2021年07月15日号
次回8月2日更新予定

アートフラッシュニュース

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、多くの美術館/博物館等で、臨時休館やイベントの休止、展覧会の中止や開催期間の変更、および入館方法等が変更になっています。

状況が日々変動しているため、各施設の公式ホームページなどで最新の情報をご確認ください。

シアターコモンズ '21

最終更新日:2021年01月25日

演劇の力で都市にあらたな「コモンズ(共有地)」を生み出すプロジェクト、シアターコモンズ。2017年から、東京都港区を中心に毎年開催しています。5回目となる今年のテーマは「Bodies in Incubation──孵化/潜伏するからだ」。世界的なパンデミックにより、集会や移動が制限され、人々の身体には大きな変化が起きています。隔離や自粛によって内側に籠る時間は、まるで卵に籠もってエネルギーを蓄える孵化の時間のようでもあり、同時に、見えないウイルスの発症可能性を待ち続ける時間でもあります。

英語のIncubationという言葉は、「孵化」と「潜伏」を同時に意味しており、まさに「待機の時間」を生きる私たちの状態を言い当てています。

会期は、2021年2月~3月。東日本大震災からちょうど10年、パンデミック発生からちょうど1年という時期にあたります。二つの災厄を経験し、いわばその「間」に生きる私たちは、体内に潜伏する様々なウイルスと共存しながら、新たな生命を抱卵し孵化する「待機のからだ」にあるとも言えるでしょう。

ウェブサイトより)

アーティスト

ツァイ・ミンリャン[台湾]、中村佑子、小泉明郎、スザンネ・ケネディ&マルクス・ゼルク/ロドリック・ビアステーカー[ドイツ]、高山明/PortB、バディ・ダルル[フランス]、百瀬文、佐藤朋子ほか

関連記事

小泉明郎×南澤孝太対談──テクノロジーが更新する、人と社会の輪郭線:フォーカス(2020年04月15日号)

プロジェクト概要

会場
東京都港区エリアを中心に開催
会期
2021年2月11日(木)~3月11日(木)
入場料
<コモンズパス>
一般:7,800円/港区民割:7,300円/学生・アーティスト割:5,800円
<リモートパス>
共通:3,000円
問い合わせ先
シアターコモンズ実行委員会
E-mail:artscommons.tokyo.inquiry@gmail.com
主催
シアターコモンズ実行委員会(台北駐日経済文化代表処台湾文化センター、ゲーテ・インスティトゥート東京、在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本、在日オランダ王国大使館、特定非営利活動法人芸術公社)
ウェブサイト
https://theatercommons.tokyo/


アートフラッシュニュース

文字の大きさ