2022年12月01日号
次回12月15日更新予定

バックナンバー

2010年05月01日号のバックナンバー

イメージ

フォーカス

バーゼルの伝統──エルンスト・バイエラー(1921-2010)、ヒルディ・バイエラー(1922-2008)に捧ぐ

photo

[2010年05月01日号(木村浩之)]

 エルンスト・バイエラーが死んだ。
 彼の芸術観を、他のスイスの個人コレクションとの比較などを通じながら考察する。

キュレーターズノート

工芸2.0?──ソーシャルメディア時代の工芸

photo

[2010年05月01日号(鷲田めるろ)]

 昨年12月にゲントから金沢に戻って以降、5月8日に始まる第1回金沢・世界工芸トリエンナーレの準備にあたっている。トリエンナーレのディレクターは、金沢21世紀美術館館長の秋元雄史で、キュレーターは秋元を含む5人。金沢21世紀美術館の主催ではなく、金沢市と金沢市工芸協会による開催委員会が主催している。私は、その事務局で、キュレーションまわりのコーディネーターをしている。チームをつくって街中に仮のオフィスを借り、輸送、展示の手配やカタログの作成、広報を行なっている。

北海道立体表現展

photo

[2010年05月01日号(鎌田享)]

 5月中旬から6月上旬にかけて、本郷新記念札幌彫刻美術館、北海道立近代美術館、札幌芸術の森美術館と、札幌市内の三つの美術館を舞台に、北海道内のアーティストが自ら企画・実施するグループ展「北海道立体表現展」が開催される。やや先取りになるが、今回はこの展覧会について触れたい。

artscapeレビュー

▲ページの先頭へ

文字の大きさ