世界の美術館データベース

  • リストへ戻る
  • ヨーロッパ|イギリス

ナショナル・ギャラリー、ロンドンThe National Gallery, London

ナショナル・ギャラリーは13世期から19世紀にかけての約2300点以上の作品を所蔵。ティツィアーノ、モネ、ベラスケス、レンブラント、ゴッホなど、中世末、ルネサンス期のイタリア絵画からフランス印象派まで、西洋絵画の各派を代表する主要な画家の作品を展示しています。ギャラリーは、1838年に建てられたウィルキンスの設計による現在の建物を基礎に、銀行家で美術収集家のジョン・ジュリアス・アンガースタインが生前に収集した絵画コレクションを1924年に英国議会が購入したことに始まり、その後もターナーによる自身の作品約1000点の寄付や、モネの《雪のアルジャントゥイユ》《睡蓮》《ルーアン大聖堂》、ゴーギャンの《窓の前の果物の鉢とタンカード》も美術家からの寄贈によるものと、寄付された絵画がコレクションの大半をなしている点が特徴です。


  

  

主なコレクション

  • サンドロ・ボッティチェッリ《ビーナスの誕生》(1485)   

  • レオナルド・ダ・ヴィンチ《岩窟の聖母》(1491/1492-1499 and 1506-1508)   

  • ジョヴァンニ・ベリーニ《総督レオナルド・ロレダンの肖像》(1501-1502)   

  • ラファエロ・サンティ《カーネーションの聖母》(1506-1507)   

  • ティツィアーノ・ヴェチェッリオ《バッカスとアリアドネ》(1520-1523   

  • ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジオ《エマオの晩餐》(1601)   

  • レンブラント・ファン・レイン《34歳の自画像》(1640)   

  • ヨハネス・フェルメール《鏡のヴィーナス》(1647-1651)   

  • ドミニク・アングル《モワテシエ夫人》(1856)   

  • フィンセント・ファン・ゴッホ《ひまわり》(1888)   

美術館発行媒体

メールマガジン(美術館公式サイトで申し込み可能。登録はこちらから)

ポッドキャスト

インフォメーション

地域
ヨーロッパ、イギリス
所在地
Trafalgar Square, London  
Tel
+44 (0)20-7747-2885
Fax
+44 (0)20-7747-2423
URL
http://www.nationalgallery.org.uk/
http://www.nationalgallery.org.uk/visiting/japanese(日本語)

併設施設

  • カフェ・レストラン
  • ショップ
  • ライブラリ

エスプレッソ・バー

備考

  

袴田早矢香。在ロンドン。建築設計事務所勤務。

展覧会情報

会期 展覧会名・内容
2019.02.28-
2019.05.19

「ボワイー:パリ生活の風景」展
https://www.nationalgallery.org.uk/whats-on/exhibitions/boilly-scenes-of-parisian-life

政治的に混乱しているパリで働いていた画家ルイ=レオポルド・ボワイーは、フランス革命、ナポレオンの盛衰、そしてフランス君主制の復活を目の当たりにしました。当局とのトラブルに巻き込まれた、物議を醸す魅惑的なインテリアシーンから、「初めてのもの」の日常のストリートシーン、そして巧妙なトロープロワイヤルまで、この展覧会は変化する政治環境とアートマーケットに対するボワイーの大胆な反応作品を展示しています。

2019.03.18-
2019.07.07

「ソロージャ:光のスペイン人巨匠」展
https://www.nationalgallery.org.uk/exhibitions/sorolla

スペインの印象派の画家、ホアキン・ソロージャ・イ・バスティーダ(1863-1923)のイギリスではじめての個展です。光の達人として知られていたソロージャの生き生きとした海景、庭園の景色、水浴びのシーンからスペインの日常生活を描いた肖像画など、58点の作品を通してその経歴を回顧します。

2019.04.20

ページトップへ