り、絵画だけでなく、写真、彫刻といったさまざまなジャンルにおける偉人・著名人の肖像作品約1400点を常時展示しています。美術館は「テューダー朝とエリザベス朝(16世紀)」「スチュアート朝と市民戦争(17世紀)」「摂政時代(18世紀)」「ヴィクトリア朝とエドワード朝(19世紀)」「20世紀」「現代」の6つの時代別セクションから構成されています。


(cc) Ham

  

主なコレクション

  • 伝ジョン・テイラー作《ウィリアム・シェイクスピアの肖像》(1610頃)   

  • ダニエル・マイテンス《国王チャールズ1世の肖像》(1631)   

  • アラン・ラムゼイ《国王ジョージ3世の肖像》(1761−62)   

  • カサンドラ・オースティン《ジェイン・オースティンの肖像》(1810)   

  • ジョージ・ヘイター《ヴィクトリア女王の肖像》(レプリカ)(1863、オリジナルは1838)   

  • ハワード・コスター《A.A.ミルンとクリストファー・ロビン・ミルン》(1926)   

  • ウォルター・リチャード・シッカート《ウィンストン・チャーチルの肖像》(1927)   

  • サム・ウォルシュ《ポール・マッカートニーの肖像(マイクの兄)》(1964)   

  • ジョン・スワネル《ダイアナ王妃と子息たち》(1994)   

  • ジュリアン・オピー《自画像》(2005)   

インフォメーション

地域
ヨーロッパ、イギリス
所在地
National Portrait Gallery, St Martin’s Place, London   
Tel
+44 (0)20-7306-0055
Fax
  
URL
http://www.npg.org.uk/

併設施設

  • カフェ・レストラン
  • ショップ
  • ライブラリ

  

備考

  

  

展覧会情報

会期 展覧会名・内容
2019.02.21-
2019.05.19

「エリザベス朝の宝物:ヒリアードとオリバーのミニチュア」展
https://www.npg.org.uk/whatson/elizabethan-treasures/exhibition/

エリザベス朝時代とヤコビ朝時代の肖像画のミニチュアは、イギリス諸島で制作される最大の芸術作品です。 ニコラス・ヒリアードとアイザック・オリバーは、ミニチュア肖像画家として同時代にミケランジェロとラファエルと比較され、国際的な名声と賞賛を得ました。本展では16世紀後半から17世紀初頭におけるアイデンティティ、社会と視覚文化について明らかにすることを目的としています。

2019.02.20

ページトップへ