世界の美術館データベース

ヨーロッパ

イギリス
大英博物館
British Museum(ロンドン)
美術館情報を見る
2019.09.12-
2020.01.12

「Pushing paper:1970年から現在までのコンテンポラリー・ドローイング」展

現代のアーティストたちはアイデンティティ、場所、記憶などのテーマを検証しながら、ドローイングという媒体の境界をこれまで以上に押し広げてきました。本展では、当館が所有する1500を超える現代のド…

ナショナル・ギャラリー、ロンドン
The National Gallery, London(ロンドン)
美術館情報を見る
2019.06.12-
2019.09.29

「バルトロメ・ベルメホ:スペイン・ルネッサンスの巨匠」展

宝石のかすかな光から鎧の輝きまで、ベルメホの油絵における光、色、テクスチャを捉える能力は、15世紀のスペインでは比類のないものでした。現存する作品は20点以下で、彼の人生の大部分は謎のままです…

テート・ブリテン
Tate Britain(ロンドン)
美術館情報を見る
2019.03.18-
2019.10.06

「テート・ブリテン・コミッション:マイク・ネルソン:THE ASSET STRIPPERS」展

イギリスのインスタレーションアーティスト、マイク・ネルソンは、自らが選んだものの背後にある文化的および社会的な背景やそれらの重要な資質に興味があります。新作では、ギャラリーの壮大な空間を、彫刻…

テート・モダン
Tate Modern(ロンドン)
美術館情報を見る
2019.07.03-
2019.10.27

「タキス」展

ギリシャ出身のアーティスト、タキス(1925-)は、20世紀もっとも革新的な芸術のいくつかを生み出しました。タキスの作品は、電磁界の本質的な詩と美しさを追求しています。イギリスでこれまでに開催…

ヴィクトリア&アルバート博物館
Victoria and Albert Museum(ロンドン)
美術館情報を見る
2019.04.06-
2020.02.16

「マリー・クヮント」展

イギリスのファッションデザイナー、マリー・クヮント(1934-)は、ミニスカートやホットパンツから、明るい色のタイツやメイクアップまで、いくつものファッション革命を起こしてきました。本展では本…

ウォレス・コレクション
The Wallace Collection(ロンドン)
美術館情報を見る
2019.06.10-
2019.10.27

「探求の精神:ウォレス・コレクションでのマノロ・ブラニク」展

マノロ・ブラニク(1942-)はイギリスのファッションデザイナーで、彼の名を冠したイギリス発の靴のブランドで有名です。本展は、彼のプライベート・コレクションを編集した現代的なファッション世界の…

ロイヤル・アカデミー・オブ・アーツ
Royal Academy of Arts(ロンドン)
美術館情報を見る
2019.07.20-
2019.10.27

「ヘレン・シャルフべック」展

フィンランドの国民的な象徴となっている画家、ヘレン・シャルフべック(1862-1946)は、才能に溢れ、さまざまな国へと旅行しており、若くして成功しました。本展では、60点以上の肖像画、風景、…

2019.06.30-
2019.09.29

「フェリックス・ヴァロットン:不穏の画家」展

スイス人アーティスト、フェリックス・ヴァロットン(1865-1925)は19世紀の西洋美術界の首都、パリに16歳でやってきます。ナビ派のグループと密接に関わるようになり、彼らの装飾的な絵画言語…

サーチ・ギャラリー
The Saatchi Gallery(ロンドン)
美術館情報を見る
サーペンタイン・ギャラリー
Serpentine Gallery(ロンドン)
美術館情報を見る
2019.05.23-
2019.10.20

「ルシータ・アルタード:私は生きて、死んで、生まれ変わるだろう」展

ベネズエラ出身で、現在はロサンゼルスを拠点に活動しているアーティスト、ルシータ・アルタード(1920-)による作品は、散発的にしか展示されてきませんでした。彼女はまた、詩人であり、生態学者、フ…

現代美術協会
Institute of Contemporary Arts(ロンドン)
美術館情報を見る
スコットランド国立美術館
National Galleries of Scotland(エジンバラ)
美術館情報を見る
  -
2019.10.27

「カット&ペースト:コラージュの400年」展

コラージュは20世紀の発明と言われていますが、本展では、400年以上の期間にわたって関連している作品、250点以上を展覧します。16世紀の解剖学的な「フラッププリント」からコンピューターベース…

コートールド美術館
Courtauld Gallery(ロンドン)
美術館情報を見る
ナショナル・ポートレート・ギャラリー
National Portrait Gallery(ロンドン)
美術館情報を見る
2019.06.13-
2019.10.20

「BPポートレート・アワード2019」展

世界でもっとも有名な肖像画のコンペティションである「BPポートレート・アワード2019」では、厳正な審査を通過したポートレイト絵画の作品が紹介されます。アーティストが作品に焦点を合わせてポート…

デザイン・ミュージアム
Design Museum(ロンドン)
美術館情報を見る
2019.09.11-
2020.02.09

「ビアズリー・デザイン・オブ・ザ・イヤー」展

優れたデザインに賞を与える「ビアズリー・デザイン・オブ・ザ・イヤー」は今年で12年目を迎えました。過去1年間のファッション、建築、デジタル、輸送、製品、グラフィックデザイン全体といった分野にお…

ページトップへ

フランス
ルーヴル美術館
Musée du Louvre(パリ)
美術館情報を見る
2019.10.24-
2020.07.29

「レオナルド・ダ・ヴィンチ」展

注意:本展入場には事前予約が必要です。パリ・ミュージアム・パスをお持ちの方は無料観覧が可能ですが、事前の入場予約は必要ですのでご注意ください。ご予約はルーヴル美術館公式ウェブサイトからお早めに…

2019.06.27-
2019.09.30

「アントワーヌ=ジャン・グロ(1771-1835) ルーヴルのデッサン」展

ジャック=ルイ・ダヴィッド(1748 – 1825)の最も有名な弟子の一人であり、ロマン主義の先駆者であるアントワーヌ=ジャン・グロ(1771-1835)。新たに刊行される出版物を記念して企画…

2018.06.27-
2019.09.30

「アントワーヌ=ジャン・グロ(1771-1835) ルーヴルのデッサン」展

ジャック=ルイ・ダヴィッド(1748 – 1825)の最も有名な弟子の一人であり、ロマン主義の先駆者であるアントワーヌ=ジャン・グロ(1771-1835)。新たに刊行される出版物を記念して企画…

ヴェルサイユ宮殿美術館
Château de Versailles(パリ)
美術館情報を見る
2019.04.29

「フランス王妃マリー・レクザンスカの美的趣味
」展

ポーランド王を父に持つ、ルイ15世の王妃マリー・レクザンスカのヴェルサイユ宮殿における美的趣味と文化的貢献に焦点を当てます。その生涯の42年間という長い時間をヴェルサイユ宮殿で過ごしたマリー・…

2018.10.06-
2019.09.24

「ルイ=フィリップとヴェルサイユ」展

1789年10月6日、ルイ16世とマリー=アントワネットおよび王家の人々が追放されてから、ヴェルサイユ宮殿は王の居住の地として使用されることは二度とありませんでした。1830年、7月革命により…

2019.04.15-
2019.07.21

没後300年記念:マントノン夫人 (1719-2019)

マントノン侯爵夫人の没後300年を記念して、ヴェルサイユ宮殿で初めて開催される展覧会です。1683年に太陽王ルイ14世の妻となり、波瀾万丈の人生を送った彼女にまつわる絵画や版画、デッサン、メダ…

2019.05.14-
2019.10.20

「ヴェルサイユ - 見えるもの/見えないもの」展

第12回目となる、ヴェルサイユ宮殿と現代アートのシリーズ展です。本展は、ドーヴ・アルッシュ、ナン・ゴールディン、マーティン・パー、エリック・ポワトヴァン、ヴィヴィアン・サッセンといった、国際的…

2018.06.12-
2018.09.16

「ジャン・コテル(1646-1708年)庭園と神々」展

現在では忘れ去られてしまった17世紀の画家ジャン・コテル。当時最も成功した画家の一人だったジャン・コテルは、ヴェルサイユ宮殿大トリアノンのグラン・ギャラリーの装飾を任せられており、その部屋には…

パリ市立近代美術館
Musée d'Art Moderne(パリ)
美術館情報を見る
2018.06.01-
2019.01.06

「ツァオ・ウーキー 空間、静寂」展

1948年に故郷中国を発ち、パリに移住した画家ツァオ・ウーキー(1920年-2013年)は、独特の「抽象画」スタイルでフランス絵画界で頭角を現しました。「風景画」と呼ばれるよりは「自然(画)」…

プティ・パレ美術館
Le Petit Palais(パリ)
美術館情報を見る
2019.10.15-
2020.01.26

「ヴィンチェンゾ・ジェミート ナポリ魂を持つ彫刻家」展

19世紀後半のイタリア美術において、強い個性を放つ彫刻家ヴィンチェンゾ・ジェミート。彫刻家、著名人の肖像画家、またナポリ市民の日常も描いた画家として活躍しました。生涯ナポリを愛し、唯一無二の技…

2019.10.12-
2020.01.19

「ヤン・ペイ=ミン クールベ 体と体」展

ギュスターヴ・クールベの生誕200年を記念し、中国出身の画家ヤン・ペイ=ミンを招聘展示します。本館は重要なクールベのコレクションを所有していることでも知られており、10点余りのクールベ作品と、…

オルセー美術館
Musée d'Orsay(パリ)
美術館情報を見る
2019.09.24-
2020.01.19

「オペラ座を描くドガ」展

印象派を代表する画家ドガにとって、「パリ・オペラ座」はその画業全体を通して常に重要なテーマの一つでした。ダンサーや音楽家、観客たちの姿を観察し、舞台や稽古場、桟敷席からフォワイエまでを探検して…

2019.06.18-
2019.09.22

「ベルト・モリゾ(1841-1895)」展

印象派の中心的人物でありながら、モネやドガと比べて、今日でもあまり知られていない画家ベルト・モリゾ。彼女がモデルとなって描かれた有名な作品も残されているが、本展はモリゾの画業における1860年…

2019.06.25-
2019.09.29

「愛することの恐怖 トレイシー・エミンが見つめるオルセー美術館」展

イギリスのアーティスト、トレイシー・エミンが選んだオルセー美術館所蔵のデッサンと、彼女自身によるデッサンを対話させるように展示します。本展のテーマは「愛」。我々が生きる上で、本質的かつ極めて複…

2019.10.01-
2020.01.12

「ヤン・ペイ=ミン:上海の埋葬」展

1980年の渡仏以来、フランスを主な拠点として活動する中国出身の画家ヤン・ペイ=ミン。フランスに到着した彼は、その足でギュスターヴ・クールベの地、オルナンに向かったといいます。本展では、リアリ…

オランジュリー美術館
Musée de l'Orangerie(パリ)
美術館情報を見る
2019.10.16-
2020.01.27

「フェリックス・フェネオン(1861-1944年) 新時代、スーラからマティスまで」展

19世紀後半から20世紀前半のフランス美術界において重要な足跡を残した人物、フェリックス・フェネオンの実像を探ります。スーラを発見し、「新印象派」を支持した美術批評家であり、前衛的な美術雑誌『…

クリュニー美術館
Musée de Cluny(パリ)
美術館情報を見る
2018.09.18-
2020.01.06

「神秘の小箱 『貴婦人と一角獣』の時代の版画作品を中心に」展

フランス国立図書館が所蔵する、15世紀末の版画作品を中心に、タピスリーやステンドグラス、小箱などの工芸品およそ100点を紹介します。貴重な品々を通して、中世の時代に育まれた高度な技術と豊かな想…

2019.10.24-
2020.01.20

「中世の刺繍」展

中世ヨーロッパで制作された絹糸や金糸、銀糸を用いた「刺繍」の世界を堪能できる展覧会です。繊細な表現を可能にした当時の職人の卓越した技術を紹介しながら、今日ではあまり知られていない、刺繍の多様性…

マルモッタン美術館
Musée Marmottan Monet(パリ)
美術館情報を見る
2019.09.12-
2020.01.26

「具象画家 モンドリアン」展

フランス国内外の美術館あるいはコレクターの協力を得て実現した「素朴派」の作品およそ100点を集めた展覧会。美術批評家でコレクターのヴィルヘルム・ウーデが「正規の美術教育を受けず、独学で絵画を習…

ポンピドゥ・センター
Centre Pompidou(パリ)
美術館情報を見る
2019.10.23-
2019.12.23

「コスモポリス#2」展

『コスモポリス』は、現代アーティストの滞在制作、またそれら長期間に渡る調査研究の結果を展示する、全く新しい実践的プラットフォームです。Cosmopolis#2は、都市と地方の関係性、文化、社会…

2019.09.11-
2020.01.20

「ベーコンの全て」展

マルセル・デュシャン、ルネ・マグリット、アンドレ・ドラン、アンリ・マティスといった20世紀の巨匠たちを読み解くシリーズに続くのは、画家フランシス・ベーコンです。フランスでは、1996年にポンピ…

2019.06.26-
2019.09.23

「松谷武判(まつたにさけさだ)」展

1937年に大阪に生まれ、1966年以降パリを拠点に活動するアーティスト、松谷武判(まつたにさけさだ)氏のフランスでは初めてとなる回顧展です。本展は作家本人からポンピドゥ・センターへ作品が寄贈…

ギメ東洋美術館
Musée Guimet(パリ)
美術館情報を見る
2019.06.19-
2019.10.07

「仏陀:黄金に彩られた伝説」展

仏教の開祖であり、悟りを開いた人、ゴータマ・シッダールタ(釈迦如来)に焦点をあてた展覧会です。アジアの様々な地方を出自とするシッダールタを表現した美術品を並べ、その類似点および相違点を探ります…

2019.07.10-
2019.10.14

「東海道を歩く」展

19世紀末のフランスの詩人で小説家、さらには中国学者ヴィクトル・セガレンが所蔵していた『東海道五十三次』の連作を紹介します。江戸時代の主要道路の一つで京都と江戸を結んだ「東海道」。宿場町の活気…

2019.07.10-
2019.10.14

中国の影 - ヴィクトル・セガレン」展

医師で詩人、民俗学、考古学の分野にも業績を残したヴィクトル・セガレン。本展は、セガレンの没後100周年を記念し、美術館の中国コレクション部門の中で開催される特別展です。セガレンにとって大きなイ…

コニャック=ジェイ美術館
Musée Cognacq-Jay(パリ)
美術館情報を見る
グルノーブル美術館
Musée de Grenoble(グルノーブル)
美術館情報を見る
2019.10.05-
2020.01.05

「ピカソ 暗黒のさなかに (1939-1945年)」展

展覧会はピカソの最も暗く、悲しい時期の作品にフォーカスします。1939年第二次世界大戦幕開けの数ヶ月前から、大戦終了の数ヶ月後まで、孤独と死の影に囚われた画家の作品を、数ヶ月単位で追います。世…

2019.06.26-
2019.11.24

「ピエール=アンドレ・ファルシーに捧ぐ」展

グルノーブル美術館の現代の姿を構築するに多大な功績を果たしたピエール=アンドレ・ファルシー(通称アンドリー=ファルシー)。画家、広告イラストレーター、そして学芸員として美術館の館長職に就くと、…

オルレアン美術館
Musée des Beaux-Arts d'Orléans(オルレアン)
美術館情報を見る
ナント美術館
Musée des Beaux-Arts de Nantes(ナント)
美術館情報を見る
2019.06.07

「アーティストの風味 画家の料理皿の中から」展

本展は、ナント美術館のコレクションから、食物に関連した主題を持つ作品を集め、常設展の中で開催される企画展です。画家は、食物を様々なシーンの中で描いてきました:肉、魚の処理、キッチンの内部や人々…

ナンシー美術館
Musée des Beaux-Arts de Nancy(ナンシー)
美術館情報を見る
2018.09.15

「ロレーヌ公爵宮殿(ロラン美術館)がやってくる!」展

ロラン美術館の改装工事に伴い、ロレーヌ公爵宮殿-ロラン美術館所蔵の23点の名品が、ナンシー美術館に一時寄託されています。ナンシー美術館のコレクションと並び、展示されるのは初の試みとなります。改…

2019.07.03-
2019.09.30

「調和」展

長年注力を注いだ現代アートコレクションが国際的に知られるギャラリー・エルヴェ・ビズの創設30周年を記念し、ナンシー美術館にて開催される展覧会です。ナンシー美術館のコレクションとエルヴェ・ビズの…

ディジョン美術館
Musée des Beaux-Arts de Dijon(ディジョン)
美術館情報を見る
ランス美術館
Musée des Beaux-Arts de Reims(ランス)
美術館情報を見る
グラン・パレ
Grand Palais(パリ)
美術館情報を見る
2019.10.16-
2020.02.10

「グレコ」展

クレタ島出身の画家、エル・グレコのフランスでは初めてとなる回顧展です。16世紀後半から17世紀初めに活動したグレコは、そのキャリアをヴェネツィアでスタートさせ、その後ローマを経てスペインに渡り…

2019.10.09-
2020.01.27

「トゥールーズ=ロートレック、果敢な現代人」展

1992年以来、27年振りの開催となったトゥールーズ=ロートレックの回顧展。「モンマルトルの文化」を鋭敏な感性で捉え、1890年代のパリを生きたフランス人画家の実像に迫る内容です。およそ200…

ルーヴル・ランス
Louvre Lens(ランス)
美術館情報を見る
2019.09.25-
2020.03.30

「カジミール・ゴロツキの「小ポーランド」:1924-1939年」展

ポーランド出身の写真家カジミール・ゴロツキは、1919年、ポーランドとフランスの間で交わされた「移民と移住に関する条約」以降、フランスへ移住した最も初期の頃のポーランド人労働者たちの一人でした…

2019.09.25-
2020.01.20

「1840- 1918年のポーランド 一国の魂を描く」展

1919年、フランス、ポーランド間で締結された「移民と移住に関する条約」から100年を記念し、ワルシャワ美術館の協力を得て開催される19世紀ポーランド絵画の特別展です。ロシア、オーストリア、プ…

ポンピドゥ・センター・メス
Centre Pompidou-Metz(メス)
美術館情報を見る
2019.06.08-
2020.01.13

「レベッカ・ホーン 変容の劇場」展

ドイツ出身のアーティスト、レベッカ・ホーン。60年代より、身体表現に関わる領域で自身の実践を展開し、「身体の拡張」といった概念を軸にさまざまな彫刻、インスタレーション、パフォーマンスを発表。現…

2019.06.22-
2020.01.27

「キング・コング オペラ『マクロプロス家の事件』(2007年)より」展

ポーランドのクリエイターにより制作された巨大なキング・コングが『オペラ世界』展の一角を飾ります。パリ・オペラ座で開演されたオペラ『マクロプロス家の事件』(2007年)にて使用されたもので、パリ…

2019.03.20-
2019.09.30

「李禹煥 生息する時間」展

韓国出身のアーティスト、李禹煥。1960年代後半から、最近の作品までを網羅する李の回顧展です。二本にて「もの派」の提唱者および実践者として活躍し、自身の絵画、彫刻への思索を深めました。その作品…

2019.06.22-
2020.01.27

「オペラ世界 総合芸術の追求」展

20世紀から21世紀にかけた視覚芸術とオペラの出会いに焦点を当てた展覧会です。劇場での演出を紹介するだけではなく、ワグナーの提唱した「総合芸術」の概念に、時に反発し、時に共鳴しながら、歌劇がい…

ナンシー派美術館
Musée de l'École de Nancy(ナンシー)
美術館情報を見る
ケ・ブランリージャック・シラク美術館
Musée du quai Branly - Jacques Chirac(パリ)
美術館情報を見る
2019.05.28-
2019.09.29

「フェリックス・フェネオン(1861-1944年):遠い地の芸術」展

アナーキスト、美術批評家、編集者、ギャラリーオーナー、コレクターといった多彩な顔を持つ、フェリックス・フェネオン。ジョルジュ・スーラ率いる新しい画家達を評し、19世紀末から20世紀前半における…

2019.02.20-
2019.10.27

「天国の宮殿:台湾における葬儀用紙製供物」展

葬儀に使用される際の供物は、中国圏の文化において重要なもののひとつです。食べ物や、日常生活の道具と一緒に死者を葬る習慣は、3000年以上前から存在していました。台湾では、それらが紙の供物として…

パレ・ド・トーキョー
Palais de Tokyo(パリ)
美術館情報を見る
2019.10.16-
2020.01.05

「未来、過去、逃亡者 ― フランスのアートシーン」展

本展の出品作家は、テクニック、媒体、そして立場や世代も様々です。彼、彼女らは、あらゆるカテゴリーやジャンル分けから逃れる道を模索し、それぞれの新しい表現言語の獲得を目指しているのです。本展の題…

フランス国立建築遺産博物館
Cité de l’Architecture & du Patrimoine(パリ)
美術館情報を見る
2019.05.29-
2019.09.30

「建築家がつくる家具 1960-2020」展

1960年代から現在に至るまで、建築家たちがどのように家具や照明器具をデザインしたのかを振り返る、ユニークかつ大規模な展覧会。120人以上の建築家が手掛けた、およそ300点の作品を一堂に展示し…

ルイ・ヴィトン財団美術館
Fondation Louis Vuitton(パリ)
美術館情報を見る
2019.09.11-
2020.01.20

「シャルロット・ペリアン」展

20世紀フランスを代表する建築家でデザイナー、シャルロット・ペリアン没後20年を機に開催される大規模な回顧展です。彼女の代表作とともに「社会における女性と自然の役割」について再考します。建築・…

リュクサンブール美術館
Musée du Luxembourg(France)
美術館情報を見る
2019.09.11-
2020.02.16

「イギリス絵画の黄金時代:レイノルズからターナーまで」展

テート・ブリテンが所蔵する18世紀後半から19世紀前半の「イギリス絵画」の名品が一同に会します。フランスでの公開は極めて珍しいレイノルズ、ゲインズバラ、ターナーの絵画作品を展示し、イギリス美術…

マイヨール美術館
Musée Maillol(パリ)
美術館情報を見る
2019.09.11-
2020.01.19

「素朴派の巨匠たち、税関吏ルソーからセラフィーヌまで」展

フランス国内外の美術館あるいはコレクターの協力を得て実現した「素朴派」の作品およそ100点を集めた展覧会。美術批評家でコレクターのヴィルヘルム・ウーデが「正規の美術教育を受けず、独学で絵画を習…

装飾芸術美術館
Musée des Arts décoratifs(パリ)
美術館情報を見る
2019.09.26-
2020.01.12

「モダン・マハラジャ 1930年代のインドのメセナ

インド、ホールカル家の当主(在位:1926年 - 1961年)及びインドール藩王国の君主ヤシュワント・ラーオ・ホールカル2世は、世界的に有名な文化的メセナです。1920年から30年代にかけて、…

ピカソ美術館(パリ)
Musée national Picasso-Paris(パリ)
美術館情報を見る
2019.10.01-
2020.02.23

「ピカソ 魔法のペインティング」展

1926年夏から1930年の春にかけてパブロ・ピカソが描いた一連の作品を、批評家のクリスチャン・ゼルヴォスは「魔法のペインティング」と評しました。奇妙な形が描かれたこれらの作品で、ピカソは新た…

2019.06.04-
2019.10.06

「ピカソ、骨の髄まで地中海人」展

地中海沿岸地域に深い繋がりを築き、大量の作品を生み出し、そして南フランスで生涯を閉じたピカソ。生まれたスペインの港町から、最後の時を過ごした南フランスのアンティーブ、ヴァロリス、カンヌまで、地…

ボナール美術館(ル・カネ)
Musée Bonnard(ル・カネ)
美術館情報を見る
シャンティイ城 - コンデ美術館
Domaine de Chantilly(シャンティイ)
美術館情報を見る

ページトップへ

ドイツ
ベルリン美術館
Staatliche Museen zu Berlin(ベルリン)
美術館情報を見る
2019.08.24-
2019.12.01

「コネクティング・アフロ・フューチャーズ。ファッション×ヘアー×デザイン」展(ベルリン工芸美術館)

物語を繰り返すファッションは、それ自体を制御するシステムであり、社会変化のペースメーカーであると考えられています。アフリカ生まれのデザイナーの中でも革新的な世代は、(新)植民地時代のパラダイム…

ハンブルガー・バーンホフ現代美術館
Hamburger Bahnhof, Museum für Gegenwart(ベルリン)
美術館情報を見る
2019.08.16-
2020.02.16

「ナショナル・ギャラリー賞2019」展

今回で10回目となるナショナル・ギャラリー賞は、ドイツに拠点をおいて活動をしている40歳未満のアーティスト4名が賞にノミネートされ、最終候補者の展覧会において発表されます。70のノミネートの中…

シュテーデル美術館
Städel Museum(フランクフルト)
美術館情報を見る
2019.06.26-
2019.10.13

「素材のミステリー」展

木材はドイツ表現主義の芸術に密接に関係しています。その不均一性と木目、異なる色相、硬度がアーティストたちにとっては魅力でした。本展では、エルンスト・ルートヴィヒ・キルヒナー、エーリッヒ・ヘッケ…

レンバッハハウス美術館
Städtische Galerie im Lenbachhaus(ミュンヘン)
美術館情報を見る
  

常設コレクション展

開催中のコレクション展は「1945年以降の美術」「19世紀の美術」「ヨーゼフ・ボイス」「青騎士」の4つのセクションに分けられています。クレーやカンディンスキーのほか、2013年5月、建築家ノー…

ノイエ・ピナコテーク
Neue Pinakothek(ミュンヘン)
美術館情報を見る
ドレスデン美術館
Staatliche Kunstsammlungen Dresden(ドレスデン)
美術館情報を見る
アルテ・ピナコテーク
Alte Pinakothek(ミュンヘン)
美術館情報を見る
2018.05.19-
2019.10.03

「キングクラス IV:ヘレンキームゼー城の現代美術 ダン・フレイヴィンからヴォルフガング・ライプまで」展

アルテ・ピナコテーク所蔵の現代美術作品を紹介する本展は、ルードヴィヒ2世が建造したヘレンキームゼー宮殿で開催されます。ヴォルフガング・ライプ、ダン・フレイヴィン、アーノルフ・ライナーの作品のた…

2019.07.25-
2020.07.24

「ゴヤからマネへーアルテ・ピナコテークの19世紀」展

美術館や展示スペースとして40年ものあいだ、使用され続け的あノイエ・ピナコテークは、ここ数年間大規模な改修のために閉館していました。その間にコレクションから選ばれた19世紀の絵画と彫刻の主要作…

カールスルーエ・アート・アンド・メディア・センター
Zentrum für Kunst und Medientechnologie in Karlsruhe(バーデン=ヴュルテンベルク)
美術館情報を見る
2019.06.29-
2019.10.27

「Edge of Now」展

「Three Rooms」は、韓国・龍仁のナム・ジュン・パイク・アートセンター、中国・上海のクロナス・アートセンター、ZKMの3館が共同で若いメディア・アーティストを支援するプロジェクトです。…

ルートヴィヒ美術館
Museum Ludwig(ケルン)
美術館情報を見る
2019.07.13-
2019.09.29

「家族の絆:シュレーダー寄贈」展

1990年代、ケルンで新しいアートシーンが形成され始めたころ、アレクサンダー・シュレーダーはこれらの動きをベルリンから追いかけました。そして自身のギャラリーを設立すると同時に、1990年代と2…

ページトップへ

スイス
ベルン美術館
Kunstmuseum Bern(ベルン)
美術館情報を見る
2019.06.18-
2019.10.20

「月の光:月のイメージの版画とドローイングのコレクション」展

アポロ11号は50年前に月面に着陸しました。そしてそれは夢と空想のはじまりでした。しかし私たちを魅了する月の力は弱まり続けています。本展では、さまざまな時代からの月の絵に焦点を当てています。太…

パウル・クレー・センター
Zentrum Paul Klee(ベルン)
美術館情報を見る
2019.08.23-
2020.05.24

「笑いと涙を越えて。クレー、チャップリン、ソンデレッガー」展

クレーの初期作品には、友人であるスイス人アーティストで漫画家のジャック・エルンスト・ソンデレッガーから大きな刺激を受けたことが反映されています。彼らの共通点は、ユーモアが人間の鍵であり、風刺が…

チューリヒ美術館
Kunsthaus Zürich(チューリヒ)
美術館情報を見る
  -
2019.09.22

「HOUR ZERO:1933年から1955年の芸術」展

ファシズムと第二次世界大戦によってできた歴史的な亀裂に、芸術家たちはどのように反応したのでしょうか。この時代の芸術は劇的な変化と大規模なコンストラストによって特徴づけられます。戦闘が終わりを迎…

バーゼル市立美術館
Basler Kunstmuseum(バーゼル)
美術館情報を見る
アール・ブリュット・コレクション
Collection de L'Art Brut Lausanne(ローザンヌ)
美術館情報を見る
2019.06.28-
2019.09.22

「アール・ブリュットXXL」展

当館はエレベーターの設置を伴う改修工事のため、9月19日まで閉館しております。この期間を利用して、シャトー・ボリウ公園で、世界中から収集したアウトサイダー・アートの「環境」に関する大規模な写真…

ページトップへ

イタリア
国立21世紀美術館(MAXXI)
MAXXI Museo nazionale delle arti del XXI secolo(ローマ)
美術館情報を見る
2019.07.02-
2019.12.31

「アルベルト・ガルッティ:AI NATI OGGI」展

ローマのポポロ広場に設置されたアルベルト・ガルッティ(1948-)によるパブリック・アート・プロジェクトは、広場の街灯と産科病棟が結び付けられており、光が脈動するたびに、赤ちゃんが生まれたこと…

2019.06.19-
2020.01.12

「マリア・ライ。手で太陽を持つこと」展

現代イタリア美術でもっとも特異なアーティストのひとり、マリア・ライ(1919-2013)の生誕100周年を記念して、大規模な個展を開催します。最新のリレーショナル・アート研究に先立って、敏感で…

ウフィツィ美術館
Galleria degli Uffizi(フィレンツェ)
美術館情報を見る
ピッティ宮殿パラティーナ美術館|
Galleria Palatina, Palazzo Pitti(フィレンツェ)
美術館情報を見る
アカデミア美術館(フィレンツェ)
Galleria dell'Accademia, Firenze(フィレンツェ)
美術館情報を見る
アカデミア美術館(ヴェネツィア)
Galleria dell'Accademia, Venice(ヴェネツィア)
美術館情報を見る
カ・ドーロ宮殿博物館
Galleria Giorgio Franchetti Alla Ca' D'oro(ヴェネツィア)
美術館情報を見る
2019.05.08-
2019.11.24

「DYSFUNCTIONAL」展

カーペンターズ・ワークショップ・ギャラリーと共同で、ヴェネツィアビエンナーレの期間にあわせて開催される本展では、過去と現代の芸術、建築およびデザインの境界を探求します。カーペンターズ・ワークシ…

カピトリーニ美術館
Musei Capitolini(ローマ)
美術館情報を見る
2019.06.07-
2020.01.26

「再発見された芸術:私たちの文化遺産の回復と保存に対するカラビニエリの責任」展

文化保護のための国家憲兵カラビニエリ司令部の設立50周年を記念した展覧会です。TPCとヨーロッパ観光センターの長きにわたるコラボレーションから生まれた本展は、紀元前8世紀から現代までの考古学的…

2019.07.19-
2019.11.03

「ルカ・シニョレッリとローマ:忘却と再発見」展

ルカ・シニョレッリ(1450-1523)はルネサンス期のイタリアの画家ですが、次の世代の二人の巨人、ミケランジェロ(1475-1564)とラファエロ(1483-1520)の登場によってその存在…

サンマルコ美術館
Museum of San Marco(フィレンツェ)
美術館情報を見る
ポルティ・ペッツォーリ美術館
Museo Poldi Pezzoli(ミラノ)
美術館情報を見る
2019.06.13-
2019.10.07

「エジプトのクリスチャンからのイメージとシンボル」展

1888年よりはじめられ、豊かになったコプトの織物のコレクションを公開します。コプト芸術とは、ファラオの地がローマ帝国の最大の州だったときのキリスト教最初の正規のエジブトの生産物を意味します。…

ページトップへ

バチカン市国
バチカン美術館
Vatican Museums
美術館情報を見る

ページトップへ

スペイン
プラド美術館
Museo Nacional del Prado(マドリッド)
美術館情報を見る
2019.06.25-
2019.09.29

「ベラスケス、レンブラント、フェルメール。パラレル・ヴィジョン」展

ヨーロッパのさまざまな地域で生み出された芸術は長らくそれぞれに異なっているということです。例えばベラスケスは「非常にスペイン的」、レンブラントは「非常にオランダ的」であるというように。しかし、…

バルセロナ現代美術館
Museu d'Art Contemporani de Barcelona(バルセロナ)
美術館情報を見る
2019.04.12-
2019.09.24

「クリスチャン・マークレー:コンポジションズ」展

現在ロンドンを拠点に活動しているスイス系アメリカ人アーティスト、クリスチャン・マークレー(1955-)は、音と視覚の関係に焦点を合わせ、音が視覚的に表現される方法を模索してきました。スペインで…

カタルーニャ美術館
Museo Nacional de Arte de Cataluña(バルセロナ)
美術館情報を見る
2019.06.21-
2019.09.29

「エル・ヴィボラ。カウンター・カルチャーのコミック」展

1980年代と1990年代の世代に大きな影響を与えた神話的なコミック雑誌”エル・ヴィボラ(ザ・ヴァイパー”)が発刊されて40周年を記念した展覧会です。雑誌のもっとも初期にあたる1960年代のバ…

2019.05.31-
2019.09.29

「アントニ・ファブレス」展

バルセロナ出身の彫刻家で画家の、アントニ・ファブレス・イ・コスタ(1854-1938)の作品に焦点をあてた展覧会です。1880年代、90年代に多くの芸術家が描いたオリエンタリズムや銃士、剣士と…

ビルバオ・グッゲンハイム美術館
Museo Guggenheim Bilbao(ビルバオ)
美術館情報を見る
2019.04.12-
2019.10.06

「過去への視線:ジョルジョ・モランディと巨匠たち」展

20世紀もっとも革新的な静物画家のひとりであるジョルジョ・モランディ(1890-1964)の作品は、見せかけの単純さと主観的な現実の描写で見るものを魅了し続けています。本展では、モランディが高…

国立ソフィア王妃美術センター
Museo National Centro de Arte Reina Sofia(マドリッド)
美術館情報を見る
2019.07.29-
2020.03.02

「サラ・ラモ:lindalocaviejabruja」展

ブラジル・サンパウロを拠点に活動しているスペイン系ブラジル人アーティストのサラ・ラモ(1975-)は同世代のアーティストたちのなかでもっとも国際的に有名なアーティストの一人です。映像、インスタ…

ティッセン=ボルネミッサ美術館
Museo Thyssen-Bornemisza(マドリッド)
美術館情報を見る
2019.06.18-
2019.09.22

「バレンシアガとスペイン絵画」展

20世紀もっとも賞賛され、影響力のあるスペインのファッションデザイナー、クリストバル・バレンシアガ(1895-1972)は、常にスペインの芸術や歴史を研究し、自らの作品の中で繰り返し触れてきま…

バレンシア現代芸術院
Institut Valencia d'Art Modern(バレンシア)
美術館情報を見る
2019.06.06-
2019.10.13

「スサナ・ソラーノ:Acta」展

スペイン・バルセロナ出身のアーティスト、スサナ・ソラーノ(1946-)の回顧展は、1999年以来です。スペインの彫刻において新しい実践が試みられていることを理解するには、彼女は非常に重要なアー…

ピカソ美術館
Mseu Picasso(バルセロナ)
美術館情報を見る
2019.06.07-
2019.09.24

「父の名の下に」展

本展は、パブロ・ピカソの芸術的で重要な遺産を異なる視点から探ります。現代のアーティストとピカソの作品と姿の研究が参考資料として展示されます。ピカソとのつながりを浮き彫りにしたさまざまなアーティ…

2019.06.07-
2019.09.24

「ピカソ、写真家のまなざし」展

ピカソは写真と写真家とのあいだに、常に複雑で強い関係を持っていました。ある夏にレポーターを演じた時から、アイコンとしての彼自身のイメージの利用、感動的で遊び心のある自画像まで、ピカソのあらゆる…

ページトップへ

オランダ
アムステルダム国立美術館
Rijksmuseum Amsterdam(アムステルダム)
美術館情報を見る
2019.07.03-
2019.09.22

「12× アーウィン・オーラフ」展

オランダのアーティスト、アーウィン・オーラフ(1959-)にとって、レンブラント、ステーン、ブライトナーといったオランダのアーティストたちの作品が、幼い頃からインスピレーションの大きな源となっ…

アムステルダム市立美術館
Stedelijk Museum Amsterdam(アムステルダム)
美術館情報を見る
2019.06.22-
2018.09.29

「ステファニ・フェミソン:新作映像」展

ニューヨークを拠点に活動しているアーティスト、ステファニ・フェミソン(1981-)による映像作品を公開します。”Sensus Plenior”(2017)と”Similitude”(2019)…

ゴッホ美術館
Van Gogh Museum(アムステルダム)
美術館情報を見る
デン・ハーグ市美術館
Gemeentemuseum Den Haag(デン・ハーグ)
美術館情報を見る
2019.06.15-
2019.09.22

「ピエール・ボナール寄贈」展

フランスの画家、ピエール・ボナール(1867-1947)によって1924年に描かれた作品「食器棚の上の果物かご」が、この春民間のコレクターによって当館に寄贈されました。ボナールは、見えるものは…

2019.07.06-
2019.11.10

「ベン・アッカーマン」展

オランダの画家、ベン・アッカーマン(1920-2010)は、エンスヘーデの地方自治体で財務管理者として働きながら、自由な時間に自宅で絵を描いてました。エンスヘーデ周辺の風景に魅了され、表現豊か…

マウリッツハウス王立美術館
Koninklijk Kabinet van Schilderijen Mauritshuis(デン・ハーグ)
美術館情報を見る
クレラー・ミュラー美術館
Kröller Müller Museum(オッテルロー)
美術館情報を見る
ユトレヒト中央博物館
Centraal Museum Utrecht(ユトレヒト)
美術館情報を見る
2019.07.13-
2019.10.27

「デュラン・ランティンク:オールド・ストック」展

オランダのファッション・デザイナー、デュラン・ランティンク(1986-)は、2018年にアメリカのパフォーミング・アーティスト、ジャネール・モネイのためにデザインした「性器パンツ」で有名になり…

テイラー博物館
Teylers Museum(ハールレム)
美術館情報を見る
2019.09.07-
2020.01.05

「19世紀に成長すること」展

19世紀のはじめ頃は、子どもたちはまだ小さな大人とみなされていました。有名な画家たちはそれを実際に作品で表現しました。一部はのちに、ジャン=ジャック・ルソーの著書「エミール、または教育について…

ボイマンス・ファン・ベーニンゲン美術館
Museum Boijmans Van Beuningen(ロッテルダム)
美術館情報を見る
フランス・ハルス美術館
Frans Hals Museum(ハーレム)
美術館情報を見る
2019.06.29-
2019.11.03

「巨匠!イスラエルスからアルマンド」展

オランダのアーティストたちは伝統的に絵画の巨匠であり、その代表のひとりがフランス・ハルスです。本展は、イサーク・イスラエルやテレーズ・シュバルツェのオランダ印象派からはじまり、アルマンドなどの…

エッシャー美術館
Escher In Het Paleis(デン・ハーグ)
美術館情報を見る
2019.09.15-
2019.10.29

「エマ、現代君主制の母」展

オランダ王ウィレム3世が1890年に病気で亡くなったとき、後継者のウィルへルミナはまだ未成年でした。彼女が成長するまでの8年間摂政として活躍したのが、エマ・ファン・ヴァルデック・ピルモントです…

フェルメール・センター
Vermeer Centrum Delft(デルフト)
美術館情報を見る

ページトップへ

ベルギー
ベルギー王立美術館
Musées royaux des beaux-arts de Belgique(ブリュッセル)
美術館情報を見る
アントワープ王立美術館
Koninklijk Museum voor Schone Kunsten(アントワープ)
美術館情報を見る
ゲント美術館
Museum voor Schone Kunsten Gent(ゲント)
美術館情報を見る
2017.10.21-
2019.12.31

「ボッシュからチュイマンへ:重要な物語」展

本館はは、2017年秋に常設展示のプレゼンテーションを改訂しました。2002年から2007年にかけての美術館の建物の改装と2007年の再オープンから10年が経ちました。 私たちの永久的なコレク…

グルーニング美術館
Groeningemuseum(ブルージュ)
美術館情報を見る
リエージュ近代美術館
Le Musée d'Art moderne et d'Art contemporain de la Ville de Liège(リエージュ)
美術館情報を見る
世紀末美術館
Musée Fin-de-Siècle Museum(ブリュッセル)
美術館情報を見る
  -
2020.03.16

「ブリューゲル:まだ見ぬ名作」展

16世紀から17世紀にかけて活躍した画家、ブリューゲルの展覧会です。彼の絵画は世界中で即座に認識されるほど有名性を持ち合わせていますが、すべてのコンポジションでは、驚くべき事実ことや他の人に馴…

オルタ美術館
Horta Museum(ブリュッセル)
美術館情報を見る
聖バーフ大聖堂
Saint-Bravo's Cathedral(ゲント)
美術館情報を見る
ベルギー漫画センター
Comics Art Museum Brussels(ブリュッセル)
美術館情報を見る
2019.06.11-
2019.11.24

「サインしたグリフォー:脚本家たちのためのイラストレーション」展

アントワープの王立美術アカデミーを卒業したグリフォーは、タンタン誌での仕事をきっかけに、より広い世界へと活動の幅を広げました。1980年代初頭に、フランスのイラストレーターに触発された彼は、自…

ページトップへ

オーストリア
オーストリア絵画館
Museum und Schloss Belvedere Österreich(ウィーン)
美術館情報を見る
2019.06.28-
2019.10.27

「モニカ・ボンヴィチーニ:怒りを隠せない」展(ベルヴェデーレ21)

1990年代半ば以降、モニカ。ボンヴィチーニ(1965-)は、政治的、社会的、制度的な状況とそれらが社会に与える影響、そして芸術的生産の状況に及ぼす影響を調べてきました。彼女の作品は、直接的で…

ウィーン美術史美術館
Kunsthistorisches Museum, Wien(ウィーン)
美術館情報を見る
2019.07.10-
2019.10.20

「ヤン・ファン・エイク:Als Ich Can」展

フィリップ・ザ・グッド・ブルゴーニュ公(1396-1467)が愛した宮廷画家、ヤン・ファン・エイク(1390-1441)は、油絵の具の鮮やかな色彩を使って自然主義とリアリズムを華麗に組み合わせ…

リヒテンシュタイン美術館
Palais Liechtenstein(ウィーン)
美術館情報を見る
セセッション館
Secessionsgebäude(ウィーン)
美術館情報を見る

ページトップへ

チェコ
プラハ国立美術館
National Gallery in Prague(プラハ)
美術館情報を見る
2019.06.29-
2019.10.13

「フランス印象派:オードロップゴー美術館のコレクションからの傑作」展

印象派のアーティストたちにとって、屋外で描くことや自然や街から得る個人的な経験が重要でした。本展では、デンマークのオードロップゴー美術館の所蔵するフランス美術のユニークなコレクションから、モネ…

チェコ国立プラハ美術工芸博物館
Museum of Decorative Arts in Prague(プラハ)
美術館情報を見る
2019.06.20-
2019.09.22

「リターニング・アイデンティティ」展

ボヘミアとモラビアの保護区の設立、第二次世界大戦の勃発、保護区でのニュルンベルク法の導入から80周年を記念して、戦時中に没収され、ドキュメンテーションセンターによって検証された数千の遺品のうち…

ページトップへ

ポーランド
ワルシャワ国立美術館
Muzeum Narodowe w Warszawie(ワルシャワ)
美術館情報を見る
チャルトリスキ美術館
Muzeum Książąt Czartoryskich(クラクフ)
美術館情報を見る
2019.07.02-
2020.04.13

「ジョゼフ・チャプスキ:絵画、ドローイング、日記」展

ジョゼフ・チャプスキ(1896-1993)は、ポーランドのアーティスト、作家、批評家であり、ポーランド軍の将校でした。本展は、彼の絵画、ドローイング、日記のもっとも完成されたプレゼンテーション…

ページトップへ

ノルウェー
オスロ国立美術館
Nasjonalmuseet for kunst, arkitektur og design(オスロ)
美術館情報を見る

ページトップへ

スウェーデン
スウェーデン国立美術館
Nationalmuseum(ストックホルム)
美術館情報を見る
2019.07.02-
2019.10.13

「カール・ラーションとそのイラストレーション」展

カール・ラーション(1858-1919)は、スウェーデンでもっとも人気のあるアーティストのひとりです。彼の死から100年を機に、本展では、本
や雑誌のラストレーターとしてのラーションの仕事を…

2019.03.14-
2019.09.22

「フィン・ユール:建築家具デザイナー」展

20世紀もっとも影響力のあったデンマークの建築家で家具デザイナーのフィン・ユール(1912-1989)のデザインは、細部への完璧なこだわり、素材に対する直感的な感覚、そして建築や素材の組み合わ…

ストックホルム近代美術館
Moderna museet(ストックホルム)
美術館情報を見る
イェーテボリ美術館
Göteborgs konstmuseum(イェーテボリ)
美術館情報を見る
2019.04.17-
2019.09.22

「あなたを取り巻く世界」展

50年前、芸術は社会の変化に関わり、社会に批判的であり、関連があるとみなされるためには、政治的な立場を取らなければなりませんでした。また、それを達成することは多くのアーティストにとって明確な目…

ページトップへ

フィンランド
アテネウム美術館
Ateneum Art Museum(ヘルシンキ)
美術館情報を見る
  -
2020.12.31

「フィンランド美術の物語」展

本館は、国内最古かつ最大の美術コレクションを所有しています。 コレクション展では、あまり展示されていない芸術作品とともに、愛されている古典を紹介します。 それは新しい類似点を描き、長い間展示さ…

2019.06.14-
2019.10.06

「サイレント・ビューティー」展

東アジアの芸術は、北欧の美学にも影響されました。本展では、特に第二次世界大戦後の芸術において、北欧諸国と東アジアのシンプルな美学について探求します。200点以上の展示される出品作品には、洗練さ…

ヘルシンキ現代美術館
Kiasma(ヘルシンキ)
美術館情報を見る
2019.01.01-
2019.12.31

「Here You Are」展

本館の2019年のプログラムのテーマは、贈り物、分かち合い、おもてなし、そして出会いのアイデアを模索する展覧会や公演を年間を通じて演出することです。本館では、視聴者に芸術を作り、喜びとインスピ…

デザイン博物館ヘルシンキ
Design Museum(ヘルシンキ)
美術館情報を見る
2017.02.04-
2019.12.31

「ユートピア・ナウ:フィンランド・デザインの物語」展

フィンランド独立から100周年を迎える2017年、デザイン博物館のコレクション展がリニューアル・オープンしました。5つのテーマに沿ういきいきとした物語を通して、フィンランドのデザイン史について…

ページトップへ

デンマーク
コペンハーゲン国立美術館
Statens Museum for Kunst(コペンハーゲン)
美術館情報を見る
2019.08.24-
2019.12.08

「デンマークの黄金時代ー大惨事の間のワールド・クラスの芸術」展

戦争、火災、国家破産を経て、デンマークの芸術の中でももっとも愛されている時期のひとつが生まれました。本展では、芸術と文化のもっとも創造的な時期のひとつがどのように生まれるかに注目すると同時に、…

ルイジアナ近代美術館
Louisiana Museum of Modern Art(フムレベック)
美術館情報を見る
2019.06.27-
2019.09.22

「ホームレス・ソウルズ」展

本展は、紛争の激しい時代について語っている優れたアーティストたちの芸術的な声を世界中から集めました。イラン、イラク、ナイジェリア、アルジェリア、コソボなど、多様な国から集まった個人的な物語、集…

2019.03.01-
2019.09.22

「ピピロッティ・リスト:Åbn min lysning (Open My Glade)」展

スイス人アーティスト、ピピロッティ・リスト(1962-)は1980年代半ば以降、絶えず進化する映像技術の可能性や規則、限界を探求し、挑戦し続けてきました。彼女の映像作品は映像であるだけではなく…

ニイ・カールスベルグ・グリプトテク美術館
Ny Carlsberg Glyptotek(コペンハーゲン)
美術館情報を見る
2019.06.07-
2019.09.22

「ピエール・ボナール。記憶の色彩」展

フランスの画家ピエール・ボナール(1867-1947)は豊かな色彩を使うことで知られています。静かな日常の出来事を描きますが、それらのシーンは本人が見たものの直接的な翻訳であることは滅多にあり…

ページトップへ

ロシア
プーシキン美術館
The Pushkin State Museum of Fine Arts(モスクワ)
美術館情報を見る
ロシア美術館
State Russian Museum(サンクトペテルブルク)
美術館情報を見る
2019.08.29-
2019.11.11

「ボリス・ルーリー。アメリカの不適合者」展(ストロガノフ宮殿)

1924年にレニングラードで生まれたボリス・ルーリー(1924-2008)は、ナチスの強制収容所を生き延びた後、ニューヨークの前衛的な芸術サークルに参加しました。彼は、他のアーティストと協力し…

エルミタージュ美術館
The State Hermitage Museum(サンクトペテルブルク)
美術館情報を見る
2019.06.21-
2019.10.06

「モロゾフ兄弟。偉大なるロシアのコレクター」展

20世紀初頭、モロゾフ家とシチューキン家は、モスクワの文化生活に多大な影響を与えました。コレクターという彼らの活動のおかげで、「芸術の守護者」が現れました。また、彼らは現代のフランスのアーティ…

2019.06.26-
2019.10.13

「忘れられたロシアのパトロン。カウント・パーヴェル・セルゲーヴィチ・ストロガノフのコレクション」展

カウント・パーヴェル・セルゲーヴィチ・ストロガノフ(1823-1911)はいくつかの場所に点在しており、その起源については忘れられていました。1919年に作品の一部がストロガノフ宮殿に移され、…

ページトップへ

ハンガリー
ハンガリー国立美術館
Magyar Nemzeti Galéria(ブダペスト)
美術館情報を見る
2019.06.28-
2019.10.20

「ダリからマグリットまでのシュールレアリスとの運動:1929年の危機と再生」展

1929年、パリのアートシーンにカタルーニャのサリバドール・ダリが現れ、シュールレアリストのグループで主役を演じたのは注目すべき瞬間でした。また、その年は、ルイス・ブニュエルが「アンダルシアの…

ルートヴィヒ・ミュージアム現代美術館
Ludwig Múzeum(ブダペスト)
美術館情報を見る

ページトップへ

ルクセンブルグ
ルクセンブルグ国立歴史・美術博物館
Musée National D'historie et D'art Luxembourg(ルクセンブルグ)
美術館情報を見る
2017.11.10-
2019.10.01

「ドラマと愛情:フランドル、スペイン、イタリアのバロック・アート」展

2019年にリニューアル・オープンするベルギーのアントワープ王立美術館より特別にローンされたバロックのアートを当館のコレクション作品とあわせてご覧いただける展覧会です。ルーベンスやヴァン・ダイ…

2017.06.29

「都市の考古学」展

ルクセンブルグにおいて中世から現代に至るまでに発掘調査によって発見された250点の事物から、都市周辺を空想散歩へと誘う展覧会です。都市の壁付近から始まり、城、宮殿、修道院、教会など、街の中心に…

ページトップへ