世界の美術館データベース

  • リストへ戻る
  • 北アメリカ|アメリカ

ニューヨーク近代美術館The Museum of Modern Art

MoMAの名称で親しまれているニューヨーク近代美術館は1929年に、L・P・ブリス、C・J・サリヴァン、J・D・ロックフェラー2世夫人という3人の女性によって設立されました。第一回目の展覧会は「セザンヌ、ゴーギャン、スーラ、ゴッホ」展。以来、20世紀以降の現代美術の発展と普及に果たした役割は大きなものがあります。建築、インダストリアルデザイン、ポスター、写真、映画など、新時代のアート作品を展開。また教育部門の役割も見逃せません。2004年には谷口吉生の設計により大々的なリニューアル・オープンを遂げました。またアラナ・ハイスが設立した米国最大規模の現代美術の美術館PS1と2000年に提携。MoMA PS1としてグローバルに現代アートを展開。建築作品の紹介にも力を注いでいます。


Photo © 2011 Timothy Hursley


Photo © 2011 Timothy Hursley

主なコレクション

  • ジャクソン・ポロック《ワン、No.31》(1950)   

  • フランシス・ベーコン《No.VII、ポートレイトのための8つの習作から》(1953)   

  • ジャスパー・ジョーンズ《フラッグ》(1954-1955)   

  • アンディ・ウォーホル《キャンベルスープ缶》(1962)   

  • ロバート・モリス《無題(もつれ)》(1967)   

  • シンディ・シャーマン《アンタイトルド・フィルム・ スティル#3》(1977)   

  • ジェームズ・タレル《アルタ・フロム・ファースト・ライト》(1989-1990)   

  • 小津安二郎『東京物語』(1953)   

  • 深澤直人《インフォバー・セルラーフォン》(2003)   

美術館発行媒体

紙媒体は美術館のオンラインブックショップにて購入可能。

美術館サイトにてニュースレターの申し込み可能。登録はこちらから。

インフォメーション

地域
北アメリカ、アメリカ
所在地
11 West 53 Street, New York, NY  
Tel
+1 212-708-9400
Fax
  
URL
http://www.moma.org/

併設施設

  • カフェ・レストラン
  • ショップ
  • ライブラリ

  

備考

  

梁瀬薫。ニューヨーク在住美術ジャーナリスト/評論家、国際美術評論家連盟評議員/中村キース・ヘリング美術館顧問。

展覧会情報

会期 展覧会名・内容
2020.02.09-
2020.05.02

「ドロシア・ラング:言葉と写真」展
https://www.moma.org/calendar/exhibitions/5079

ドロシア・ラングは、「すべての写真は、いわゆる"ドキュメンタリー"と呼ばれるものだけでなく...言葉によって強化できる」と考えました。50年ぶりのMoMAでの展示となる本展では、初期の街頭写真から刑事司法改革のプロジェクトまで、ラングの主要な作品が並びます。言葉と作品の複雑な関係は、「芸術は世の中の認識を身近な物語につなげる」というラングの関心を表現しています。

2020.02.20

ページトップへ