世界の美術館データベース

  • リストへ戻る
  • 北アメリカ|アメリカ

シカゴ美術館The Art Institute of Chicago

ミシガン湖から1ブロック、シカゴ市のダウンタウンに位置する通称シカゴ美術館は1879年に開館し、年間150万人が訪れます。30万点以上の収蔵作品は8つの建物に展示、保存されています。本館は1893年のシカゴ万国博覧会の際に建てられ、その後数度にわたり増築が行なわれました。膨大な収蔵作品を誇る日本ギャラリーは安藤忠雄の設計により1992年に完成。また、2009年にはレンゾ・ピアノが新館を建設。年間を通して特別展、レクチャー、パフォーマンス、ギャラリー・トークが常に開催されています。建築都市シカゴを代表する格式高い美術館建物も特徴があります。シカゴ美術館付属大学も名門校として君臨しており、リサーチライブラリーと修復部は全米一のクオリティを誇ります。


©The Art Institute of Chicago


©The Art Institute of Chicago

主なコレクション

  • ジョルジュ・スーラ《グランド・ジャット島の日曜日》(1884-1886)   

  • アンリ・ド・トゥルーズ=ロートレック《ムーランルージュにて》(1892-1895)   

  • ジョルジュ・ルオー《小人》(1936)   

  • ギュスターヴ・カイユボット《雨のパリの通り》(1877)   

  • ジョアン・ミッチェル《街の風景》(1955)   

  • グラント・ウッド《アメリカン・ゴシック》(1930)   

  • ルネ・マグリット《言葉でもある楽曲》(1964)   

  • ゲルハルト・リヒター《階段を降りる女性》(1965)   

  • フィンセント・ファン・ゴッホ《自画像》(1887)   

ミュージアムグッズ情報

美術館発行媒体

紙媒体は美術館のオンラインブックショップにて購入可能。

ニュースレターは美術館サイトにて申し込み可能。登録はこちらから。

美術館サイトにてブログが閲覧可能。

インフォメーション

地域
北アメリカ、アメリカ
所在地
111 S Michigan Ave Chicago, IL  
Tel
+1 312-443-3600
Fax
  
URL
http://www.artic.edu/
http://www.artic.edu/visit/japanese(日本語)

併設施設

  • カフェ・レストラン
  • ショップ
  • ライブラリ

  

備考

  

梁瀬薫。ニューヨーク在住美術ジャーナリスト/評論家、国際美術評論家連盟評議員/中村キース・ヘリング美術館顧問。

展覧会情報

会期 展覧会名・内容
2021.09.30-
2022.09.30

「ナンシー・ルビンス:私たちの友だちの液体金属」展
https://www.artic.edu/exhibitions/9524/nancy-rubins-our-friend-fluid-metal

アメリカのアーティスト、ナンシー・ルビンスは、モバイルトレーラー、カヌー、飛行機の部品、遊具など、日常の事物を集めて、記念碑のような彫刻作品へと変貌させます。これらの事物は、細い鋼とケーブルで固定されており、まるで宇宙で爆発したときのように、重力に逆らっているようにみえます。

  

「マーク・ロスコ/フェリックス・ゴンザレス=トレス」展
https://www.artic.edu/exhibitions/9676/mark-rothko-felix-gonzalez-torres

アメリカの画家、マーク・ロスコ(1903-1970)は抽象表現主義の一種であるカラー・フィールド・ペインティングに属する作品を制作しました。本展では1949年から1954年までに制作された5点の作品を、キューバのアーティスト、フェリックス・ゴンザレス=トレス(1957-1996)が1989年に制作した作品とともに紹介します。

2022.03.20

ページトップへ