世界の美術館データベース

  • リストへ戻る
  • 北アメリカ|アメリカ

スミソニアン・アメリカ美術館Smithsonian American Art Museum

英国人科学者ジェイムス・スミッソン(1765-1829)の莫大な遺産を基金として1846年に設立されました。「知識の向上と普及を」をモットーに科学、産業、技術、芸術、自然史の博物館と教育研究機関では世界最大規模の複合施設となりました。国立肖像美術館、フリーア美術館、アーサー・M・サックラー・ギャラリー、アメリカ歴史美術館、アフリカ美術館、航空宇宙博物館、ハーシュホン・彫刻庭園美術館、動物園、自然史博物館を含む19の美術館と9つの研究施設がスミソニアン・インスティテューションにより運営されています。ニューヨークのクーパー・ヒューイット国立デザイン美術館も含みます。


(cc) Isomorphic

  

主なコレクション

  • ハンス・ナムス《ロイ・リキテンスタイン(ポートレート写真)》(1985、肖像画美術館)   

  • ジョージア・オキーフ《マンハッタン》(1932、アメリカン・アート美術館)   

  • ベレニス・アボット《ブルックリン橋》(1936、アメリカン・アート美術館)   

  • 川瀬巴水《清州橋》(1931、フリーア美術館)   

  • ムハンマド・ハラヴィ《若き王子》(16世紀半ば、サファビ時代イラン、フリーア美術館)   

  • 不明《ルバ人》(19世紀から20世紀、コンゴ共和国、アフリカ美術館)   

  • ミルトン・エイヴェリー《サリーとサラ》(1947、ハーシュホン美術館)   

  • アレクサンダー・カルダー《2つの円盤》(1965、ハーシュホン美術館)   

美術館発行媒体

紙媒体は美術館のオンラインブックショップにて購入可能。

ニュースレターは美術館サイトにて申し込み可能。登録はこちらから。

オンラインマガジン『スミソニアンマガジン』はこちらを参照。

オンラインマガジン『スミソニアン・フォークウェイズ』はこちらを参照。

インフォメーション

地域
北アメリカ、アメリカ
所在地
8th and F NW, Washington, DC  
Tel
+1 (202)-633-7970
Fax
  
URL
http://www.si.edu/

併設施設

  • カフェ・レストラン
  • ショップ
  • ライブラリ

スミソニアン・インスティテュート図書館をはじめ9つの研究施設。

備考

  

梁瀬薫。ニューヨーク在住美術ジャーナリスト/評論家、国際美術評論家連盟評議員/中村キース・ヘリング美術館顧問。

展覧会情報

会期 展覧会名・内容
2019.04.05

「より多くの医者がキャメルを吸う」展
https://americanhistory.si.edu/exhibitions/more-doctors-smoke-camels

今ではタバコがガンを引き起こすことはよく知られています。しかし、1920年代から1960年代まで、喫煙の健康上のリスクに対する消費者の不安を軽減するために、タバコ会社は広告に医師、歯科医、看護師などの医療専門家の表現による影響を利用しました。本展では、これらの時代の広告を調べ、広告主がどのようにタバコを宣伝したのか検証します。

2019.08.20

ページトップへ