2021年10月15日号
次回11月1日更新予定

アートフラッシュニュース

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、多くの美術館/博物館等で、臨時休館やイベントの休止、展覧会の中止や開催期間の変更、および入館方法等が変更になっています。

状況が日々変動しているため、各施設の公式ホームページなどで最新の情報をご確認ください。

私が"いる"ってなに? デジタル空間での存在感と、その未来

最終更新日:2021年06月21日

人と直接会って話すことや触れ合うことが大きく制限されるようになり、オンライン会議やオンライン授業のほか、VR(仮想現実)の空間を活用した音楽フェスティバルや学会に参加するようになった方は多いでしょう。さらにはロボットを遠隔操作して会議に出席するような事例も増えてきています。デジタル空間を自分自身で、または自分とは姿形の異なるアバターやロボットとして活用する技術は、ここ1年で多くの人にとって随分と身近なものになってきました。ですが、デジタル空間とリアルな空間は「同じではない」と、多くの人が感じていることでしょう。

本イベントでは、その重要な違いのひとつと考えられる「存在感」に注目します。 デジタル空間に私やあなたが確かに“いる”と感じられる。でもリアルな空間に“いる”のとはなにかが違う──デジタル空間での存在感の感じ方とその未来について、認知心理学と先進的な演劇表現の両面から考えます。お招きするのは、VRの技術を使って人間の心理を実験的に探求している北崎充晃氏と、演劇などの身体表現とVRの技術を融合したアート作品を手がけるアートプロデューサーの相馬千秋氏です。デジタル空間において私たちは、どのように世界を捉え、自分自身の存在感を感じているのでしょうか? また、そこで出会う相手の存在感をどう受け止めているのでしょうか? さらに、デジタル空間をつくり出す技術が進展していった未来には、私たちはそれをどう受け入れ、活用するようになるのでしょうか?

ゲストスピーカーのお二人と未来館の展示フロア内のコ・スタジオをオンラインでつなぎ、会場のコ・スタジオにはファシリテーターを務める科学コミュニケーター・田中沙紀子が立ち、イベントを進行する予定です。また、その様子を生配信し、オンラインの参加者の皆さんからの質問やコメントも受け付けます。本イベントで、みなさんはゲストスピーカーや科学コミュニケーターの存在感をどのように感じるでしょうか? ぜひ、その点も含めてお楽しみください。

ウェブサイトより)

相馬氏が手掛けたVR作品『解放されたプロメテウス』の体験者の様子(画像提供:シアターコモンズ'21、撮影:佐藤俊)


関連記事

小泉明郎『解放されたプロメテウス』|山﨑健太:artscapeレビュー(2021年03月01日号)
小泉明郎×南澤孝太対談── テクノロジーが更新する、人と社会の輪郭線:artscapeフォーカス(2020年04月15日号)

開催概要

開催日時:2021年7月4日(日) 14:00-15:30
開催場所:日本科学未来館 5階 コ・スタジオ
 *イベントの様子は、YouTube Live(MiraikanChannel)にて生配信します。
 *詳細はウェブサイトをご確認ください。
ゲストスピーカー:北崎充晃(豊橋技術科学大学大学院工学研究科 情報・知能工学系 教授)、相馬千秋(アートプロデューサー/NPO法人芸術公社代表理事)
対象:どなたでも
 *お席によっては、YouTube Liveの配信に映り込む可能性があります。
 *イベントの様子を撮影した写真を広報などの目的で使用する場合があります。予め、ご了承ください。
参加人数:30人
 *着席20人(当日13:00よりコ・スタジオにて、整理券を配布します)、立ち見10人(整理券不要、ソーシャルディスタンスを確保するために指定の場所でご覧ください)
参加費:入館料のみ
ご来館にあたって:日本科学未来館では、ご来館いただく皆さまにも新型コロナウイルス感染症の拡大防止の取り組みにご協力をいただきながら、安全に楽しめる空間の実現を進めています。ご予約前に「ご来館にあたってのお願い」を必ずご確認ください。

問い合わせ先
日本科学未来館
tel. 03-3570-9151(代表)
主催
日本科学未来館
ウェブサイト
https://www.miraikan.jst.go.jp/events/202107041987.html


アートフラッシュニュース

文字の大きさ