世界の美術館データベース

北アメリカ

アメリカ
スミソニアン・アメリカ美術館
Smithsonian American Art Museum(ワシントン)
美術館情報を見る
ワシントン・ナショナル・ギャラリー
National Gallery of Art(ワシントン)
美術館情報を見る
メトロポリタン美術館
The Metropolitan Museum of Art(ニューヨーク)
美術館情報を見る
2021.03.22-
2021.08.01

「アリス・ニール:人が第一へ」展

本展は、アメリカ人アーティスト、アリス・ニール(1900-1984)の20年ぶりとなるニューヨークの美術館での回顧展です。この意欲的な展覧会では、ニールを今世紀で最も過激な画家の一人と位置づけ…

2021.04.16-
2021.10.31

「アレックス・ダ・コルテ:太陽が続く限り」展

アレックス・ダ・コルテ(1980-)は、映像、パフォーマンス、絵画、インスタレーション、彫刻など、さまざまなメディアの作品を制作しています。本展では、B.ジェラルド・カンター・ルーフガーデンに…

2021.03.01-
2021.11.10

「The Facade Commission:キャロル・ボヴェ:The séances aren’t helping」展

当館のファサードで紹介される展覧会です。今回は、アーティストのキャロル・ボヴェ(1971-)による彫刻作品をご覧いただけます。ボヴェは準備図などは作らず即興で、サンドブラストされた曲がったステ…

2019.12.16-
2021.06.27

「海の芸術:カリブ海の芸術交易」展

本展では、16世紀以前のカリブ海周辺で行われていたアンティル諸島のタイノ族の文明と大陸本土の仲間とのあいだの芸術的な交流を探究します。展示される作品は主に当館のコレクションからで、この地域の先…

2021.04.05-
2021.07.25

「カール・ボドマー:北アメリカのポートレイト」展

スイス生まれのカール・ボドマー(1809-1893)は、北米内とその先住民の風景を記録した最初でもっとも優れたヨーロッパのアーティストのひとりでした。精緻な描写と繊細で洗練された筆致で注目に値…

ニューヨーク近代美術館
The Museum of Modern Art(ニューヨーク)
美術館情報を見る
  -
2021.06.20

「アマンダ・ウィリアムズ:身体化された感覚」展

造形作家のアマンダ・ウィリアムズ(1974-)は、パンデミックにおける公共空間と仮想空間の変化について、参加型アートワーク「身体化された感覚」で考察します。COVID-19が私たちの動き方やお…

  -
2021.06.05

「0度:ミッドセンチュリーの描画」展

「0は何もないという意味です」と日本のアーティスト、村上三郎は1953年に書いています。本展では、第二次世界大戦後の1948年から1961年にかけて、アーティストたちが描画で新しい視覚言語を作…

  -
2021.06.20

「私生活 公共空間」展

1923年に発売された小型の録画用映画フィルムにより、手頃な価格で家庭での映画製作ができるようになりました。その後の数十年間で、世界中で撮影された何千ものアマチュア映画のリールは、20世紀に制…

  -
2021.08.07

「アレクサンダー・カルダー」展

アレクサンダー・カルダーは、彫刻を空間と運動の実験として捉え直し、彫刻は静的で、地に足がついていて、緻密であるべきだという何世紀も前からの概念を覆し、しばしば自由に動き、周囲の環境と相互作用す…

  -
2021.08.15

「プロジェクツ:ガブリエル・リロンデル・ヒル」展

タバコは、植民地化される前の南北アメリカでもっとも広く交換されていた植物のひとつでした。それは北アメリカの植民地で最初の通貨となり、イギリス人の入植者が賃金、税金、罰金をやり取りするために使用…

グッゲンハイム美術館
Solomon R. Guggenheim Museum(ニューヨーク)
美術館情報を見る
2021.04.02-
2021.09.27

「オフ・ザ・レコード」展

歴史的、文書的、国家的な記録は、客観性と包括性を持ち、「真実」の伝達者として一般に受け入れられています。こうした記録は、関連する事項も詳細に含まれており、排除された場所から物語を紡いでいるとも…

2020.10.03-
2021.09.19

「イーゼルを離れて:ジャクソン・ポロックの壁画」展

1943年にジャクソン・ポロックが製作したもっとも大きな絵画である壁画は、現在アイオワ大学のスタンレー美術館のコレクションとなっており、ニューヨークでは20年以上展示されていません。本展ではゲ…

2021.04.30-
2021.06.20

「子供たちとの年、2021」展

本展は、グッゲンハイムの先駆的な芸術教育プログラムである「Learning Through Art(LTA)」に参加したニューヨーク市の公立学校の2年生から6年生までの生徒の作品を厳選して展示…

2021.05.07-
2021.10.11

「ヒューゴ・ボス賞2020 ディアナ・ローソン」展

ディアナ・ローソン(1979年ニューヨーク州ロチェスター生まれ)は、黒人ディアスポラのアイデンティティを、被写体の自己主張や神性を強く感じさせるイメージで表現しています。ローソンは、日常生活の…

2020.10.03-
2021.09.19

「結びばれ、引き裂かれ、散らばった:抽象表現主義後の彫刻」展

1960年代から70年代にかけて制作された彫刻作品によってアメリカの戦後芸術の遺産を再定義します。本展で展示されるリンダ・ベングリス、マレン・ハッシンガー、ロバート・モリス、センガ・ネングディ…

オルブライト=ノックス美術館
Albright-Knox Art Gallery(バッファロー)
美術館情報を見る
ブルックリン美術館
Brooklyn Museum(ニューヨーク)
美術館情報を見る
2020.10.23-
2021.08.08

「ジョン・エドモンズ:A Sidelong Glance」展

ブルックリンのアーティスト、ジョン・エドモンズ(1989-)は、写真と映像を使用して、繊細な肖像画と静物画を制作しながら、ブラッククィアの経験に基づきながら美術史の先例を再考することで知られて…

2021.03.05-
2021.07.18

「ロレイン・オグラディ:Both/And」展

ロレイン・オグラディ(1934-)は、パフォーマンス、コンセプチュアル、フェミニストといったアートの領域で活躍するもっとも重要な現代アーティストのひとりです。本展では、40年のキャリアのなかで…

2020.02.14-
2021.06.20

「危機下の気候:アメリカ先住民族の環境変化」展

気候変動は南北アメリカの先住民コミュニティに深刻な影響を与えていますが、この問題は、ヨーロッパの植民地主義の遺産に根差した長い歴史を持っています。北アメリカ、中央アメリカ、南アメリカの2800…

  

「デザイン:1880年から現在まで」展

改装を終えた新しいギャラリーには、19世紀後半から現在までのデザイナーやメーカーによって制作された家具、陶器、ガラス、金属細工など、30,000を超える作品が展示されます。本展では、これらの作…

ボストン美術館
Museum of Fine Arts, Boston(ボストン)
美術館情報を見る
2021.04.17-
2021.10.17

「モネとボストン:輝く遺産」展

クロード・モネ(1840-1926)は、ありふれたものと荘厳なもののそれぞれの設定に並外れた美しさを見出し、芸術の流れを変えた絵画における熱意、今、ここ、日常へのコミットメントを共有しました。…

2020.01.20-
2021.06.20

「Black Histories, Black Futures」展

10代のキュレーターによってキュレーションされた本展は、20世紀の黒人アーティストたちの作品に焦点を当てます。黒人の歴史、経験、自己表現の探求を通じて当館の150周年記念を祝います。

2020.10.18-
2021.07.25

「未来を書く:バスキアとヒップホップ世代」展

1980年代にグラフィティが現れ、ニューヨーク市はストリートアートが壁や地下鉄の列車が帆布としてアートの世界へ移行したことを示しました。ジャン=ミシェル・バスキア(1960-1988)は、現代…

2020.02.08-
2021.05.30

「エルザ・ドーフマン:私とカメラ」展

エルザ・ドーフマンは、大判カメラを用いたポートレイト写真で知られるケンブリッジの写真家です。愛されています。彼女の作品の多くは他人のポートレイトですが、彼女自身のセルフポートレイトも存在します…

2020.02.08-
2021.05.30

「パーソナルスペース:紙上の自画像」展

本展では、ケーテ・コルヴィッツやジム・ダインなどによる伝統的な自画像と、アーティスト自身のX線写真を用いたロバート・ラウシェンバーグの《Booster》(1967)などの実験的な作品が並んで展…

シカゴ美術館
The Art Institute of Chicago(シカゴ)
美術館情報を見る
2020.09.05-
2021.06.14

「モネとシカゴ」展

モネの絵画が同時代の画家の作品とともに1888年にシカゴのギャラリーに初めて展示された時、マスコミによって選ばれました。そして1890年にアメリカンサロンとして知られる博覧会で再びシカゴに展示…

2020.03.14-
2021.06.28

「親密なモダニティ」展

1890年代に、印象派が成熟した後、さまざまに異なる芸術スタイルを開拓した新しい世代のアーティストたちが登場しました。彼らの多くは、インテリアシーンに焦点を当て、家の空間に親戚、友人、従業員を…

2020.05.14-
2021.06.28

「トゥールーズ=ロートレックとパリのセレブ文化」展

モンマルトルに住んでいた画家・版画家のアンリ・ドゥ・トゥールーズ=ロートレックの作品を中心に、ポスター、絵画、絵画のオブジェを展示します。躍動感あふれるその独特のスタイルと型にはまらない素材や…

  

「マーク・ロスコ/フェリックス・ゴンザレス=トレス」展

アメリカの画家、マーク・ロスコ(1903-1970)は抽象表現主義の一種であるカラー・フィールド・ペインティングに属する作品を制作しました。本展では1949年から1954年までに制作された5点…

2020.10.17-
2021.08.31

「ジョー・ラクトリフ:DRIVES」展

1980年代半ば、南アフリカの写真家ジョー・ラクトリフ(1961-)は、警察国家に変わった国に立ち向かいました。アパルトヘイトとして知られる合法化された人種差別のもとで、彼女は暴力行為のみを捉…

フィラデルフィア美術館
Philadelphia Museum of Art(フィラデルフィア)
美術館情報を見る
  -
2021.11.30

「1960年代と1970年代に拡張した絵画」展

1960年代と1970年代は、社会的にも政治的にも不安によって特徴づけられる時代でしたが、自由と表現の追求が見てとれる絵画の根本的な革新の時代でもありました。これらの作品は、芸術的、イデオロギ…

  -
2021.07.25

「センガ・ネングディ:トポロジーズ」展

彫刻とパフォーマンスの領域を行き来するセンガ・ネングディ(1943-)の挑発的な作品は、黒人女性の身体とコミュニティや儀式の集合的な実践の両方を探求することによって、抽象芸術の可能性を再考しま…

  

「ホレイス・ピピン:戦争から平和へ」展

アメリカのアーティスト、ホレイス・ピピン(1888-1946)は、第一次世界大戦中に負傷し、自分の身体と精神を回復させるために絵画に目を向けました。そしてその過程で、彼はもっとも独創的なアーテ…

  -
2021.10.09

「断層線:南アジアのアーティストによる現代の抽象化」展

線は、本展に参加している6名の女性アーティストにとって、無限に順応性のある形であり、私たちの世界を構成する境界線とパーツの詩的な比喩でもあります。抽象絵画、彫刻、テキスタイル、紙の上に作品を発…

  -
2021.07.10

「マリサ・メルツ」展

2019年に亡くなった先駆的なイタリア人アーティスト、マリサ・メルツ(1926-2019)を追悼する本展に出品された作品は、女性の頭部、流れる噴水、聴く者の心にだけ音の聞こえる楽器など、反復さ…

ヒューストン美術館
The Museum of Fine Arts, Houston(ヒューストン)
美術館情報を見る
2020.12.05-
2021.05.31

「Fire/Works:世紀を超えるエナメル」展

エナメルは、色をつけるために金属酸化物と混ぜ合わせ、高温で焼成することによって金属またはガラスのベースに塗布されるガラスのことです。エナメルは何世紀にもわたってその種類を増やし、進化してきまし…

2021.03.10-
2021.07.31

「パーペチュアル・ブルーム:18世紀のインテリアにみる植物」展

18世紀の科学的発見と地理的調査に基づいた自然に関する新しいアイデアは、視覚芸術における自然界の素晴らしい表現をもたらしました。また、科学的発見と新しい印刷文化は、植物学の研究と自然の綿密な観…

  -
2021.06.20

「ホックニー - ゴッホ:自然の喜び」展

本展では、イギリス人アーティストのホックニー(1937-)とオランダ人アーティストのゴッホ(1853-1890)の共通点を探ります。ホックニーとゴッホは、自然への深い愛情を、鮮やかな色彩と、新…

デトロイト美術館
Detroit Institute of Arts(デトロイト)
美術館情報を見る
2020.11.15-
2021.06.27

「デトロイト・スタイル:モーターシティのカーデザイン、1950-2020」展

デトロイトのデザイナーは常に車のデザインをリードしてきました。紙、粘土、金属などを使って練られるアイデアは、アメリカの自動車文化を動かしています。本展では、1950年から現在までのデトロイトの…

2020.11.15-
2021.06.27

「ラス・マーシャル:デトロイト写真、1958-2008」展

50年以上にわたってデトロイトやその周辺でブルーカラーの生活を中心に、街路、建築、音楽、工場の写真を撮り続けたラス・マーシャルによるモノクロ写真を90点以上展示します。また、1987年から19…

サンフランシスコ近代美術館
San Francisco Museum of Modern Art(サンフランシスコ)
美術館情報を見る
2021.03.06-
2021.09.05

「Close to Home:危機における創造性」展

COVID-19のパンデミックは私たちの日常を大きく変化させています。本展では、ベイエリアのアーティスト7名が、パンデミックと社会に対する個人的でディープな反応を作品にして展示します。彼らのプ…

2019.02.16-
2021.06.06

「エレメンタル・カルダー」展

アメリカのアーティスト、アレクサンダー・カルダー(1898-1976)は、自然界の目に見えない力を利用して彫刻に革命をもたらしました。本展では、海の動きや吹き抜ける風などの要素がカルダーのモビ…

2020.10.17-
2021.05.23

「未来の歴史:シースター・ゲーツとコーリーン・スミス」展

アメリカのアーティスト、シースター・ゲーツ(1973-)とマルチメディア・アーティストのコーリーン・スミス(1967-)による映像インスタレーションは、ライフスタイル雑誌のアーカイブ写真を出発…

2021.03.06-
2021.09.06

「チャールズ・ゲインズ:新作」展

アメリカのコンセプチュアル・アーティスト、チャールズ・ゲインズ(1944-)による新作2点を展示します。これらの新作は、1857年のドレッド・スコット事件の調査から生まれました。この裁判では、…

クリーヴランド美術館
Cleveland Museum of Art(クリーブランド)
美術館情報を見る
2021.04.11-
2021.08.22

「Variations: オラツィオとアルテミジア・ジェンティレスキの絵画におけるモデルの再利用」展

CMAが所蔵するイタリア・バロック様式の絵画、オラツィオ・ジェンティレスキ(1563-1639)の《ダナエ》は、近年の保存処理によって、これまでにないほど鮮やかで洗練された絵画に生まれ変わりま…

2021.02.27-
2021.05.30

「ローラ・オーウェンズ Rerun」展

ローラ・オーウェンズ(1970-)は、ペインティングというメディアに対する幅広い実験的なアプローチで知られています。彼女の作品には、前衛的なものから大衆的なもの、装飾的なものまで、さまざまなも…

2021.04.30-
2021.10.24

「マテリアリティの解釈:ゴールド」展

金は、その優れた可鍛性と耐久性により、紀元前5千年頃から富裕層や王族のための工芸品に広く用いられてきました。韓国美術においても、三国時代(紀元前57年~紀元後668年)には、この貴重な鉱物が高…

ロサンゼルス現代美術館
Museum of Contemporary Art, Los Angeles(ロサンゼルス)
美術館情報を見る
J・ポール・ゲティ美術館
J. Paul Getty Museum(ロサンゼルス)
美術館情報を見る
2021.04.21-
2021.08.16

「メソポタミア:文明の始まり」展(ゲッティ・ヴィラ)

現在はイラクの「川のあいだ」の土地であるメソポタミアには、古代シュメール人、バビロニア人、アッシリア人が住んでいました。彼らは、もっとも初期の文字である楔形文字をつくり、最初の都市を築き、高度…

2019.10.02-
2022.09.05

「アッシリア:古代イラクの宮殿芸術」展(ゲッティ・ヴィラ)

紀元前9世紀から7世紀のアッシリアの王たちは、洗練された質の高い技術で戦争、儀式、対話、狩猟などを鮮やかに描写したレリーフ彫刻で宮殿を飾りました。メソポタミア芸術の最高点といえるこれらの古代の…

ホイットニー美術館
Whitney Museum of American Art(ニューヨーク)
美術館情報を見る
2021.03.25-
2021.08.08

「ジュリー・メレツ」展

ジュリー・メレツ(1970-)は、20年以上にわたって絵画を深く探求してきました。バビロニアの石碑から建築のスケッチ、ヨーロッパの歴史画からアフリカの開放運動の場所やシンボルまで、芸術と人間の…

2021.03.25-
2021.08.08

「マデリーン・ホランダー:Flatwing」展

アーティスト、ダンサー、コレオグラファーのマデリーン・ホランダー(1986-)の作品は、私たちの社会、都市、技術、自然環境で観察される日常の動きのパターンに触発され、サイトスペシフィックなイン…

2020.11.20-
2022.02.28

「知ること:芸術におけるクラフト、1950-2019」展

アーティストが工芸の素材や方法を使用する理由は、ファインアートの一般的な基準を覆すことを目指しているからです。これらのアーティストは、周縁化された芸術生産のモードを強調することによって芸術的価…

2021.04.17-
2021.10.03

「ダウード・ベイ:アメリカン・プロジェクト」展

写真家のダウード・ベイ(1953-)は、1970年代なかば以降、写真の可能性とあるべき姿を拡大するために活動してきました。知られざるコミュニティや歴史を記録する彼の作品は、カメラでアメリカを表…

2021.05.01-
2021.10.04

「デイブ・マッケンジー:自分に語る物語」展

デイブ・マッケンジー(1977-)は、作品を見る者に、一見馴染みのある感情、設定、行動を再考するように促します。本展では、マッケンジーのカメラでのパフォーマンスとライブアートのドキュメンテーシ…

ニュー・ミュージアム・オブ・コンテンポラリー・アート
New Museum of Contemporary Ar(ニューヨーク)
美術館情報を見る
2021.02.17-
2021.06.06

「悲しみと苦悩:アメリカの芸術と喪」展

本展は、ナイジェリアのキュレーター、オクウィ・エンヴェゾー(1963-2019)が当館のために考案した展覧会です。アメリカの黒人コミュニティが経験した人種差別による暴力の国家緊急事態への直接的…

ページトップへ

カナダ
カナダ国立美術館
National Gallery of Canada(オタワ)
美術館情報を見る
アートギャラリー・オブ・オンタリオ
Art Gallery of Ontario(トロント)
美術館情報を見る
モントリオール現代美術館
Musée d'art contemporain de Montreal(モントリオール)
美術館情報を見る
2021.02.10-
2021.06.27

「期待される地平:最新の収蔵品」展

本展では、最近当館に収蔵された作品で、はじめて展示される21名によるアーティストたちの実践に焦点を当てます。彼らは、私たちの時代特有の、政治的、社会的、美的、物質的、概念的、精神的、生態学的、…

バンクーバー美術館
Vancouver Art Gallery(バンクーバー)
美術館情報を見る
2021.02.20-
2021.09.06

「孫遜:神話の時間」展

孫遜は、ペインティング、ドローイング、アニメーション、ビデオ、インスタレーションなど、さまざまな媒体で活動する中国のアーティストです。想像力に富んだビデオ・インスタレーション「Mytholog…

2021.02.20-
2021.09.06

「写真と約束」展

本展では、マスメディア、ファッション、広告などで使われる構造、慣習、形式的な品質を用いたレンズベースの作品に焦点を当てています。これらの作品は、私たちを取り巻く世界の集合的な理解を遊び心で表現…

2021.02.20-
2021.09.06

「私たちを活気づける物語」展

本展は、「孫遜:神話の時間」展と連携した形式的・テーマ的に展開される、ダイナミックで魅力的な展覧会です。本展では、紙の作品とアニメーションを中心に、さまざまな口承歴史、物語、知識体系、宇宙論な…

2020.12.12-
2021.06.13

「私達はどこへ行くのか?」展

本展は私たちの過去、現在、未来についての物語を生み出す上で、アートと展覧会制作の両方が果たす役割について批判的に考えることを提案した展覧会です。これは、歴史(個人、地域、国)と進歩(芸術的、文…

モントリオール美術館
The Montreal Museum of Fine Arts(モントリオール)
美術館情報を見る
  -
2021.09.12

「リオペル:北の風景と先住民文化の呼び声」展

カナダのアーティスト、ジャン=ポール・リオペル(1923-2002)は、カナダの北部と先住民の文化に関心を寄せて世界的に活躍しました。本展では、およそ175点の作品と200点以上のアーカイブ資…

  -
2022.02.27

「エコロジーズ:私たちの惑星の歌」展

エコロジーという言葉は、多様な生息地に共存するさまざまな種類の種が反映する生態系というビジョンをイメージさせますが、生命システムに影響を与えているかつてない環境危機との負の関連によって汚染され…

  -
2021.08.01

「ヤン・ポクロー:非永続的なものたち」展

ヤン・ポクロー(1980-)はケベックで生まれ、現在はモントリオールを拠点に活動しているアーティストです。彼は光と、光がイメージの物語要素に与える影響に興味を持っており、写真、彫刻、インスタレ…

  -
2021.07.04

「グラフィック!:過去5世紀のドイツとオーストリアのグラフィック」展

メディアの歴史の初期にあたる15世紀半ばから現代にいたるまでの、ドイツとオーストリアの版画と、そこに表現された様式的、文化的な発展の広がりに焦点を当てた初めての展覧会です。550年以上にわたる…

  -
2021.08.01

「キャロライン・モネ:Ninga Mìnèh(約束)」展

キャロライン・モネ(1985-)は、アルゴンキン族とフランスをルーツに持つアーティストです。特に彼女の母方の先住民のルーツにおけるアイデンティティの問題を探求しています。本展では、カナダの先住…

ページトップへ