世界の美術館データベース

北アメリカ

アメリカ
スミソニアン・アメリカ美術館
Smithsonian American Art Museum(ワシントン)
美術館情報を見る
2021.10.08-
2022.05.08

「サージェント、ホイッスラーとヴェネツィアン・グラス:アメリカのアーティストとムラーノの魔法」展

ムラーノのガラス職人の発明により、ヴェネツィアは、芸術的な実験の中心地として知られるようになりました。サージェントやホイッスラーといったアーティストたちにとっても、ターニングポイントとなる影響…

2021.07.01-
2022.02.13

「ゲットー・ガストロのジョン・グレイが選ぶ」展(クーパー・ヒューイット・スミソニアン・国立デザイン博物館)

ニューヨークを拠点に活動するクリエイティブ集団、ゲットー・ガストロの共同創設者であるジョン・グレイが、デザイナー、アーティスト、建築家、著名人を招待して美術館のコレクションを調査、解釈する第1…

2021.06.25-
2022.02.06

「ジェレミア・ガーニーによるダゲレオタイプ」展(国立ポートレイト・ギャラリー)

宝石商だったジェレミア・ガーニー(1812-1895)は、1840年にニューヨークで最初のダゲレオタイプのスタジオを設立しました。そして1851年にアメリカで初めての写真家の全国組織であるダゲ…

ワシントン・ナショナル・ギャラリー
National Gallery of Art(ワシントン)
美術館情報を見る
2021.11.28-
2022.05.30

「ジェームズ・バン・デル・ジーの写真:ハーレムのポートレイト」展

アメリカの写真家、ジェームズ・バン・デル・ジー(1886-1983)は、1920年代から1930年代以降、ニューヨーク市の黒人地区、いわゆるハーレムの住民たちのポートレイトを撮影しました。本展…

2021.10.31-
2022.01.30

「カメラの後ろの新しい女性」展

モダンで、独立していて、スタイリッシュで、創造的で、自信を持っているような新しい女性像は、世界中の女性にとって革命的なモデルでした。本展では、1920年代から1950年代にかけて、写真を表現方…

メトロポリタン美術館
The Metropolitan Museum of Art(ニューヨーク)
美術館情報を見る
2021.10.11-
2022.01.30

「国境を越えるシュールレアリスム」展

シュールレアリスムは、1924年頃にパリで生まれた革新的なアイデアで、身近な日常に対する無意識と夢を主張しました。詩的でユーモラスな作品を生み出す可能性のほか、政治的、社会的、個人的な自由のた…

2021.09.18-
2022.09.05

「IN AMERICA:ファッションの語彙」展

アナ・ウィンター・コスチュームセンターがアメリカのファッションについて2部構成で調査を始める本展では、その表現力に基づいて、アメリカのファッションの現代的な語彙を確立することを目指します。パー…

ニューヨーク近代美術館
The Museum of Modern Art(ニューヨーク)
美術館情報を見る
  -
2022.01.30

「アダム・ペンドルトン:女王は誰?」展

アメリカのアーティスト、アダム・ペンドルトンは、当館のマロン・ファミリー・アトリウムの床から天井まで到達するインスタレーション作品を制作しました。この作品は、テキスト、イメージ、音声を組み合わ…

  -
2022.07.04

「再利用する、新しくする、リサイクルする:中国の最新の建築」展

過去30年間で、中国は建築ラッシュを経験し、人類史上最大の建設現場となりました。これまで、欧米企業によって設計された壮大な建築物が建設されてきましたが、新世代の中国の建築家は、SDGsを意識し…

グッゲンハイム美術館
Solomon R. Guggenheim Museum(ニューヨーク)
美術館情報を見る
2021.10.08-
2022.09.05

「ワシリー・カンディンスキー:円をめぐって」展

ワシリー・カンディンスキーは、革新的なアーティストであるとともに絵画の理論家としても認識されています。本展では、当館の螺旋状の傾斜路に沿って上に向かいながら、時系列とは逆の順序で、絵画、水彩画…

オルブライト=ノックス美術館
Albright-Knox Art Gallery(バッファロー)
美術館情報を見る
ブルックリン美術館
Brooklyn Museum(ニューヨーク)
美術館情報を見る
2021.09.10-
2022.02.20

「クリスチャン・ディオール:夢のデザイナー」展

フランスのファッション・デザイナー、クリスチャン・ディオールが創設したファッション・ブランド、クリスチャン・ディオールのメゾンの画期的な歴史と遺産をたどる展覧会です。200点を超えるオートクチ…

2021.10.01-
2022.07.10

「バゼーラ・カーン:私はアーカイブ」展

ニューヨークを拠点に活動するアーティスト、バゼーラ・カーンは、自らの身体をアーカイブとして利用します。さまざまなマルチメディアのコラージュ技術を使い、現在と歴史の両方で、イスラム教徒とアメリカ…

2020.02.14-
2022.07.03

「危機下の気候:アメリカ先住民族の環境変化」展

気候変動は南北アメリカの先住民コミュニティに深刻な影響を与えていますが、この問題は、ヨーロッパの植民地主義の遺産に根差した長い歴史を持っています。北アメリカ、中央アメリカ、南アメリカの2800…

  

「デザイン:1880年から現在まで」展

改装を終えた新しいギャラリーには、19世紀後半から現在までのデザイナーやメーカーによって制作された家具、陶器、ガラス、金属細工など、30,000を超える作品が展示されます。本展では、これらの作…

ボストン美術館
Museum of Fine Arts, Boston(ボストン)
美術館情報を見る
2021.05.29-
2022.05.29

「バナー・プロジェクト:ローレン・ホールジー」展

ローレン・ホールジーの「バナー・プロジェクト」は、ポスター、広告、タグなど、近所の視覚的な言葉に触発された看板、シンボル、アフロフューチャリストのビジョンをリミックスするため、時間と文化を横断…

2021.07.17-
2022.01.23

「紙の物語、重ねられた夢:エクア・ホームズの芸術」展

ボストンを拠点に活動しているエクア・ホームズ(1955-)は、アーティストであり、コミュニティの活動家です。彼女の作品は、子供時代、家族の絆、記憶、回復といったテーマを探求しています。本展では…

2021.07.03-
2022.02.06

「新しい光:出会いとつながり」展

本展では、当館の新旧のコレクションが初めて対話をするユニークな展覧会です。文化や地域の異なる作品や数千年前の作品から現代の作品まで、当館のコレクションの中から選ばれた60点を超える作品を紹介し…

シカゴ美術館
The Art Institute of Chicago(シカゴ)
美術館情報を見る
2021.09.19-
2022.01.24

「バーバラ・クルーガー」展

アメリカのコンセプチュアル・アーティスト、バーバラ・クルーガーは、40年以上にわたって、イメージが私たちの文化を循環する仕方を一貫して批判的に観察してきました。本展では、初期から過去20年間の…

2021.09.30-
2022.09.30

「ナンシー・ルビンス:私たちの友だちの液体金属」展

アメリカのアーティスト、ナンシー・ルビンスは、モバイルトレーラー、カヌー、飛行機の部品、遊具など、日常の事物を集めて、記念碑のような彫刻作品へと変貌させます。これらの事物は、細い鋼とケーブルで…

  

「マーク・ロスコ/フェリックス・ゴンザレス=トレス」展

アメリカの画家、マーク・ロスコ(1903-1970)は抽象表現主義の一種であるカラー・フィールド・ペインティングに属する作品を制作しました。本展では1949年から1954年までに制作された5点…

フィラデルフィア美術館
Philadelphia Museum of Art(フィラデルフィア)
美術館情報を見る
  -
2022.02.13

「ジャスパー・ジョーンズ:マインド/ミラー」展

ジャスパー・ジョーンズのように現代の芸術シーンを形作ったアーティストはほとんどいません。91歳となった現在でも、素晴らしい作品を生み出し続けています。本展では、著名な絵画、彫刻、ドローイング、…

  -
2022.04.10

「断層線:南アジアのアーティストによる現代の抽象化」展

線は、本展に参加している6名の女性アーティストにとって、無限に順応性のある形であり、私たちの世界を構成する境界線とパーツの詩的な比喩でもあります。抽象絵画、彫刻、テキスタイル、紙の上に作品を発…

  -
2022.06.20

「マリサ・メルツ」展

2019年に亡くなった先駆的なイタリア人アーティスト、マリサ・メルツ(1926-2019)を追悼する本展に出品された作品は、女性の頭部、流れる噴水、聴く者の心にだけ音の聞こえる楽器など、反復さ…

ヒューストン美術館
The Museum of Fine Arts, Houston(ヒューストン)
美術館情報を見る
2021.10.31-
2022.01.30

「カルダー・ピカソ」展

アメリカのアーティスト、アレクサンダー・カルダー(1898-1976)とスペインのアーティスト、パブロ・ピカソ(1881-1973)は、質量と空間に関係した作品を制作し、その本質に到達するため…

デトロイト美術館
Detroit Institute of Arts(デトロイト)
美術館情報を見る
2020.11.15-
2022.06.05

「デトロイト・スタイル:モーターシティのカーデザイン、1950-2020」展

デトロイトのデザイナーは常に車のデザインをリードしてきました。紙、粘土、金属などを使って練られるアイデアは、アメリカの自動車文化を動かしています。本展では、1950年から現在までのデトロイトの…

サンフランシスコ近代美術館
San Francisco Museum of Modern Art(サンフランシスコ)
美術館情報を見る
2021.05.29-
2022.01.23

「一度に一日:スーザン・オマリーとリア・ローゼンバーグ」展

ベイエリアの友人であり、時には協力者であるスーザン・オマリー(1976-2015)とリア・ローゼンバーグ(1979-)による作品は、人々の生活により良い影響を与える芸術の力への信念が特徴的です…

2021.10.02-
2022.03.06

「ラファエル・ロザーノ・ヘメル:不安定な存在」展

メディア・アーティストのラファエル・ロザーノ・ヘメルは、空気と水、音楽と声、テキストと光といった素材を使って、過去数十年にわたって、テクノロジーと公共空間の建築を取り入れた大規模な参加型インス…

クリーヴランド美術館
Cleveland Museum of Art(クリーブランド)
美術館情報を見る
2021.09.19-
2022.01.23

「夢を集める:オディロン・ルドン」展

オディロン・ルドンは、ファンタジー、文学、潜在意識を掘り起こしたような想像力豊かな絵画、ドローイング、版画などの作品で「不思議な夢の王子様」として知られていました。当館は、この画期的な19世紀…

ロサンゼルス現代美術館
Museum of Contemporary Art, Los Angeles(ロサンゼルス)
美術館情報を見る
2021.07.01-
2022.02.21

「ジェニファー・パッカー:閉じられたすべての目は眠っていない」展

ニューヨークを拠点に活動しているアーティスト、ジェニファー・パッカー(1984-)は、叙情的なスタイルと層状に強くレンダリングされたドローイングとキャンバスで、親密さ、具体化、喪失などを表面的…

2021.09.12-
2022.06.06

「ピピロッティ・リスト:Big Heartedness, Be My Neighbor」展

国際的に有名なスイスのメディア・アーティスト、ピピロッティ・リストのインスタレーション作品は、映像と身体の関係を探求しています。本展では、チューリッヒを拠点に活動しているリストが30年以上にわ…

J・ポール・ゲティ美術館
J. Paul Getty Museum(ロサンゼルス)
美術館情報を見る
2021.08.31-
2022.02.20

「時間を超越する:中世の時祷書」展

「時祷書」は中世にもっとも広く制作され、使用された写本のひとつです。これらの装飾された祈祷書は、個人のために構造化された1日、1年、生涯といった時間だけではなく、個々人によるキリスト教への献身…

  -
2022.09.05

「アッシリア:古代イラクの宮殿芸術」展(ゲッティ・ヴィラ)

紀元前9世紀から7世紀のアッシリアの王たちは、洗練された質の高い技術で戦争、儀式、対話、狩猟などを鮮やかに描写したレリーフ彫刻で宮殿を飾りました。メソポタミア芸術の最高点といえるこれらの古代の…

2021.05.25-
2022.07.31

「シルク&スワン・フェザー:豪華な18世紀のアームチェア」展

フランスで18世紀に指物師や家具職人など複数の職人によって制作されたアームチェアは、洗練されたスタイルと快適さをバランス良く体現しています。エリートの常連客のためにパリで作られた豪華な外観は、…

ホイットニー美術館
Whitney Museum of American Art(ニューヨーク)
美術館情報を見る
2021.09.29-
2022.02.13

「ジャスパー・ジョーンズ:マインド/ミラー」展

ジャスパー・ジョーンズ(1930ー)による画期的な作品が1950年代に最初に発表されたとき、アート界に衝撃が走りました。彼は65年以上にわたるキャリを通じて、91歳となる現在も挑戦を続けていま…

2020.11.20-
2022.02.28

「知ること:芸術におけるクラフト、1950-2019」展

アーティストが工芸の素材や方法を使用する理由は、ファインアートの一般的な基準を覆すことを目指しているからです。これらのアーティストは、周縁化された芸術生産のモードを強調することによって芸術的価…

2021.10.09-
2022.03.31

「形のラビリンス:女性と抽象化、1930-1950」展

1930 年代から1940年代にかけて、アメリカの抽象主義者のかなりの数が女性でした。彼女たちは自由に実験し、当時のアメリカのムードを表現するために幅広いスタイルを使用しました。また、作業空間…

ニュー・ミュージアム・オブ・コンテンポラリー・アート
New Museum of Contemporary Ar(ニューヨーク)
美術館情報を見る
2021.10.28-
2022.01.23

「21トリエンナーレ:柔らかい水 硬い石」展

5回目のトリエンナーレは、これまで安定していた構造が崩壊したり、その危機に瀕している大変な変化を迎えている近年の状況を鑑み、確立されたパラダイムを超えて、伝統的なモデル、素材、技術を再構想する…

ページトップへ

カナダ
カナダ国立美術館
National Gallery of Canada(オタワ)
美術館情報を見る
  -
2022.02.20

「2021ソベイ・アートアワード」展

2021年のソベイ・アートアワードを受賞したのは、カナダの草原と北部出身のラーククルク・ウィリアムソン・バトリー(1979-)でした。最終候補アーティストに選ばれたケベックのローナ・バウアー、…

  -
2022.05.29

「ドキュメント・ファイルの100年」展

1920年に当館最初のディレクター、エリック・ブラウンによって始められたドキュメント・ファイル・コレクションは、8万を超えるファイルで構成されています。新聞の切り抜きから展覧会のチラシ、ポスタ…

  -
2022.05.31

「ジュヌヴィエーヴ・カデュー:バルセロナ」展

ケベックのアーティスト、ジュヌヴィエーヴ・カデュー(1955-)による作品、「バルセロナ」は、2人の恋人のあいだで起こる不安な相互作用を記録しています。分離した距離の状態、つながりと抱擁の瞬間…

アートギャラリー・オブ・オンタリオ
Art Gallery of Ontario(トロント)
美術館情報を見る
2021.08.13-
2022.04.18

「マシュー・ウォン:青い風景」展

2019年に35歳の若さで亡くなったカナダのアーティスト、マシュー・ウォン(1983-2019)の短命でありながら、輝かしいキャリアに捧げられた初めての展覧会です。本展では、2017年から20…

モントリオール現代美術館
Musée d'art contemporain de Montreal(モントリオール)
美術館情報を見る
2021.12.01-
2022.04.18

「恐怖の伝染」展

ロンドンを拠点に活動する研究集団、フォレンジック・アーキテクチャは、芸術、建築、社会運動、ジャーナリズムの境界を超えて、世界的な人権侵害、環境破壊、国家、警察、企業の暴力に関する視聴覚分析と文…

バンクーバー美術館
Vancouver Art Gallery(バンクーバー)
美術館情報を見る
2021.10.09-
2022.05.01

「ヨーコ・オノ:GROWING FREEDOM」展

ヨーコ・オノ(1933-)は60年以上のキャリアのある先駆的なアーティストです。彼女の作品は、観客や仲間のアーティストと新しい種類の関係を築きながら、創造的なプロセスに積極的に参加するように呼…

2021.11.20-
2022.05.23

「オフサイト:キース・ランゲルグラバー」展

バンクーバーとケロウナを拠点に活動しているアーティストのキース・ランゲルグラバーは、アーティストの傍ら、エミリーカー芸術大学+デザイン学校で教鞭をとっています。研究に基づく実践は、ユートピアと…

2021.07.10-
2022.03.13

「ジャン・ウェイド:ソウル・パワー」展

ジャン・ウェイドは、30年以上にわたり、アフリカ系カナダ人としての経験とさまざまな文化遺産を使って、ミクストメディアの絵画、テキスタイル、彫刻などを制作してきました。本展では、この展覧会のため…

2021.07.10-
2022.03.13

「エディス・ヒースとエミリー・カー:地球から」展

陶芸家のエディス・ヒース(1911-2005)とアーティストのエミリー・カー(1871-1945)は、一度も会ったことはありませんが、どちらも西海岸に住むモダニストであり、時間と場所を語るアー…

モントリオール美術館
The Montreal Museum of Fine Arts(モントリオール)
美術館情報を見る
  -
2022.02.27

「エコロジーズ:私たちの惑星の歌」展

エコロジーという言葉は、多様な生息地に共存するさまざまな種類の種が反映する生態系というビジョンをイメージさせますが、生命システムに影響を与えているかつてない環境危機との負の関連によって汚染され…

  -
2022.02.13

「”How long does it take for one voice to reach another?”」展

アメリカの詩人キャロライン・フォーシェの詩から引用された一節をタイトルに冠した本展は、この1年間に私たちにとって重要な主題、愛と喪失、分離と和解、聞くこと、聞きたいという願望にまつわる作品を、…

ページトップへ