世界の美術館データベース

ヨーロッパ

イギリス
大英博物館
British Museum(ロンドン)
美術館情報を見る
ナショナル・ギャラリー、ロンドン
The National Gallery, London(ロンドン)
美術館情報を見る
テート・ブリテン
Tate Britain(ロンドン)
美術館情報を見る
テート・モダン
Tate Modern(ロンドン)
美術館情報を見る
ヴィクトリア&アルバート博物館
Victoria and Albert Museum(ロンドン)
美術館情報を見る
ウォレス・コレクション
The Wallace Collection(ロンドン)
美術館情報を見る
ロイヤル・アカデミー・オブ・アーツ
Royal Academy of Arts(ロンドン)
美術館情報を見る
サーチ・ギャラリー
The Saatchi Gallery(ロンドン)
美術館情報を見る
サーペンタイン・ギャラリー
Serpentine Gallery(ロンドン)
美術館情報を見る
現代美術協会
Institute of Contemporary Arts(ロンドン)
美術館情報を見る
スコットランド国立美術館
National Galleries of Scotland(エジンバラ)
美術館情報を見る
コートールド美術館
Courtauld Gallery(ロンドン)
美術館情報を見る
ナショナル・ポートレート・ギャラリー
National Portrait Gallery(ロンドン)
美術館情報を見る
デザイン・ミュージアム
Design Museum(ロンドン)
美術館情報を見る

ページトップへ

フランス
ルーヴル美術館
Musée du Louvre(パリ)
美術館情報を見る
2019.09.25-
2020.06.29

「芸術家の人物像」展

ルネサンス期の芸術家たちは、それまでの「職人」という地位を捨てて、自らを「芸術家」と捉え、独立した存在として位置づけることを始めたとされます。本展は、レオナルド・ダ・ヴィンチやミケランジェロ、…

ヴェルサイユ宮殿美術館
Château de Versailles(パリ)
美術館情報を見る
2019.04.16

「フランス王妃マリー・レクザンスカの美的趣味
」展

ポーランド王を父に持つ、ルイ15世の王妃マリー・レクザンスカのヴェルサイユ宮殿における美的趣味と文化的貢献に焦点を当てます。その生涯の42年間という長い時間をヴェルサイユ宮殿で過ごしたマリー・…

パリ市立近代美術館
Musée d'Art Moderne(パリ)
美術館情報を見る
2020.04.24-
2020.08.16

「サラ・ムーン、過去と現在」展

フランスの写真家サラ・ムーンの足跡をたどる展覧会です。1960年代末にモデルから写真家に転身したサラ・ムーンはモードの世界で活躍しましたが、本展は彼女のファッション・フォトグラファーとしての一…

2020.04.24-
2020.08.16

「ヴィクトール・ブローネル わたしは夢、わたしはインスピレーション」展

ルーマニアで生まれ、パリで活動した画家ヴィクトール・ブローネル。ブカレスト時代の前衛芸術活動、パリでのアンドレ・ブルトンとの出会い、そしてシュールリアリストグループの一員として制作に勤しんだ日…

2020.04.24-
2020.08.23

「ユベール・デュプラ」展

淡水に生息する昆虫「トビケラ」をテーマにした作品が有名な作家ユベール・デュプラ。砂、石、小枝など、環境中にある素材を使って移動式の巣をつくるという特性に着目したデュプラは、金や貴石をちりばめた…

2019.10.11-
2020.09.30

「収蔵品でたどる『近代生活』」展

フランス国内外の美術館あるいはコレクターの協力を得て実現した「素朴派」の作品およそ100点を集めた展覧会。美術批評家でコレクターのヴィルヘルム・ウーデが「正規の美術教育を受けず、独学で絵画を習…

プティ・パレ美術館
Le Petit Palais(パリ)
美術館情報を見る
オルセー美術館
Musée d'Orsay(パリ)
美術館情報を見る
2020.03.24-
2020.07.19

ジェームズ・ティソ、曖昧な現代性

ナント出身で19世紀後半に活動したフランスの画家ジャック=ジョゼフ・ティソに焦点を当てる展覧会です。パリでは1985年のプティ・パレ以来35年振りの回顧展になります。イギリスとフランスで華やか…

2020.03.10-
2020.06.28

「怪物の国、レオポルド・ショヴォ―」展

医師でありながら、芸術活動も並行して行ったレオポルド・ショヴォ―の作品と生涯を本格的に紹介する展覧会です。美術史においてほとんどその名を忘れられていましたが、2017年にオルセー美術館へショヴ…

2020.06.15-
2020.09.13

「レオン・スピリアールト(1881-1946)、 光と静寂」展

世紀末のベルギー象徴主義の画家として知られるレオン・スピリアールトの作品を、フランスではおよそ40年振りに紹介する展覧会です。彼の画業において重要とされる1900年から1919年までの時期に焦…

2020.06.15-
2020.09.13

「オーブリー・ビアズリー(1872-1898)」展

イギリスの版画家であり挿絵画家オーブリー・ビアズリーを専門的に取り上げたフランスでは初めての試みです。およそ100点のデッサンを通して、その特徴的な線の表現に注目し、さらにラファエル前派からジ…

オランジュリー美術館
Musée de l'Orangerie(パリ)
美術館情報を見る
2020.04.01-
2020.07.13

「ジョルジョ・デ・キリコ:形而上学的絵画」展

本展では、ジョルジョ・デ・キリコの形而上学的な絵画を展示します。アポリネールによって発見され、その後アートディーラーのポール・ギヨームによって裏付けられたデ・キリコとパリの文化および文学界との…

2019.10.16-
2020.04.13

「トザーニ 反射と貫通」展

写真家パトリック・トザーニの「スプーン」シリーズ(1988~)によって、モネの『睡蓮』のモティーフおよび構成の分析を試みる展覧会です。トザーニは、70年代の前衛を受け継ぎ、1980年代より実験…

クリュニー美術館
Musée de Cluny(パリ)
美術館情報を見る
マルモッタン美術館
Musée Marmottan Monet(パリ)
美術館情報を見る
2020.02.27-
2020.07.05

「セザンヌと巨匠たち、イタリアの夢」」展

「近代絵画の父」と言われるセザンヌの作品を初めて「イタリア美術」と関連付けて紹介する展覧会です。16世紀から19世紀にかけて主にイタリアで活動した画家たちの作品をセザンヌの風景画や静物画と一緒…

ポンピドゥ・センター
Centre Pompidou(パリ)
美術館情報を見る
2020.06.24-
2020.08.24

「ヒト・シュタイエル」展

ベルリン在住の評論家、映画監督、批評家、アーティストのヒト・シュタイエル。グローバル監視社会やフェミニズム的視点を投じた作品で、世界的な評価を確立したシュタイエルは、1980年代、日本の映画学…

2020.05.13-
2020.08.31

「マティス」展

アンリ・マティス生誕150周年を記念して開催される展覧会。9章構成でマティスの創作と生涯に再び光を当てます。ポンピドゥ・センターの所蔵品に加えて、フランスにある2つのマティス美術館(カトー=カ…

2020.06.10-
2020.08.24

「アリス・二―ル 社会的な眼差し」展

北アメリカ出身の画家アリス・二―ル。政治的社会的メッセージを込めた彼女の作品は、生前は評価されることはありませんでした。本展は、二―ルが取り組んだテーマを大まかに「階級」および「性別」の二つに…

ギメ東洋美術館
Musée Guimet(パリ)
美術館情報を見る
2020.07.01-
2020.09.28

「富士山、雪の王国」展

多くの画家のインスピレーションとなってきた日本の富士山。葛飾北斎を筆頭とする多くの浮世絵師にとって、富士山は重要なモチーフとなってきました。本展は印象派の画家たちにとっても多くの影響を与えた富…

コニャック=ジェイ美術館
Musée Cognacq-Jay(パリ)
美術館情報を見る
グルノーブル美術館
Musée de Grenoble(グルノーブル)
美術館情報を見る
2020.03.14-
2020.06.28

「グルノーブルと19世紀の芸術家たち」展

フランス南東部イゼール県の県庁所在地であるグルノーブルにおいて、19世紀に活動した画家や彫刻家の作品を紹介する展覧会。教育機関や研究機関が現在も多くあるこの都市は、19世紀の時代にも知的かつ文…

オルレアン美術館
Musée des Beaux-Arts d'Orléans(オルレアン)
美術館情報を見る
ナント美術館
Musée des Beaux-Arts de Nantes(ナント)
美術館情報を見る
ナンシー美術館
Musée des Beaux-Arts de Nancy(ナンシー)
美術館情報を見る
ディジョン美術館
Musée des Beaux-Arts de Dijon(ディジョン)
美術館情報を見る
ランス美術館
Musée des Beaux-Arts de Reims(ランス)
美術館情報を見る
グラン・パレ
Grand Palais(パリ)
美術館情報を見る
ルーヴル・ランス
Louvre Lens(ランス)
美術館情報を見る
2020.03.25-
2020.07.13

「黒い太陽たち」展

古代から現代にいたる美術の歴史において、個々の作品を参照しながら、「黒」の美学的、哲学的考察に焦点を当てる展覧会です。16世紀において、黒は高貴な色として認識され、貴族階級に属していました。ま…

ポンピドゥ・センター・メス
Centre Pompidou-Metz(メス)
美術館情報を見る
2020.02.21-
2020.09.05

「曖昧な境界:くるみの木」展

1947年、イタリア、ピエモンテで生まれたジョゼッペ・ペノーネは、60年代より、イタリアで興った『アルテ・ポーヴェラ(貧しい芸術)』の代表的な作家の一人として活躍。以降、国際的な名声を獲得し、…

2020.03.21-
2020.09.21

「民俗学」展

芸術と民俗学の関係について、19世紀末から20世紀に活動した作家たちの作品とともに振り返ります。ゴーギャンやナビ派のセリュジエたちは、ブルターニュ地方の民間伝承に着想源を見出し多くの作品を残し…

2019.11.22-
2021.08.23

「構築された世界:ポンピドー・センターの彫刻」展

ポンピドー・センター=メッスのコレクションからテーマを抽出し、毎回紹介する常設企画展示。本展のテーマは彫刻。コンスタンタン・ブランクーシ、アルベルト・ジャコメッティ、あるいはブルース・ナウマン…

2020.03.21-
2020.08.17

「スザンナ・フリッチャー:微動」展

現在フランスで活動中のオーストリア出身アーティスト、スザンナ・フリッチャー。ポンピドー・センター=メッスの10周年を記念して、特徴的な美術館の建築を生かし、無数のシリコン糸が自然光の中で風に揺…

ナンシー派美術館
Musée de l'École de Nancy(ナンシー)
美術館情報を見る
ケ・ブランリージャック・シラク美術館
Musée du quai Branly - Jacques Chirac(パリ)
美術館情報を見る
2019.11.19-
2020.06.28

「ヘレナ・ルビンスタイン、マダムのコレクション」展

世界的な化粧品会社「ヘレナ・ルビンスタイン」の創業者で、20世紀初めにビジネスウーマンとして最初に成功を収めた人物の一人、ヘレナ・ルビンスタインが収集したアフリカ美術の名品を展覧します。彼女が…

2020.03.31-
2020.07.12

「まなざしはあなたに:ものごとをつなく永遠の関係性」展

タイ、メキシコ、コロンビア、インドなど、フランスでは目にする機会が少ない、非ヨーロッパ圏から招聘された現代作家の作品を展示します。写真、映像、インスタレーションなど、様々な表現が交錯し、共鳴し…

2020.05.19-
2020.11.15

「オルメカとメキシコ湾の文化」展

19世紀後半まで知られることのなかったオルメカ帝国。メキシコ湾岸で発展した文明は、メキシコ文化の重大な中核を育みながら、19世紀後半まで知られることはありませんでした。スペインによる侵略で消滅…

2020.07.07-
2020.11.01

「カナックの文化遺産」展

ニューカレドニアの先住民「カナック」の文化遺産目録について、ここ二十年間に行われた研究調査の結果を市民と共有する展覧会。美術館に所蔵されている実際の作品のほか、作品を元に制作された3000点に…

パレ・ド・トーキョー
Palais de Tokyo(パリ)
美術館情報を見る
フランス国立建築遺産博物館
Cité de l’Architecture & du Patrimoine(パリ)
美術館情報を見る
ルイ・ヴィトン財団美術館
Fondation Louis Vuitton(パリ)
美術館情報を見る
リュクサンブール美術館
Musée du Luxembourg(France)
美術館情報を見る
マイヨール美術館
Musée Maillol(パリ)
美術館情報を見る
2020.04.02-
2020.07.26

「魂はそこにありますか?:あの世の画家」展

オーガスティンルサージュ、ビクターサイモン、フルーリージョセフクレパンという3人の「スピリチュアリスト画家」の作品を展示します。彼らは、クリスチャン、ヒンドゥー、東洋、古代エジプトなどの多くの…

装飾芸術美術館
Musée des Arts décoratifs(パリ)
美術館情報を見る
2020.02.28-
2020.07.14

「ハーパーズ バザー、世界初のモード雑誌」展

1867年にアメリカで創刊した世界初のモード雑誌『ハーパーズ バザー』にオマージュを捧げる展覧会です。60点近くの衣装や写真などの貴重な資料を展覧し、今日に至るまでのおよそ150年のモードの歴…

2020.04.23-
2020.09.06

「贅沢」展

宝飾や服飾、家具調度など多岐に渡るジャンルから、洋の東西そして時代を問わず、およそ100点の贅を尽くした「名品」を集め、人類が嗜んできた「贅沢」の歴史を紐解きます。本展のために、装飾芸術美術館…

2020.03.26-
2020.07.19

「装飾芸術美術館が所蔵するデッサン」展

20万点以上のデッサンを所蔵する装飾芸術美術館が、A to Zの形式でテーマを掲げ、ユニークな視点からおよそ500点のデッサンを展覧します。15世紀頃から現代まで、またヨーロッパから日本まで、…

2020.05.21-
2020.07.12

「ロエベ財団クラフトプライズ」展

「ロエベ財団クラフトプライズ2020」の最終選考に残ったファイナリストたちの作品を一堂に会し、優れた手仕事による革新的な工芸作品を紹介します。美術工芸の伝統的な表現と現代性を融合させた新たな芸…

ピカソ美術館(パリ)
Musée national Picasso-Paris(パリ)
美術館情報を見る
2020.03.24-
2020.07.21

「PICASO COMICS」展

本展は、パブロ・ピカソの作品とコミックの世界との間のリンクに特化した最初の展覧会です。常に新しい技術を試すことに興味があったピカソのマンガに対する情熱を、図面、版画、オリジナルプレートの選択を…

2020.03.24-
2020.07.26

「詩人ピカソ」展

本展はピカソの創作過程に見られる「詩作」の重要性を提示し、彼の作品の知られざる一面に光を当てます。ピカソが残した数多くの手稿とともに素描や絵画を紹介することによって、ピカソ作品における文学と絵…

2020.03.24-
2020.09.20

「ニュッシュ・エリュアールへ捧ぐ」展

ポール・エリュアールの二番目の妻で、シュールリアリスムの芸術家たちにとって、ミューズでもあったニッシュ・エリュアール。写真家のマン・レイやドラ・マールと同じく、ピカソもまた彼女に姿に魅了された…

2020.02.11-
2021.01.10

「ピカソ、読む、また読む」展

ピカソ美術館のコレクションから、文学が画家に与えた影響をテーマに作品を展示します。ピカソは生涯を通じて読書から着想し、そのイマジネーションを自らも書くことによって発展させています。実際の彼の図…

ボナール美術館(ル・カネ)
Musée Bonnard(ル・カネ)
美術館情報を見る
シャンティイ城 - コンデ美術館
Domaine de Chantilly(シャンティイ)
美術館情報を見る

ページトップへ

ドイツ
ベルリン美術館
Staatliche Museen zu Berlin(ベルリン)
美術館情報を見る
2020.05.12-
2020.08.16

「ポップ・オン・ペーパー:ウォーホルからリキテンスタイン」展(文化フォーラム)

クラシックなポップアートの中心的な要素のひとつとして、アメリカの消費社会の大量生産、知れ渡っているイメージや製品とどのようにコラボレーションしているかが挙げられますが、すべてのポップアートが同…

2020.05.12

「マンテーニャとベッリーニを中心とした技術的な研究と保護」展(絵画館)

イタリア・ルネッサンス期の画家で版画家のアンドレア・マンテーニャ(1431-1506)とジョヴァンニ・ベッリーニ(1435-1516)を中心に紹介した直近の展覧会「マンテーニャとベッリーニ ル…

ハンブルガー・バーンホフ現代美術館
Hamburger Bahnhof, Museum für Gegenwart(ベルリン)
美術館情報を見る
2020.06.14-
2020.10.04

「フラグメントの時間:マルクスコレクションと国立美術館コレクション」展

1934年にパリのスタジオで彼を訪れていたアーティストマルセル・デュシャンが作家のアナイス・ニンに「断片の時です」と発言しました。彼は、彼の作品「The Large Glass」のドキュメント…

2020.06.14-
2020.07.05

「To Whom It May Concern:パウロ・メンツの贈り物」展

ドイツのコレクター、パウロ・メンツ(1939-)は、コンテンポラリー・アートの3つの重要な作品を国立美術館に贈っています。本展では、彼の80歳の誕生日に合わせて、これらの作品と、彼が初期に寄贈…

シュテーデル美術館
Städel Museum(フランクフルト)
美術館情報を見る
2020.05.13-
2020.08.16

「シュテーデルの遺産:創立者のコレクションからの巨匠の素描」展

フランクフルトを拠点とした商人で銀行家のヨハン・フリードリヒ・シュテーデル(1728-1816)は、絵画や版画とともに、4600点以上のドローイングを含む大規模な美術コレクションを当館に遺贈し…

2020.03.19-
2020.06.28

「EN PASSANT:印象派の彫刻」展

印象派は、その登場から1世紀半経った現在でも、世界中の人々を魅了しています。特に絵画は、馴染み深い存在ですが、彫刻における印象派の多様性は、学問的関心がはるかに低いテーマであり、一般に広く知ら…

2020.05.19

「現在にもどる:新しい視点、新しい作品ー1945年から現在までのコレクション」展

近年買収した作品や寄贈された作品を含む当館の現代美術コレクションを新しいプレゼンテーションで紹介する展覧会です。時系列ではなく、特定のテーマに基づいてコレクションを体験することができます。19…

レンバッハハウス美術館
Städtische Galerie im Lenbachhaus(ミュンヘン)
美術館情報を見る
2020.02.18-
2020.09.13

「放射能:アートと政治への集団的アプローチ」展

ベルトルト・ブレヒトのラジオ理論からヒントを得た、本展は、独自の出版物を立ち上げた政治的芸術集団に着目します。「非常に悪いことですが、みんなにすべてを言うことは突然可能でしたが、それについて考…

2020.05.12-
2021.02.07

「スラヴォミール・エルスナー」展

ポーランド出身で現在はベルリンを拠点に活動しているスラヴォミール・エルスナー(1976-)は、オリジナルを単にコピーするのではなく、独特の手法を使って精査し、複雑な抽象化のプロセスを経て作品が…

2020.03.31-
2020.10.18

「シーラ・ゴーダ:IT..MATTERS」展

インドのバンガロールを拠点に活動しているアーティスト、シーラ・ゴーダ(1957-)のはじめての個展です。規模の大きなインスタレーションのために出身国であるインドに馴染みの深い独特な事物、牛の糞…

ノイエ・ピナコテーク
Neue Pinakothek(ミュンヘン)
美術館情報を見る
ドレスデン美術館
Staatliche Kunstsammlungen Dresden(ドレスデン)
美術館情報を見る
2020.06.12-
2020.09.14

「現在まで持ち続けること300年」展(ドレスデン城)

2020年は、紙の芸術作品を専門とするドイツ語圏でもっとも古い美術館キュプレスティック・キャビネットが300周年を迎えます。1720年以来、銅版画、木版画、エッチング、リトグラフ、版画、図面、…

2020.06.06-
2020.08.30

「ラファエロールネサンス・イメージの力:ドレスデンのタペストリーとそのインパクト」展(ツヴィンガー宮殿)

ラファエル(1483-1520)生誕500周年の記念に、ラファエルが描いた下絵を元に制作されたドレスデンのタペストリーに関する大規模な特別展を開催します。本展では、そのデザインと19世紀までの…

2020.02.15-
2021.01.24

「ヨーロッパの都市風景:コイン、メダル、紙幣に見る街と建築の景色」展(ドレスデン城)

16世紀半ば以降、ルネサンスから現在に至るまでのすべての時代に、コインやメダル、19世紀以降は紙幣に、ヨーロッパの都市の描写が発見されました。製作者は多くの場合、既存の版画を元に制作しています…

2020.01.26-
2020.07.19

「フォーカス:エヴェリン・リヒター」展(アルベルティヌム)

エヴェリン・リヒター(1930-)は、ドイツでもっとも重要な写真家のひとりです。彼女の90歳の誕生日を祝う本展は、常に人々に焦点を当てていた人生をかけた彼女の作品に敬意を評します。アーティスト…

2020.02.08-
2020.08.16

「ゲルハルト・リヒター:2017年から2020年までの新作ドローイング」展(アルベルティヌム)

1964年以来、ゲルハルト・リヒターにとってドローイングは絵画とともに制作の一部となっています。そして一貫してこの媒体の伝統的な美学を覆そうと努力してきました。例えば水彩で反る薄い裏地付きの筆…

アルテ・ピナコテーク
Alte Pinakothek(ミュンヘン)
美術館情報を見る
2019.07.25-
2021.12.31

「ゴヤからマネへーアルテ・ピナコテークの19世紀」展

美術館や展示スペースとして40年ものあいだ、使用され続けてきたノイエ・ピナコテークは、ここ数年間大規模な改修のために閉館していました。その間にコレクションから選ばれた19世紀の絵画と彫刻の主要…

2020.04.07-
2020.11.01

「ラファエル1520-2020」展

今年は、イタリアのルネサンス期にローマで活躍したラファエロ・サンツィオ(1483-1520)が亡くなって500年の年です。彼が10年足らずで完成させた絵画やフレスコ画は現在に至っても国際的な名…

カールスルーエ・アート・アンド・メディア・センター
Zentrum für Kunst und Medientechnologie in Karlsruhe(バーデン=ヴュルテンベルク)
美術館情報を見る
2019.02.23

「未来の物語を書くこと」展

20世紀は、写真、映像、蓄音機、ラジオ、テレビ、ビデオ、コンピューター、インターネットといったメディアの技術がイメージと芸術の本質全体を変容させ、アーティスト、作品、観客との関係及び創造的な行…

2020.02.08-
2020.08.23

「バウハウス。映画。拡大。」展

本展は、バウハウス創立者であるヴァルター・グロピウスが1926年から1927年に劇場監督のエルヴィン・ピスカトールのために設計したトータルシアターのアイデアを取り入れ、バウハウスの映像世界を紹…

2020.05.23-
2021.02.28

「クリティカル・ゾーン:この世の政治活動を観測すること」展

クリティカルゾーンとは、さまざまな生命体によって何十年にもわたって生成されたわずか数キロメートルの薄さで地球の表面を形成している領域を指します。本展では、地球を新しい視点、つまりクリティカルゾ…

2018.09.29-
2022.01.30

「ZKM_Gameplay:ネクストレベル」展

"伝説的なZKMゲームプラットフォーム、ZKM_Gameplay
次のレベルへ。すべてのゲーマーだけでなく、これまでコンピューターゲームの経験がほとんどない人でも、楽しむことができ、有益で、…

ルートヴィヒ美術館
Museum Ludwig(ケルン)
美術館情報を見る
2020.06.20-
2020.08.23

「Mapping the Collection」展

本展はコレクションの中でもアメリカの芸術史において非常に影響力のあった二つの年代、1960年代と1970年代に焦点を当てます。政治的、社会的な出来事とこれら二つの年代の発展は、西ヨーロッパの定…

2019.10.01-
2021.10.01

「Schultze Projects #2:エイブリー・シンガー」展

エイブリー・シンガーは3Dモデリングソフトウェアとコンピューテーショナルsデザインで作成された絵画で知られるアメリカのアーティストです。このたび彼女はルートヴィヒ美術館の吹き抜けで展示する新し…

2020.06.06-
2020.08.30

「ルートヴィヒ美術館でのここと今:ダイナミック・スペース」展

プラットフォームのContemporary And(C&)は、ジュリア・グロッセとイヴェット・ムトゥンバによって設立され、自らを「アフリカとそのグローバル・ディアスポラからの現代美術の問題と情…

ページトップへ

スイス
ベルン美術館
Kunstmuseum Bern(ベルン)
美術館情報を見る
2020.01.31-
2020.08.02

「横井照子:東京、ニューヨーク、パリ、ベルン」展

この展覧会では、20世紀の美術史の決定的な物語を形作った非常に生産的でダイナミックな女性芸術家・横井照子の1954年のアメリカ旅行から1960年代後半までの約50の作品が展示されます。

2020.03.13-
2020.11.01

「エル・アナツイ:勝利のスケール」展

ガーナ人アーティスト、エル・アナツイ(1944-)はアフリカでもっとも有名な現代アーティストのひとりです。その作品は、壮大なタペストリーのように壁全体を飾る、リサイクルされたボトルキャップの大…

パウル・クレー・センター
Zentrum Paul Klee(ベルン)
美術館情報を見る
2019.08.23-
2020.09.06

「笑いと涙を越えて。クレー、チャップリン、ソンデレッガー」展

クレーの初期作品には、友人であるスイス人アーティストで漫画家のジャック・エルンスト・ソンデレッガーから大きな刺激を受けたことが反映されています。彼らの共通点は、ユーモアが人間の鍵であり、風刺が…

2020.02.07-
2020.08.16

「リー・クラズナー:生き生きとした色彩」展

20世紀を代表するアメリカのアーティスト、リー・クラズナー(1908-1984)は、抽象主義の先駆者のひとりとして、一貫して鮮明で力強い絵画を制作し続けました。本展では、ジャクソン・ポロックと…

チューリヒ美術館
Kunsthaus Zürich(チューリヒ)
美術館情報を見る
2020.05.05-
2020.07.19

「線描の詩:イタリアのドローイングの傑作」展

当館のコレクションの中から、イタリアのルネッサンスとバロックのあいだに制作されたドローイングを選んで展示します。

2020.07.03-
2020.10.11

「煙と鏡:めざましい1920年代」展

1920年代は、都市のビジョンが作られ、都市が驚異的なスピードで成長した激動の10年でした。本展では、そういった時代背景に焦点を当てながら、バウハウス、ダダ、モダニズムのデザインと建築のアイコ…

  -
2020.07.19

「オッティリア・ジャコメッティ」展

アルベルト・ジャコメッティの父、ジョヴァンニ・ジャコメッティとその妻アネッタの娘であり、アルベルト、ディエゴ、ブルーノの姉妹であるオッティリアは、1937年に33歳で亡くなりました。本展では、…

バーゼル市立美術館
Basler Kunstmuseum(バーゼル)
美術館情報を見る
2019.12.07-
2020.07.19

「サーキュラー・フロー:不平等の経済」展

生活のあらゆる側面に常につきまとう経済は、私たち個人および集団生活にとってどのような倫理的、社会的、政治的影響を及ぼすでしょうか。全ての企業と自治体に等しく適用されるグローバル資本主義の結果と…

2020.02.01-
2020.07.05

「輝く図像:ホルベインからリングラーまでのドローイングとステンドグラス絵画」展

小さなサイズのガラス絵画は、16世紀から南ドイツや旧スイス連邦で人気のあった芸術形式です。これらの作品は町やギルドホール、大学、修道院、病院などを飾りました。これらは当時の有名なアーティストか…

アール・ブリュット・コレクション
Collection de L'Art Brut Lausanne(ローザンヌ)
美術館情報を見る
2020.03.13-
2020.11.01

「シカゴ・コーリング」展

アメリカの都市の中でもシカゴは芸術的な面でもっとも独立している都市です。1940年代、ニューヨークのアートシーンが抽象表現主義に注目していた時、シカゴのアートサークルはドイツの表現とシュールレ…

2019.11.29-
2020.08.30

「第4回 アール・ブリュット・ビエンナーレ2020」展

4回目を迎えたアール・ブリュット・ビエンナーレでは、アートブリュットの演劇に目を向けています。 28人のクリエーターが選んだ作品は、衣装、彫刻、ドローイング、絵画、写真、切り抜きです。これらは…

ページトップへ

イタリア
国立21世紀美術館(MAXXI)
MAXXI Museo nazionale delle arti del XXI secolo(ローマ)
美術館情報を見る
2019.11.27-
2020.09.27

「ジオ・ポンティ:建築を愛する」展

建築家、デザイナー、アートディレクター、作家、詩人、評論家、総合アーティストであるジオ・ポンティ。本展はパルマおよびジオポンティアーカイブのCSACとのコラボレーションで制作されたこの展覧会で…

2019.04.03-
2020.08.30

「エリザベッタ・カタラーノ:写真とパフォーマンスのあいだ」展

当館アーカイブの新しいフォーカスによるプレゼンテーションです。今回は、イタリアの写真家エリザベッタ・カタラーノ(1944-2015)による作品を紹介します。スライド、カラー写真、ビンテージプリ…

2020.02.19-
2020.07.26

「リアル_イタリア」展

10周年の年となる今年、当館はイタリアの創造性に大きなスペースを与える展覧会を開催することにしました。MiBACTが主催するコンペティションの最初の2つのエディションの2017年受賞作品を紹介…

ウフィツィ美術館
Galleria degli Uffizi(フィレンツェ)
美術館情報を見る
ピッティ宮殿パラティーナ美術館|
Galleria Palatina, Palazzo Pitti(フィレンツェ)
美術館情報を見る
アカデミア美術館(フィレンツェ)
Galleria dell'Accademia, Firenze(フィレンツェ)
美術館情報を見る
アカデミア美術館(ヴェネツィア)
Galleria dell'Accademia, Venice(ヴェネツィア)
美術館情報を見る
カ・ドーロ宮殿博物館
Galleria Giorgio Franchetti Alla Ca' D'oro(ヴェネツィア)
美術館情報を見る
カピトリーニ美術館
Musei Capitolini(ローマ)
美術館情報を見る
2020.06.16-
2020.09.13

「カラヴァッジョの時代:ロベルト・ロンギ・コレクションの傑作」展

美術史家でコレクターのロベルト・ロンギ(1890-1970)の死から50周年を迎えた今年、1920年代後半にロンギが購入した「トカゲに噛まれた少年」とカラヴァッジョの遺産と17世紀に影響を受け…

サンマルコ美術館
Museum of San Marco(フィレンツェ)
美術館情報を見る
ポルティ・ペッツォーリ美術館
Museo Poldi Pezzoli(ミラノ)
美術館情報を見る

ページトップへ

バチカン市国
バチカン美術館
Vatican Museums
美術館情報を見る

ページトップへ

スペイン
プラド美術館
Museo Nacional del Prado(マドリッド)
美術館情報を見る
2020.03.10-
2021.01.10

「別の宝:ドーファンのケース」展

本展では、Dauphin's Treasure galleryに展示されている23個のケースが展示されています。これらのケースは18世紀、ユニークな形の宝物を保護するために設計されたため、それ…

2020.06.06-
2020.09.13

「Reunited」展

当館の中央ギャラリーは、自然光に溢れた広大な建築空間です。190点以上の作品を移動させ、当館が初めて公開されたときの展示を思い出させるユニークな体験を提供します。フラ・アンジェリコの「受胎告知…

バルセロナ現代美術館
Museu d'Art Contemporani de Barcelona(バルセロナ)
美術館情報を見る
2019.11.22

「タキス」展

ギリシャのアーティスト、タキス(パキヨティス・ヴァシラキス1925-2019)は、磁性、光、音を使って新しい芸術形式を作りました。彼は1960年代は先進的で実験的な芸術のパイオニアのひとりであ…

カタルーニャ美術館
Museo Nacional de Arte de Cataluña(バルセロナ)
美術館情報を見る
2020.03.12-
2020.12.31

「ソン。アネウ渓谷の刻印と造形。Oriol Vilapuigによる介入」展

アネウ渓谷は、スペインのアーティスト、Oriol Vilapuig(1964-)が集中的に活動している場所です。この渓谷は、自然豊かで多くのロマネスク様式の教会が点在しており、統一感があります…

ビルバオ・グッゲンハイム美術館
Museo Guggenheim Bilbao(ビルバオ)
美術館情報を見る
国立ソフィア王妃美術センター
Museo National Centro de Arte Reina Sofia(マドリッド)
美術館情報を見る
2019.10.11-
2020.08.30

「マリオ・メルツ:時は沈黙している」展

イタリアのアーティスト、マリオ・メルツ(1925-2003)の回顧展です。本展では、先史時代に中断された一連の作品の起源を、現代の歴史の言説と照らし合わせて調べています。素材とイメージの選択に…

ティッセン=ボルネミッサ美術館
Museo Thyssen-Bornemisza(マドリッド)
美術館情報を見る
2020.02.18-
2020.08.30

「レンブラントとアムステルダムの肖像画」展

本展では、レンブラントのおよそ39の肖像画とともに、オランダの黄金時代にアムステルダムで活動していた他のアーティストによる主要な作品も含む、合計80の絵画、16の版画、エッチングプレートが展示…

バレンシア現代芸術院
Institut Valencia d'Art Modern(バレンシア)
美術館情報を見る
2020.01.30-
2020.09.27

「ケース・スタディ。ミケル・ナヴァロの秘密のコレクション」展

ミケル・ナヴァロ(1945-)は、1970年代後半に彫刻を変革したスペインのアーティストのひとりです。町や都市での大規模なインスタレーションは、居心地の良い場所ですが、支配し、コントロールして…

2020.02.13-
2020.07.05

「カウンター・カルチャー:バレンシアでのレジスタンス、ユートピア、挑発」展

本展は、1960年代から1980年代のあいだにバレンシアで起こったさまざまなカウンター・カルチャーを紹介します。当時、正統とされていたアイデアの代替案としてのカウンター・カルチャーから、バレン…

2020.03.06-
2020.09.27

「オリエンタリズム:近東と北アフリカのイメージの構成(1800-1956)」展

パレスチナの思想家エドワード・サイード(1935-2003)による「オリエンタリズム」は1978年に出版にされました。東が西に対応するものとして構築された方法を明らかにした本書において、オリエ…

2019.04.11-
2021.01.17

「物質、空間そして時間。フリオ・ゴンザレスとアヴァンギャルド」展

スペイン・カタルーニャの彫刻家で画家のフリオ・ゴンザレス(1876-1942)は鉄の彫刻作品で有名です。本展では、カタロニア・モダニストサークルでの活動や弟のジョアンとの関係など、キャリアの中…

ピカソ美術館
Mseu Picasso(バルセロナ)
美術館情報を見る

ページトップへ

オランダ
アムステルダム国立美術館
Rijksmuseum Amsterdam(アムステルダム)
美術館情報を見る
2019.10.30-
2020.10.18

「アジアパビリオンの新しい展示」展

本館では6カ月ごとに、アジア芸術のキュレーターがアムステルダム国立美術館のアジアパビリオンで新しい作品を発表します。今後のテーマは「さまざまな世界観と視点」です。台湾の芸術家であるTu Wei…

2020.02.14-
2020.09.13

「カラヴァッジォーベルニーニ:ローマのバロック」展

1600年から1640年頃のローマは芸術の中心地として活力に溢れていました。本展では、画家のカラヴァッジォ、彫刻家のベルニーニといった代表的な芸術家たちによる作品を中心に、いくつかのキーワード…

アムステルダム市立美術館
Stedelijk Museum Amsterdam(アムステルダム)
美術館情報を見る
2020.05.09-
2021.03.21

「トーネットから”オランダのデザイン”まで:アムステルダムの125年の財産」展

2020年9月に当館は開館から125周年を迎えます。当館は125年間にわたって、インテリアのための家具やそのほかデザインにまつわる事物を多数展示してきました。1934年以降は積極的にインテリア…

  -
2020.08.09

「ダナ・ルクセンブルグ:IMPERIAL COURTS」展

オランダの写真家ダナ・ルクセンブルグ(1964-)は観察と距離で被写体にアプローチし、大判カメラを使用して、鮮明さを追求した写真を撮ります。「IMPERIAL COURTS」は彼女の1993年…

2020.02.29-
2020.10.04

「イメージをこえて:ベルティアン・ファン・マネンとその友人たち」展

オランダの写真家ベルティアン・ファン・マネン(1942-)の作品は、自伝的で視覚的な日記であり、彼女自身の人生をさまざまな方法で写し取り、調べ、再発見しています。彼女のシリーズの多くは長期にわ…

2020.03.14-
2020.08.23

「ナム・ジュン・パイク:未来とはいま」展

韓国生まれでアメリカを拠点に活動したナム・ジュン・パイク(1932-2006)は先見の明のあるビデオアートの先駆者です。彼は私たちの生活を形作るマスメディアの力を予測し、インターネット時代のコ…

ゴッホ美術館
Van Gogh Museum(アムステルダム)
美術館情報を見る
2020.02.21-
2020.08.30

「In the Picture」展

19世紀の画家たちは、練習、実験、またはアイデンティティを示すために自画像を制作しました。また、友情の証としてお互いの肖像画を描きました。本展では、75点のポートレート作品を通して、アイデンテ…

デン・ハーグ市美術館
Gemeentemuseum Den Haag(デン・ハーグ)
美術館情報を見る
2020.06.01-
2020.09.06

「ブレイトネル vs イスラエルス」展

オランダの印象派を代表する画家へオルへ・ヘンドリック・ブライトネル(1857-1923)とイサーク・イスラエルス(1865-1934)は、長年にわたって緊張関係にありましたが、お互いのキャリア…

マウリッツハウス王立美術館
Koninklijk Kabinet van Schilderijen Mauritshuis(デン・ハーグ)
美術館情報を見る
2020.06.01-
2020.08.30

「ジョージ・スタッブス:男、馬、執念」展

イギリスでもっとも有名な馬の画家ジョージ・スタッブス(1724-1806)の展覧会です。本展のハイライトは、競走馬のホイッスルジャケットの巨大な肖像画です。この傑作がヨーロッパ本土に来るのはは…

クレラー・ミュラー美術館
Kröller Müller Museum(オッテルロー)
美術館情報を見る
ユトレヒト中央博物館
Centraal Museum Utrecht(ユトレヒト)
美術館情報を見る
2019.12.21-
2020.07.05

「マティス・ファン・ベルゲン」展

今年、本館は、オランダのファッションデザイナーマティス・ファン・ベルゲン(1980-)から大きな贈り物を受け取りました。ヴァンベルゲンのデザインの特徴は、プリーツと装飾品の使用です。数年かけて…

2020.02.15-
2020.08.16

「エロスの涙:Moesman、シュールレアリズムと性」展

性、フェティシズム、タブー。これらはユトレヒトのシュールレアリスト、Moesmanを魅了したテーマでした。彼はシュールレアリズムを、キャンバスで性的な空想にふける機会として捉えました。作品では…

2020.03.14-
2020.11.01

「驚きのソファベッド」展

2020年は、有名なオランダ人デザイナー、マーティン・ヴィッサー(1922-2007)がオランダの家具メーカー、スペクトラムのためにソファベッドBR02を製作してから60年になります。このソフ…

テイラー博物館
Teylers Museum(ハールレム)
美術館情報を見る
2020.01.31-
2020.08.23

「DINOMAKERS」展

どの世代の子どもたちも恐竜の世界に魅了されます。しかしこれらの絶滅した生物の姿は長い時間を経てかなり変化しています。本展では、2世紀にわたる古美術を探索します。アーティストや科学者による恐竜や…

ボイマンス・ファン・ベーニンゲン美術館
Museum Boijmans Van Beuningen(ロッテルダム)
美術館情報を見る
フランス・ハルス美術館
Frans Hals Museum(ハーレム)
美術館情報を見る
2020.06.09-
2020.10.31

「ハルスの新しい花々」展

写真家のFjodor C. Buisは、花が枯れる過程を写真に収めました。開花してから乾き切るまでの写真を毎日撮影しましたが、最初と最後の写真をひとつのアートワークにまとめました。これらすべて…

エッシャー美術館
Escher In Het Paleis(デン・ハーグ)
美術館情報を見る
フェルメール・センター
Vermeer Centrum Delft(デルフト)
美術館情報を見る

ページトップへ

ベルギー
ベルギー王立美術館
Musées royaux des beaux-arts de Belgique(ブリュッセル)
美術館情報を見る
アントワープ王立美術館
Koninklijk Museum voor Schone Kunsten(アントワープ)
美術館情報を見る
2019.10.05-
2020.12.31

「マドンナとマッド・メグの出会い」展

フーケのマドンナ(本館の絶対的な傑作)がロサンゼルスの展覧会から帰ってきました。10月5日から、アントワープのメイヤーヴァンデンバーグ美術館で彼女の作品を、マッド・メグと一緒に見ることができま…

ゲント美術館
Museum voor Schone Kunsten Gent(ゲント)
美術館情報を見る
  -
2020.12.31

「ボッシュからマグリットへ」展

本館は、2017年秋に常設コレクションのプレゼンテーションを修正しました。博物館の建物の改修(2002〜2007)と2007年の再開から10年後以上が経ちます。重点とするのは19世紀と20世紀…

  -
2022.10.21

「パントローグ(ダンケシェーン):パトリック・ヴァン・ケーケンバーグ」展

パトリック・ヴァン・ケーケンバーグは、黄金時代の北オランダ芸術のコレクションにて、自身の作品を選んで「パントログ(ダンケシェーン)」というタイトルのインスタレーションを作成しました。 彼は主に…

  -
2022.10.21

「業種:リア・ヴェルヘゲ」展

リア・ヴェルヘゲは30年以上にわたって新聞や雑誌から写真を収集しています。彼女は独自の原則に従って分類し、カタログ化し、「Provisoria」と呼ばれる約35,000枚の写真を含む個人用画像…

グルーニング美術館
Groeningemuseum(ブルージュ)
美術館情報を見る
リエージュ近代美術館
Le Musée d'Art moderne et d'Art contemporain de la Ville de Liège(リエージュ)
美術館情報を見る
世紀末美術館
Musée Fin-de-Siècle Museum(ブリュッセル)
美術館情報を見る
オルタ美術館
Horta Museum(ブリュッセル)
美術館情報を見る
聖バーフ大聖堂
Saint-Bravo's Cathedral(ゲント)
美術館情報を見る
ベルギー漫画センター
Comics Art Museum Brussels(ブリュッセル)
美術館情報を見る
2019.12.10-
2020.09.13

「ピコ・ボーグとその家族」展

ピコ・ボーグは妹のアナ・アナと家族と暮らし、日々成長しているいたずら好きな少年です。家庭、学校、休日など日々の生活が描かれているピコは好奇心いっぱいで、もっとも親愛なる人に質問をします。愛、友…

ページトップへ

オーストリア
オーストリア絵画館
Museum und Schloss Belvedere Österreich(ウィーン)
美術館情報を見る
2019.11.22-
2021.01.06

「エヴァ・グルービンガー:無限の魔女」展

エヴァ・グルービンガーは、力、物質的な欲望、性的欲求、およびそれらが社会的発展に与える影響など、根本的な人間の欲望のありかを探ります。本展は、構造的な不平等、無限で飽くなき欲望、金持ちと貧乏人…

ウィーン美術史美術館
Kunsthistorisches Museum, Wien(ウィーン)
美術館情報を見る
  -
2021.02.28

「悪の皇帝コインコレクションの展示」展

古典で伝えられたローマ皇帝のイメージは、今日の彼らの見方や判断に影響を与え続けています。ローマ皇帝の私たちの見方は、古典での描かれ方に強く影響されます。たとえば、カリグラ、ネロ、またはコモドゥ…

リヒテンシュタイン美術館
Palais Liechtenstein(ウィーン)
美術館情報を見る
セセッション館
Secessionsgebäude(ウィーン)
美術館情報を見る
2020.02.21-
2020.09.06

「マイケル・E・スミス」展

マイケル・E・スミス(1977-)は、彫刻、インスタレーション、コラージュ、映像の作品を制作しています。ギャラリースペースを前提としたインタラクティブなサウンド・インスタレーションを制作するこ…

ページトップへ

チェコ
プラハ国立美術館
National Gallery in Prague(プラハ)
美術館情報を見る
2019.11.26-
2020.12.07

「グループRA:現在時間のメッセージ」展

グループRaは、戦前のシュールレアリズムの影響を受けて、孤立せずにアートシーンでのニッチを見つけようとした若い世代のアーティストや作家によって、戦時中に結成されました。理論的な信条を厳密に定義…

2020.02.18-
2020.07.12

「線、光、影:17世紀と18世紀のヨーロッパのドローイングと版画の傑作選」展

シュヴァルツェンベルク宮殿のオープニング展示である本展では、ルネサンス、マニエリスム、バロック、新古典主義の時代の傑作を、紙と上質皮紙で紹介します。

2020.03.06-
2020.08.09

「オディロン・ルドン: À EDGAR POE」展

オディロン・ルドンによって1882年に制作された À EDGAR POEと題された6つのリトグラフのシリーズは、翻訳をつとめたフランスの著名な詩人シャルル・ボードレールとステファン・マラルメを…

2020.03.06-
2020.08.09

「白黒のマネ」展

フランスの画家エドゥアール・マネ(1832-1883)は、グラフィックにあまり渾身を持ちませんでした。本展では、コレクションの中からおよそ12点の作品、主にエッチングを通して、マネが白黒で色彩…

2020.03.06-
2020.01.10

「カート・ゲバウアー」展

カート・ゲバウアー(1941-)は、人生の使命を「地方自治体の彫刻家」であるとしています。60年間、彼は公共スペースを開拓し、占領してきました。本展では、これまでに発表された彫刻家、画家として…

チェコ国立プラハ美術工芸博物館
Museum of Decorative Arts in Prague(プラハ)
美術館情報を見る
  

「プレイドオブグラス:1946 - 2019」展

本展は、アート展示用のガラス製品で構成されています。プラハの装飾美術館のコレクションから、およそ50の大規模な彫刻を合わせて拡張されました。

2020.02.19-
2020.09.20

「BOŽENA SUDKOVÁ / ヨゼフ・スデック:子ども時代の風景」展

チェコの写真家ヨゼフ・スデック(1896-1976)の人生で重要な人物は母親と姉のBOŽENAでした。彼女は1930年からプラハのスタジオに住んでヨゼフと一緒に働き、家族経営のサポートをしてい…

2020.02.27-
2020.09.27

「金のきらめき、色彩の輝き」展

当館の開館135周年を機に企画され、独自のコレクションを中心に組み立てられた本展は、修復調査とともに長年にわたって行われた専門的な研究の成果です。展示品は、古代後期、中世、ルネサンス、バロック…

ページトップへ

ポーランド
ワルシャワ国立美術館
Muzeum Narodowe w Warszawie(ワルシャワ)
美術館情報を見る
チャルトリスキ美術館
Muzeum Książąt Czartoryskich(クラクフ)
美術館情報を見る
2019.07.02-
2020.09.13

「ジョゼフ・チャプスキ:絵画、ドローイング、日記」展

ジョゼフ・チャプスキ(1896-1993)は、ポーランドのアーティスト、作家、批評家であり、ポーランド軍の将校でした。本展は、彼の絵画、ドローイング、日記のもっとも完成されたプレゼンテーション…

2020.02.14-
2020.07.26

「光のミラクル。ポーランド中世のステンドグラス」展

中世では、教会のステンドグラスの窓は、芸術的、技術的、財政的に重要な要素であり、それによってその教会の長が評価されるほどでした。近世に入ると取り外されることも多く、19世紀に入ってからは単なる…

2020.03.06-
2020.08.30

「マテイコとその次の世代」展

ヤン・マテイコ(1838-1893)は、ポーランドの歴史に残る政治的、軍事的な出来事をテーマに描いたポーランドの画家です。19世紀にヤン・マテイコ・ハウスと呼ばれる美術館が創設され、彼への敬意…

ページトップへ

ノルウェー
オスロ国立美術館
Nasjonalmuseet for kunst, arkitektur og design(オスロ)
美術館情報を見る
2020.02.28-
2020.08.16

「ウィルヘルム・ボン・ハンノ:クリスチャニアの建築家・製図家」展

ウィルヘルム・ボン・ハンノ(1826-1882)は、19世紀のノルウェーでもっとも多作で重要な建築家の一人です。この小さな展覧会では、最近当館が購入した建築図面や魅力的なスケッチブックなどを含…

ページトップへ

スウェーデン
スウェーデン国立美術館
Nationalmuseum(ストックホルム)
美術館情報を見る
2020.06.16-
2021.02.21

「パール・エングスへデンとサラ・ダニウスのノーベル・ドレス」展

パール・エングスへデンはスウェーデンを代表するデザイナーのひとりです。2015年から2018年のあいだに、彼はスウェーデン・アカデミーの書記長であるサラ・ダニウスのために4つのドレスを制作しま…

ストックホルム近代美術館
Moderna museet(ストックホルム)
美術館情報を見る
2020.03.21-
2020.10.25

「ジョン・バルデッサリ」展

アメリカのアーティスト、ジョン・バルデッサリ(1931-2020)は、アートとは何か、それがどのように作られるのか、どのように見えるのかを問うコンセプチュアル・アートを制作しました。彼の作品は…

イェーテボリ美術館
Göteborgs konstmuseum(イェーテボリ)
美術館情報を見る
2020.03.14-
2020.08.16

「Printed」展

この展覧会では、15世紀、16世紀、17世紀の巨匠による版画を紹介しながら、ヨーロッパのマスメディアの誕生について洞察するとともに、作品が美術史にどのように組み込まれているか、また、印刷技術が…

2019.10.26-
2020.09.27

「曲芸師家族の詳細な研究ーピカソの観点」展

当館が所有する「曲芸師家族と猿」は、パブロ・ピカソのばら色の時代の象徴的な作品のひとつです。ピカソは、曲芸師の日常生活をサーカスの世界の舞台裏で、しばしば憂鬱のほのめかしで描いています。本展で…

2020.04.18-
2020.09.20

「トリーネ・ソンダーガード」展

デンマーク出身でコペンハーゲンを拠点に活動している写真家、トリーネ・ソンダーガード(1972-)の初めての個展です。ビジョンと視線が基本的なテーマである彼女の作品は、客観的でドキュメンタリー的…

ページトップへ

フィンランド
アテネウム美術館
Ateneum Art Museum(ヘルシンキ)
美術館情報を見る
2020.06.18-
2020.09.20

「インスピレーション:コンテンポラリー・アート&クラシックス」展

世界で活躍している現代のアーティストたちは、ヨーロッパの古典芸術からどのような刺激を受けているのでしょうか?これの作品はなぜ世界中で知られるようになったのでしょうか?本展では、象徴的な傑作から…

ヘルシンキ現代美術館
Kiasma(ヘルシンキ)
美術館情報を見る
2020.01.31-
2020.07.26

「天気予報:将来の予測」展

キアズマの春のシーズンは、1月31日スタートの本展から始まります。ヴェネツィアビエンナーレの北欧パビリオンで、2019年11月末まで展示していた作品の凱旋展です。

デザイン博物館ヘルシンキ
Design Museum(ヘルシンキ)
美術館情報を見る
2019.02.04

「ユートピア・ナウ:フィンランド・デザインの物語」展

フィンランド独立から100周年を迎える2017年、デザイン博物館のコレクション展がリニューアル・オープンしました。5つのテーマに沿ういきいきとした物語を通して、フィンランドのデザイン史について…

ページトップへ

デンマーク
コペンハーゲン国立美術館
Statens Museum for Kunst(コペンハーゲン)
美術館情報を見る
2020.02.12-
2020.10.18

「イェスパー・ジャスト:回路(相互受動性)」展

ニューヨークを拠点に活動するデンマークのアーティスト、イェスパー・ジャスト(1974-)によるインスタレーション作品には、回路がたくさんあります。身体の回路、音楽と身体の回路、断片化された画像…

ルイジアナ近代美術館
Louisiana Museum of Modern Art(フムレベック)
美術館情報を見る
2020.02.21-
2020.12.06

「ペア・キルケビー:ブロンズ」展

ペア・キルケビー(1938-2018)は、世界中の美術館に展示されてきた素晴らしいデンマーク人のアーティストのひとりです。また、当館のコレクションにおいても初期から最晩年の作品まで所蔵されてい…

ニイ・カールスベルグ・グリプトテク美術館
Ny Carlsberg Glyptotek(コペンハーゲン)
美術館情報を見る
2020.02.28-
2020.10.18

「謎のコレクター:ヘルゲ・ヤコブセンのピナコテカ」展

ヘルゲ・ヤコブセン(1882-1946)は、有名な醸造家である父カール・ヤコブセンの影となって今日ではほとんど知られていません。しかし、美術館のディレクターであり、財団の会長でもあるヘルゲ・ヤ…

ページトップへ

ロシア
プーシキン美術館
The Pushkin State Museum of Fine Arts(モスクワ)
美術館情報を見る
ロシア美術館
State Russian Museum(サンクトペテルブルク)
美術館情報を見る
エルミタージュ美術館
The State Hermitage Museum(サンクトペテルブルク)
美術館情報を見る

ページトップへ

ハンガリー
ハンガリー国立美術館
Magyar Nemzeti Galéria(ブダペスト)
美術館情報を見る
  

「ハンガリー王国のゴシック・アート1300-1500展

ハンガリー王国の多翼祭壇画、パネル絵画、木彫の最大のコレクションは当館が所蔵しています。本展では、1300年から1500年にかけて制作された品々を年代順と文体の発達に注目しながら、それらが制作…

ルートヴィヒ・ミュージアム現代美術館
Ludwig Múzeum(ブダペスト)
美術館情報を見る
2020.04.09-
2020.08.23

「スロー・ライフ。日常のラディカルな実践」展

スロー革命は1980年代、地元の食材を使用し、健康的で質の高い料理の重要性に注目し、ファストフードに対する抗議から始まりました。ゆっくりとしたアプローチは、既存の構造を再考し、社会、経済、日常…

ページトップへ

ルクセンブルグ
ルクセンブルグ国立歴史・美術博物館
Musée National D'historie et D'art Luxembourg(ルクセンブルグ)
美術館情報を見る
2019.09.27-
2020.09.06

「#wielewatmirsinn:ルクセンブルクの100年の普遍的参政権」展

2019年は、ルクセンブルクに普遍的選挙権が導入されて100周年の年でした。すべてのルクセンブルクの成人女性、および成人男性人口の3分の1以上が初めて政治的権利を獲得しました。この歴史的な出来…

2020.01.24-
2020.11.21

「デ・メナ、ムリーリョ、スルバラン:スペインバロックの巨匠たち」展

スペインの黄金時代、宗教的信念に傾倒したバロック芸術彫刻が制作されましたが、あまり注目されることはありませんでした。本展では、ムリーリョやスルバランなどの有名な巨匠に加えて、重要なバロック彫刻…

2020.03.20-
2020.10.18

「光で描く:カーラ・ヴァン・デ・プッテラール」展

20年以上にわたり、国際的に活躍しているアーティストのカーラ・ヴァン・デ・プッテラール(1967-)は、主に女性のヌード、ポートレイト、花をモチーフとした大きな写真作品を制作してきました。本展…

ページトップへ