世界の美術館データベース

ヨーロッパ

イギリス
大英博物館
British Museum(ロンドン)
美術館情報を見る
2019.10.10-
2020.01.26

「Inspired by the east:イスラム世界が西洋美術に与えた影響」展

本展では、東洋と西洋の文化的、芸術的な相互作用の歴史を可視化して、イスラム世界が何世紀にもわたって西洋美術に与えた影響を明らかにします。陶芸、写真、ガラス、ジュエリー、衣服、現代美術といった多…

2019.11.21-
2020.03.08

「トロイ:神話と現実」展

絶世の美女王妃ヘレネの誘拐をめぐる10年間の戦争に巻き込まれた大都市の物語は、非常に悲劇的です。しかしこの魅力は、失われた都市を探求する冒険家や考古学者を生み出しました。なぜトロイ戦争に参加し…

ナショナル・ギャラリー、ロンドン
The National Gallery, London(ロンドン)
美術館情報を見る
2019.11.27-
2020.03.01

「ヤング・ボンバーグとオールドマスターズ」展

1994年、第一次世界大戦開戦時に開催された、イギリスの画家デビッド・ボンバーグ(1890-1957)による最初の個展から1世紀が過ぎました。本展では、ボッティチェッリからミケランジェロまで、…

  -
2020.01.26

「レオナルド・ダ・ヴィンチの名作を体験する」展

レオナルド・ダ・ヴィンチの心を介して彼の傑作「岩の聖母」を探る展覧会です。ダ・ヴィンチの心、製作スタジオ、光と影の実験、空想のチャペルという4つのフェーズから、「岩の聖母」を読み解きます。

2019.10.07-
2020.01.26

「クレディ・スイス・エキシビジョン:ゴーギャン・ポートレイツ」展

フランスのアーティスト、ポール・ゴーギャン(1848-1903)の、初期からフランス領ポリネシアで過ごした晩年までの約50点の作品を振り返りながら、彼がどのように肖像画に革命を起こしたかをたど…

2020.02.22-
2020.03.31

「ニコラス・マース:黄金時代のオランダの巨匠」展

ニコラス・マースは、オランダのバロック時代の画家であり、レンブラントの最も才能のある生徒のひとりとしてキャリアをスタートさせました。レンブラントの影響が最も明確な歴聖書の絵画から、日常生活や肖…

テート・ブリテン
Tate Britain(ロンドン)
美術館情報を見る
2019.09.11-
2020.02.02

「ウィリアム・ブレイク」展

ウィリアム・ブレイクは、イギリスの芸術界で非常に象徴的な作品を残した画家、版画家、詩人でした。過激で反抗的な作風は、世界中のビジュアルアーティスト、ミュージシャン、詩人、パフォーマーにインスピ…

2019.09.20-
2020.02.23

「ソフィア・アル・マリア:BEAST TYPE SONG」展

本作は、ユムナ・マーワン、エリザベス・ピースと少年、そしてアル・マリア自身によるパフォーマンスによるものです。エテル・アドナンが1989年の戦争詩『アラブの黙示録』で想起したように、それぞれが…

2019.11.02-
2020.05.03

「スティーブ・マックイーン:3年生」展

スティーブ・マックイーンは、毎年3年生のロンドンの生徒を招待して、特別に訓練されたテートカメラマンのチームで写真を撮らせました。州の初等教育、独立学校、信仰学校、特別学校、生徒紹介ユニット、家…

テート・モダン
Tate Modern(ロンドン)
美術館情報を見る
2019.11.20-
2020.03.15

「ドラ・マール」展

本展はこれまでに開催されたなかで最も包括的なドラ・マールの回顧展です。1930年代、フランスの写真家のドラ・マールによる挑発的なフォトモンタージュは、シュルレアリスムの象徴のひとつでした。「異…

2019.10.02-
2020.04.05

「カラ・ウォーカー」展

カラ・ウォーカーは人種、ジェンダー、セクシュアリティ、バイオレンス、アイデンティティなどをテーマに活動を行うアメリカ人コンテンポラリーアーティストです。展示作品のひとつ、「Fons Ameri…

ヴィクトリア&アルバート博物館
Victoria and Albert Museum(ロンドン)
美術館情報を見る
2019.11.23-
2020.04.19

「車:現代世界の加速」展

130年の短い歴史の中で、この車は世界で最も愛され、争われ、影響力のある革新技術の1つになりました。 製造業に革命を起こし、私たちの生活を刷新し、都市、環境、経済を永久に変えました。自動車デザ…

2019.09.21-
2020.03.08

「ティム・ウォーカー:Wonderful Things」展

本展は写真家のティム・ウォーカーが作成した幻想的な世界への旅です。本館のコレクションの影響を受けた新しい10点の写真シリーズを含む、写真、映画、写真セット、特別なインスタレーションを通して、世…

2019.04.06-
2020.02.16

「マリー・クヮント」展

イギリスのファッションデザイナー、マリー・クヮント(1934-)は、ミニスカートやホットパンツから、明るい色のタイツやメイクアップまで、いくつものファッション革命を起こしてきました。本展では本…

ウォレス・コレクション
The Wallace Collection(ロンドン)
美術館情報を見る
2019.12.04-
2020.04.19

「忘れられた巨匠:東インド会社のインド絵画」展

本展は、著名な作家であり歴史家のウィリアム・ダリンプルによるキュレーションです。18世紀後半から19世紀にかけて東インド会社の役員から依頼されたインドの巨匠画家による英国初の作品展です。

ロイヤル・アカデミー・オブ・アーツ
Royal Academy of Arts(ロンドン)
美術館情報を見る
2019.10.27-
2020.01.26

「ルシアン・フロイト:自画像」展

ルシアン・フロイト一貫して自分自身を描いた数少ない20世紀のアーティストのひとりです。1939年に描かれた最初の肖像からその64年後の最後の肖像までを通して、彼の精神と画家として発展を辿ります…

2019.11.23-
2020.02.23

「Eco-Visionaries」展

建築家、芸術家、デザイナーたちは、今日の緊急した課題である生態学の問題対しどのように応じているのでしょうか。気候変動から種の絶滅や資源の枯渇まで、現代生活の有害な影響はかつてないほど明白です。…

2020.01.25-
2020.04.13

「ピカソと紙」展

ピカソは紙に絵を描くだけでなく、紙を引き裂き、燃やし、立体化していたのです。「ゲルニカ」のから4.8メートル幅のコラージュまで、この展覧会では、パブロ・ピカソのアーティストとしての80年のキャ…

2020.02.23-
2020.05.25

「レオン・スピリアート」展

レオン・スピリアートはベルギーの象徴主義の画家です。有名な自画像から北海沿岸の夢のようなシーンまで、本展ではスピリアートの幻想的な作品を紹介します。

サーチ・ギャラリー
The Saatchi Gallery(ロンドン)
美術館情報を見る
2019.11.02-
2020.03.03

「タタンカムン:黄金のファラオの宝物」展

発見100周年を記念して、エジプト史上最大のツタンカーメン王の宝物のコレクションが限定公開されます。ツタンカーメンの伝説は、1922年に彼の墓がイギリスの探検家ハワードカーターと金融家のカーナ…

サーペンタイン・ギャラリー
Serpentine Gallery(ロンドン)
美術館情報を見る
2019.11.08-
2020.02.09

「パトリック・スタッフ:ヴィーナスについて」展

パトリック・スタッフによる野心的な作品展です。OnVenusは、建築的介入、ビデオ、および 印刷します。強力で繊細な資料を展示します。多様で学際的な一連パトリック・スタッフの仕事は、規律、反対…

2019.10.02-
2020.02.02

「アルバート・オーレン」展

ドイツの現代アーティスト、アルバート・オーレンは、 抽象画、コラージュ、コンピューター生成の要素をキャンバス上にまとめることで、独創的で多様な彼は芸術的アプローチを続けています。表現主義の筆致…

現代美術協会
Institute of Contemporary Arts(ロンドン)
美術館情報を見る
2019.06.07-
2020.06.06

「花の形を種は知らない」展

リクリット・ティラワニは、料理、食事、読書などの日常的な活動を共有することで、社会的相互作用を優先して、伝統的な展示形式を覆す芸術家です。アートオブジェクトの優位性を拒否する環境を作成し、代わ…

スコットランド国立美術館
National Galleries of Scotland(エジンバラ)
美術館情報を見る
  -
2020.03.22

「BP Portrait Award 2019」展

BPポートレート賞は、世界で最も権威のあるポートレート絵画コンクールです。1等賞35,000ポンド、賞金総額74,000ポンドのこの賞は、ポートレートの製作を奨励することを目的としています。ス…

  -
2020.04.19

「ポーラ・レゴ:従順と反抗」展

政治を前面に出したポルトガル人アーティスト、ポーラ・レゴの野心的な回顧展です。1960年代から2012年までキャリアにまたがる作品は、アントニオ・デ・オリベイラ・サラザールのファシスト政権、ポ…

  -
2020.05.31

「ケイティ・パターソン、ダレン・アーモンド、ショーナ・マクノートン、ルーシー・レイヴン」展

本展はNOWシリーズの6回目、スコットランドのアーティスト、ケイティ・パターソンの作品に焦点を当てています。グラスゴーで生まれ、ロンドンのエジンバラ芸術大学とスレイド美術学校を卒業したパターソ…

  -
2020.02.20

「スコットランドの写真アルバム:MacKinnonコレクション」展

本展は、スコットランド国立美術館とスコットランド国立図書館によって近年収集された、スコットランドの古写真の比類のないコレクションを展示しています。コレクターのマレーマッキノンによって収集され、…

コートールド美術館
Courtauld Gallery(ロンドン)
美術館情報を見る
2020.01.14-
2020.03.17

「ルネッサンスフィレンツェの芸術と社会」展

ルネサンスの文化的中心地であったフローレンスの芸術は、西洋文化の最高峰のひとつです。本展では、フィレンツェの人々が尊敬する文化的英雄と、彼らが信仰した守護聖人を通して、都市で制作された芸術、そ…

ナショナル・ポートレート・ギャラリー
National Portrait Gallery(ロンドン)
美術館情報を見る
2019.11.07-
2020.02.16

「The Taylor Wessing Photographic Portrait Prize 2019」展

才能のある若い写真家、アマチュアを発掘しプロフェッショナルへと確立する本コンペティションの2019年度受賞作品を展示します。正式に委任された肖像画から友人や家族を捉えた自然な瞬間まで、作品の製…

2020.02.27-
2020.06.28

「デビッド・ホックニー:人生のドローイング」展

1950年代から現在までの画家としてのホックニー、そして彼自身と近しい間柄の人々に焦点を当てた展示です。彼のミューズ、セリア・バートウェル、母親であるローラ・ホックニー。友人であるキュレーター…

デザイン・ミュージアム
Design Museum(ロンドン)
美術館情報を見る
  -
2020.02.23

「火星への移動」展

本格的な火星の家に足を踏み入れて、手付かずの美しい風景に浸り、無駄のないクリーンなエネルギーを活用した文明について考え、次世代の地球にどのように役立つかを学ぶための展示です。会場ではNASA、…

  -
2020.02.02

「Sound in Mind:スズキユウリ」展

サウンドアーティストのスズキユウリは、彼の創造的な実践を示すインタラクティブな作品を展示しています。実験的な製品の設計から大規模なサウンドインスタレーションまで、さまざまな作品で構成されていま…

2019.09.11-
2020.02.09

「ビアズリー・デザイン・オブ・ザ・イヤー」展

優れたデザインに賞を与える「ビアズリー・デザイン・オブ・ザ・イヤー」は今年で12年目を迎えました。過去1年間のファッション、建築、デジタル、輸送、製品、グラフィックデザイン全体といった分野にお…

  -
2020.02.11

「Get Onboard:削減・再利用・再考」展

本展は、ロンドンを拠点とする設計事務所PriestmanGoodeによるプロジェクトです。長距離飛行でどれだけの廃棄物が発生するかについての思考することを目的としています。すべての乗客は、1キ…

ページトップへ

フランス
ルーヴル美術館
Musée du Louvre(パリ)
美術館情報を見る
2019.10.24-
2020.02.24

「レオナルド・ダ・ヴィンチ」展

注意:本展入場には事前予約が必要です。パリ・ミュージアム・パスをお持ちの方は無料観覧が可能ですが、事前の入場予約は必要ですのでご注意ください。ご予約はルーヴル美術館公式ウェブサイトからお早めに…

2019.09.25-
2020.06.29

「芸術家の人物像」展

ルネサンス期の芸術家たちは、それまでの「職人」という地位を捨てて、自らを「芸術家」と捉え、独立した存在として位置づけることを始めたとされます。本展は、レオナルド・ダ・ヴィンチやミケランジェロ、…

2019.11.07-
2020.02.10

「19世紀の将校、紳士、コレクター、オラス・ヒス・ド・ラ・サル」展

19世紀のコレクター、オラス・ヒス・ド・ラ・サル(1795 – 1878年)のデッサン・コレクションを中心に展示します。展示は、プッサン、ジェリコー、そしてプリュドンをはじめとする大画家および…

2019.05.25-
2020.02.24

「ジャン=ミシェル・オトニエル:ルーヴルのバラ」展

ジャン=ミシェル・オトニエルが制作した6枚の絵画によるインスタレーションがルーヴル美術館のピュジェの中庭に展示されています。本作に描かれたバラは、作家が美術館の展示作品の中から探し出した、ルー…

ヴェルサイユ宮殿美術館
Château de Versailles(パリ)
美術館情報を見る
2019.04.16

「フランス王妃マリー・レクザンスカの美的趣味
」展

ポーランド王を父に持つ、ルイ15世の王妃マリー・レクザンスカのヴェルサイユ宮殿における美的趣味と文化的貢献に焦点を当てます。その生涯の42年間という長い時間をヴェルサイユ宮殿で過ごしたマリー・…

2019.11.19-
2020.03.15

「ヴェルサイユリバイバル:1867 – 1937」展

フランス革命から100年目の「ベル・エポック」黎明期、アンシャン・レジームに対するリバイバルが起こりました。マルセル・プルースト、マン・レイやアンリ・ル・シダネルといった芸術家を筆頭に、ヴェル…

2019.11.19-
2020.03.15

「ヴェルサイユ リバイバル 1867 – 1937」展

フランス革命から100年目の「ベル・エポック」黎明期、アンシャン・レジームに対するリバイバルが起こりました。マルセル・プルースト、マン・レイやアンリ・ル・シダネルといった芸術家を筆頭に、ヴェル…

パリ市立近代美術館
Musée d'Art Moderne(パリ)
美術館情報を見る
2019.10.11-
2020.03.01

「ハンス・アルトゥング」展

抽象表現の先駆者として20世紀の美術史を彩るハンス・アルトゥングの1969年以来となる回顧展です。2017年に美術館によって新たに購入された4点の作品の収蔵を契機として、アルトゥング-ベルグマ…

2019.10.11-
2020.02.16

「あなた:ラファイエット・アンティシパシオンのコレクション」展

2005年から収集が開始され、彫刻、映像、パフォーマンスなど様々な媒体を含むラファイエット・アンティシパシオン・コレクションから50点余りの現代作家の作品を展示します。本コレクションが美術館に…

2019.10.11-
2020.09.30

「収蔵品でたどる『近代生活』」展

フランス国内外の美術館あるいはコレクターの協力を得て実現した「素朴派」の作品およそ100点を集めた展覧会。美術批評家でコレクターのヴィルヘルム・ウーデが「正規の美術教育を受けず、独学で絵画を習…

プティ・パレ美術館
Le Petit Palais(パリ)
美術館情報を見る
2019.10.15-
2020.01.26

「ヴィンチェンゾ・ジェミート ナポリ魂を持つ彫刻家」展

19世紀後半のイタリア美術において、強い個性を放つ彫刻家ヴィンチェンゾ・ジェミート。彫刻家、著名人の肖像画家、またナポリ市民の日常も描いた画家として活躍しました。生涯ナポリを愛し、唯一無二の技…

2019.11.14-
2020.02.23

「ルカ・ジョルダーノ、ナポリ派の勝利」展

17世紀ナポリ派の巨匠ルカ・ジョルダーノのフランスでは初めての回顧展です。ナポリ出身で、リベーラに師事したジョルダーノは、イタリア各地でフレスコ画の制作を行い、その名をヨーロッパ中に広めました…

オルセー美術館
Musée d'Orsay(パリ)
美術館情報を見る
2019.11.26-
2020.03.01

「ジョリス=カルル・ユイスマンスによる美術批評、ドガからグリューネヴァルトまで」展

『さかしま』で知られる、19世紀末のフランスで活動した作家ジョリス=カルル・ユイスマンスが美術批評の分野でも優れた功績を残したことは、現在ではほとんど知られていません。印象派のドガやオランダの…

2019.11.26-
2020.03.01

「ジョリス=カルル・ユイスマンスによる美術批評、ドガからグリューネヴァルトまで」展

『さかしま』で知られる、19世紀末のフランスで活動した作家ジョリス=カルル・ユイスマンスが美術批評の分野でも優れた功績を残したことは、現在ではほとんど知られていません。印象派のドガやオランダの…

オランジュリー美術館
Musée de l'Orangerie(パリ)
美術館情報を見る
2019.10.16-
2020.01.27

「フェリックス・フェネオン(1861-1944年) 新時代、スーラからマティスまで」展

19世紀後半から20世紀前半のフランス美術界において重要な足跡を残した人物、フェリックス・フェネオンの実像を探ります。スーラを発見し、「新印象派」を支持した美術批評家であり、前衛的な美術雑誌『…

2019.10.16-
2020.02.17

「トザーニ:反射と貫通」展

写真家パトリック・トザーニの「スプーン」シリーズ(1988~)によって、モネの『睡蓮』のモティーフおよび構成の分析を試みる展覧会です。トザーニは、70年代の前衛を受け継ぎ、1980年代より実験…

2019.10.16-
2020.02.17

「トザーニ 反射と貫通」展

写真家パトリック・トザーニの「スプーン」シリーズ(1988~)によって、モネの『睡蓮』のモティーフおよび構成の分析を試みる展覧会です。トザーニは、70年代の前衛を受け継ぎ、1980年代より実験…

クリュニー美術館
Musée de Cluny(パリ)
美術館情報を見る
マルモッタン美術館
Musée Marmottan Monet(パリ)
美術館情報を見る
2019.09.12-
2020.01.26

「具象画家 モンドリアン」展

19世紀末から20世紀前半に活動したオランダ出身の画家ピエト・モンドリアンは、「抽象絵画」の先駆者として広く知られています。芸術雑誌『デ・ステイル』創刊の主要メンバーで、「新造形主義」を唱えた…

2020.02.27-
2020.07.05

「セザンヌと巨匠たち、イタリアの夢」」展

「近代絵画の父」と言われるセザンヌの作品を初めて「イタリア美術」と関連付けて紹介する展覧会です。16世紀から19世紀にかけて主にイタリアで活動した画家たちの作品をセザンヌの風景画や静物画と一緒…

ポンピドゥ・センター
Centre Pompidou(パリ)
美術館情報を見る
2020.02.05-
2020.04.27

「ユン・ジャイ」展

1941年中国生まれ、現在台湾に在住の画家ユン・ジャイ。その画面には、風景、幻想の動物、自伝的な要素、現代のモティーフが混じり合います。二元論的パースペクティブを飛び越えながら、文化の混交の可…

2019.11.13-
2020.03.16

「クリスチャン・ボルタンスキー」展

アーティストの社会における役割とその言動の影響力を考察してきたクリスチャン・ボルタンスキー。ポンピドー・センターで開催された初の個展から35年間の歩みを、50点余りの作品とともに振り返ります。

2020.02.26-
2020.04.27

「ニューロン:擬態知能」展

人工知能の発展に伴い、急速に変化の波に曝される経済、医療、建築、軍事の領域。このような現代の状況に神経科学の視点を投じる展覧会です。人工脳、ディープラーニング、サイバー動物園などの実例に依拠し…

2020.02.26-
2020.04.27

「ジェレミー・ショウ」展

同規模の個展はフランスでは初となるカナダ出身の現代作家ジェレミー・ショウ。本展では、50年代から90年代までのそれぞれの時代を彷彿とさせるような7つのグループの人々が、7つのスクリーンの中で儀…

ギメ東洋美術館
Musée Guimet(パリ)
美術館情報を見る
コニャック=ジェイ美術館
Musée Cognacq-Jay(パリ)
美術館情報を見る
グルノーブル美術館
Musée de Grenoble(グルノーブル)
美術館情報を見る
オルレアン美術館
Musée des Beaux-Arts d'Orléans(オルレアン)
美術館情報を見る
ナント美術館
Musée des Beaux-Arts de Nantes(ナント)
美術館情報を見る
2019.06.07

「アーティストの風味 画家の料理皿の中から」展

本展は、ナント美術館のコレクションから、食物に関連した主題を持つ作品を集め、常設展の中で開催される企画展です。画家は、食物を様々なシーンの中で描いてきました:肉、魚の処理、キッチンの内部や人々…

2019.10.18-
2020.02.03

「チャーリー・チャップリン アヴァン=ギャルドの時代」展

1914年、デビューするやいなや映画界のスターとなったチャーリー・チャップリン。彼の影響は、同時代のアーティストにも及びました。本展は、近代の作家達の作品をチャップリンという人物像を通して再解…

ナンシー美術館
Musée des Beaux-Arts de Nancy(ナンシー)
美術館情報を見る
ディジョン美術館
Musée des Beaux-Arts de Dijon(ディジョン)
美術館情報を見る
2019.11.22-
2020.03.09

「グランド・ツアー アーティスト達の東洋への旅 - ディジョン美術館のコレクション」展

小説家、アーティスト、または政治家の報告書等により、19世紀は東洋への憧れが最高潮に達した時代でした。1798年、ナポレオン・ボナパルトのエジプト遠征にはじまり、1832年には画家のウジェーヌ…

ランス美術館
Musée des Beaux-Arts de Reims(ランス)
美術館情報を見る
グラン・パレ
Grand Palais(パリ)
美術館情報を見る
2019.10.16-
2020.02.10

「グレコ」展

クレタ島出身の画家、エル・グレコのフランスでは初めてとなる回顧展です。16世紀後半から17世紀初めに活動したグレコは、そのキャリアをヴェネツィアでスタートさせ、その後ローマを経てスペインに渡り…

2019.10.09-
2020.01.27

「トゥールーズ=ロートレック、果敢な現代人」展

1992年以来、27年振りの開催となったトゥールーズ=ロートレックの回顧展。「モンマルトルの文化」を鋭敏な感性で捉え、1890年代のパリを生きたフランス人画家の実像に迫る内容です。およそ200…

ルーヴル・ランス
Louvre Lens(ランス)
美術館情報を見る
2019.09.25-
2020.03.30

「カジミール・ゴロツキの「小ポーランド」:1924-1939年」展

ポーランド出身の写真家カジミール・ゴロツキは、1919年、ポーランドとフランスの間で交わされた「移民と移住に関する条約」以降、フランスへ移住した最も初期の頃のポーランド人労働者たちの一人でした…

ポンピドゥ・センター・メス
Centre Pompidou-Metz(メス)
美術館情報を見る
2020.03.21-
2020.11.02

「曖昧な境界:くるみの木」展

1947年、イタリア、ピエモンテで生まれたジョゼッペ・ペノーネは、60年代より、イタリアで興った『アルテ・ポーヴェラ(貧しい芸術)』の代表的な作家の一人として活躍。以降、国際的な名声を獲得し、…

2019.06.22-
2020.01.27

「キング・コング オペラ『マクロプロス家の事件』(2007年)より」展

ポーランドのクリエイターにより制作された巨大なキング・コングが『オペラ世界』展の一角を飾ります。パリ・オペラ座で開演されたオペラ『マクロプロス家の事件』(2007年)にて使用されたもので、パリ…

2019.11.22-
2021.08.23

「構築された世界:ポンピドー・センターの彫刻」展

ポンピドー・センター=メッスのコレクションからテーマを抽出し、毎回紹介する常設企画展示。本展のテーマは彫刻。コンスタンタン・ブランクーシ、アルベルト・ジャコメッティ、あるいはブルース・ナウマン…

2019.06.22-
2020.01.27

「オペラ世界 総合芸術の追求」展

20世紀から21世紀にかけた視覚芸術とオペラの出会いに焦点を当てた展覧会です。劇場での演出を紹介するだけではなく、ワグナーの提唱した「総合芸術」の概念に、時に反発し、時に共鳴しながら、歌劇がい…

ナンシー派美術館
Musée de l'École de Nancy(ナンシー)
美術館情報を見る
ケ・ブランリージャック・シラク美術館
Musée du quai Branly - Jacques Chirac(パリ)
美術館情報を見る
2019.11.19-
2020.06.28

「ヘレナ・ルビンスタイン、マダムのコレクション」展

世界的な化粧品会社「ヘレナ・ルビンスタイン」の創業者で、20世紀初めにビジネスウーマンとして最初に成功を収めた人物の一人、ヘレナ・ルビンスタインが収集したアフリカ美術の名品を展覧します。彼女が…

2019.11.19-
2020.03.29

「鉄を打つ:アフリカの鋳鉄美術」展

アフリカは鉄と最も結び付いた大陸のひとつです。およそ2000年前より鋳鉄技術の発達がアフリカそのものの文化的発展を助けてきました。本展は17世紀から現代まで、ナイジェリア、マリ、コンゴなど15…

2019.11.19-
2020.06.28

「ヘレナ・ルビンスタイン、マダムのコレクション」展

世界的な化粧品会社「ヘレナ・ルビンスタイン」の創業者で、20世紀初めにビジネスウーマンとして最初に成功を収めた人物の一人、ヘレナ・ルビンスタインが収集したアフリカ美術の名品を展覧します。彼女が…

2019.11.19-
2020.03.08

「ソミュック 太平洋の最初のモダン・アーティスト」展

アール・ブルットの提唱者であるジャン・デュブッフェと交流し、生まれ故郷ソロモン諸島の政治的リーダーでもあった画家ソミュック。1930年代にパリの知識階層の注目を集めましたが、死後は長い間その画…

パレ・ド・トーキョー
Palais de Tokyo(パリ)
美術館情報を見る
フランス国立建築遺産博物館
Cité de l’Architecture & du Patrimoine(パリ)
美術館情報を見る
2019.11.13-
2020.03.16

「オットー・ワーグナー、ウィーン・アール・ヌーヴォーの巨匠」展

オーストリアの建築家オットー・ワーグナー没後100年を記念して、フランス初の回顧展を行います。ウィーン・ミュージアムとオルセー美術館の協力を得て実現した本展には、工芸作品、絵画、デッサン、写真…

2019.11.13-
2020.03.16

「アルベルティーナの建築素描コレクション」展

ウィーンのアルベルティ―ナ美術館が誇る世界有数の素描コレクションの中から、「建築」をテーマに巨匠たちの作品をフランスで初めて紹介します。およそ7世紀にわたる建築の歴史を、約100点の「素描」を…

ルイ・ヴィトン財団美術館
Fondation Louis Vuitton(パリ)
美術館情報を見る
2019.10.02-
2020.02.24

「シャルロット・ペリアン」展

20世紀フランスを代表する建築家でデザイナー、シャルロット・ペリアン没後20年を機に開催される大規模な回顧展です。彼女の代表作とともに「社会における女性と自然の役割」について再考します。建築・…

リュクサンブール美術館
Musée du Luxembourg(France)
美術館情報を見る
2019.09.11-
2020.02.16

「イギリス絵画の黄金時代:レイノルズからターナーまで」展

テート・ブリテンが所蔵する18世紀後半から19世紀前半の「イギリス絵画」の名品が一同に会します。フランスでの公開は極めて珍しいレイノルズ、ゲインズバラ、ターナーの絵画作品を展示し、イギリス美術…

マイヨール美術館
Musée Maillol(パリ)
美術館情報を見る
2019.09.11-
2020.02.23

「素朴派の巨匠たち、税関吏ルソーからセラフィーヌまで」展

フランス国内外の美術館あるいはコレクターの協力を得て実現した「素朴派」の作品およそ100点を集めた展覧会。美術批評家でコレクターのヴィルヘルム・ウーデが「正規の美術教育を受けず、独学で絵画を習…

装飾芸術美術館
Musée des Arts décoratifs(パリ)
美術館情報を見る
2019.11.07-
2020.02.23

「歩行と足取り、靴の歴史」展

洋の東西を問わず、人々の日常に欠かせない装身具の一つである「靴」をテーマに、「身体とモード」の関係を探求する展覧会の第3弾です。館蔵品に加えて、フランス国内外の美術館やコレクターから特別に貸し…

ピカソ美術館(パリ)
Musée national Picasso-Paris(パリ)
美術館情報を見る
2019.10.01-
2020.02.23

「ピカソ 魔法のペインティング」展

1926年夏から1930年の春にかけてパブロ・ピカソが描いた一連の作品を、批評家のクリスチャン・ゼルヴォスは「魔法のペインティング」と評しました。奇妙な形が描かれたこれらの作品で、ピカソは新た…

ボナール美術館(ル・カネ)
Musée Bonnard(ル・カネ)
美術館情報を見る
シャンティイ城 - コンデ美術館
Domaine de Chantilly(シャンティイ)
美術館情報を見る

ページトップへ

ドイツ
ベルリン美術館
Staatliche Museen zu Berlin(ベルリン)
美術館情報を見る
ハンブルガー・バーンホフ現代美術館
Hamburger Bahnhof, Museum für Gegenwart(ベルリン)
美術館情報を見る
2019.11.09-
2020.10.14

「フラグメントの時間:マルクスコレクションと国立美術館コレクション」展

1934年にパリのスタジオで彼を訪れていたアーティストマルセル・デュシャンが作家のアナイス・ニンに「断片の時です」と発言しました。彼は、彼の作品「The Large Glass」のドキュメント…

2019.10.26-
2020.02.09

「ローレンス・アブ・ハムダン:法の前の声」展

ローレンス・アブ・ハムダン(1985年、ヨルダン・アンマン)の視聴覚作品とインスタレーションは、言語とコミュニケーションの政治的意味を探求しています。政府または企業の暴力の痕跡と監視とプロパガ…

2019.10.19-
2020.03.08

「セブデット・エレク: Bergama Stereo」展

本展は音のある建築インスタレーションです。イスタンブールを拠点とするアーティストでありミュージシャンのセブデット・エレクが、現在ベルリンにあるペルガモナルタルの形、歴史的機能、進行中のレセプシ…

2019.08.16-
2020.02.16

「ナショナル・ギャラリー賞2019」展

今回で10回目となるナショナル・ギャラリー賞は、ドイツに拠点をおいて活動をしている40歳未満のアーティスト4名が賞にノミネートされ、最終候補者の展覧会において発表されます。70のノミネートの中…

シュテーデル美術館
Städel Museum(フランクフルト)
美術館情報を見る
2019.10.23-
2020.02.16

「ヴァン・ゴッホ:Making」展

本展は、1900年頃の「ゴッホの伝説」と、ドイツの現代美術における彼の重要性に焦点を当て、120を超える絵画についての考察を展開しています。展覧会の中心には、ゴッホの芸術作品のすべての段階から…

2019.11.13-
2020.02.16

「偉大な写実主義、偉大な抽象化」展

本美術館の20世紀ドイツの所蔵品は、版画とドローイング約1,800で構成されています。これら2つの極の間で振動します。 およそ100のドローイングのセレクションが集中展示で発表され、コレクショ…

レンバッハハウス美術館
Städtische Galerie im Lenbachhaus(ミュンヘン)
美術館情報を見る
  

常設コレクション展

開催中のコレクション展は「1945年以降の美術」「19世紀の美術」「ヨーゼフ・ボイス」「青騎士」の4つのセクションに分けられています。クレーやカンディンスキーのほか、2013年5月、建築家ノー…

2019.10.22-
2020.02.16

「アレクセイ・フォン・ヤウレンスキーとマリアンネ・フォン・ヴェレフキン」展

アレクセイ・フォン・ヤウレンスキーとマリアンネ・フォン・ヴェレフキンは表現主義の前衛派の著名なメンバーでした。個性のある彼らの芸術はやがてモダニズムの時代をも華麗に生きました。彼らの作品は一度…

2020.02.18-
2020.08.23

「放射能:アートと政治への集団的アプローチ」展

ベルトルト・ブレヒトのラジオ理論からヒントを得た、本展は、独自の出版物を立ち上げた政治的芸術集団に着目します。「非常に悪いことですが、みんなにすべてを言うことは突然可能でしたが、それについて考…

ノイエ・ピナコテーク
Neue Pinakothek(ミュンヘン)
美術館情報を見る
ドレスデン美術館
Staatliche Kunstsammlungen Dresden(ドレスデン)
美術館情報を見る
2019.11.30-
2020.02.16

「亡命者の図書館」展

この展覧会は、エドモンド・ド・ワールの亡命施設の図書館にちなんで名付けられました。現在は、ヴェネツィアに最初に立ち寄った後、ドレスデンで展示されています。図書館には、古代から現代まで作家が自宅…

2019.11.19-
2020.03.08

「小さな手を動かす:Move!」展

等身大のマリオネット、グラフィックアートとコラージュ、幻想的なハイブリッドクリーチャー、陶器、シュールレアリスムの絵画、剥製、曖昧なフェチと遺物、映画館と舞台。チェコのシュールレアリストのヤン…

2019.10.26-
2020.03.08

「クリスティアン・ボルヒェルト:記憶のテクトニクス」展

クリスティアン・ボルヒェルト(1942-2000)は、東ドイツで最も重要な写真家の1人であり、ドイツを統一しました。ドレスデンで生まれ、主にその都市とベルリンで活動していた彼は、分析的かつ慎重…

アルテ・ピナコテーク
Alte Pinakothek(ミュンヘン)
美術館情報を見る
2019.11.08-
2020.10.04

「フィーリング」展

絵はどんなときに私たちを引き付けるのでしょうか? 激しい感情を刺激するために、アートワークと視聴者との間にメディアを設置する試みです。展示されている作品の特徴は、謎めいたモチーフと雰囲気のある…

2019.07.25-
2020.07.24

「ゴヤからマネへーアルテ・ピナコテークの19世紀」展

美術館や展示スペースとして40年ものあいだ、使用され続け的あノイエ・ピナコテークは、ここ数年間大規模な改修のために閉館していました。その間にコレクションから選ばれた19世紀の絵画と彫刻の主要作…

2019.10.25-
2020.02.02

「ヴァン・ダイク」展

アンソニー・ヴァン・ダイクは、バロック期のフランドル出身の画家です。ヨーロッパ中の支配者、軍司令官、芸術家たちが彼の肖像の美しさを褒め称えたものです。しかし、彼にとって名声への道は容易ではあり…

2019.05.24-
2020.07.19

「ブランドホルスト博物館、永遠の10年」展

ブランドホルスト博物館は2009年5月18日にオープンしました。まるで昨日のように感じますが、それでも博物館は大きく発展してきました。開館から10年、「新しい」ブランドホルストのコレクションが…

カールスルーエ・アート・アンド・メディア・センター
Zentrum für Kunst und Medientechnologie in Karlsruhe(バーデン=ヴュルテンベルク)
美術館情報を見る
2019.09.28-
2020.03.08

「いくつかのピーター・ウェイベル」展

ピーター・ウェイベルは、国際的に知られているオーストリアのポストコンセプトアーティスト、キュレーター、ニューメディア理論家です。本展は彼の75歳の誕生日を記念して、国際的に重要なメディアおよび…

2019.10.26-
2020.02.06

「世界のバウハウス」展

バウハウスは、1919年にワイマールで設立されました。ワイマール共和国の出発の精神と国民社会主義の夜明け、学校はわずか14年でモダンなデザインと前衛的なライフスタイルのシンボルになりました。バ…

2019.10.13-
2020.03.08

「ミヒャエル・ビエリキー:永遠に動く機械」展

本展はドイツ人のメディアアーティスト、ミヒャエル・ビエリキーの個展です。彼は40年間にわたり、写真、ビデオ、ネットワークベースのインスタレーションの分野で革新的な作品を制作しています。つねに最…

2018.09.29-
2021.12.31

「ZKM_Gameplay:ネクストレベル」展

"伝説的なZKMゲームプラットフォーム、ZKM_Gameplay
次のレベルへ。すべてのゲーマーだけでなく、これまでコンピューターゲームの経験がほとんどない人でも、楽しむことができ、有益で、…

ルートヴィヒ美術館
Museum Ludwig(ケルン)
美術館情報を見る
2019.10.12-
2020.02.02

「ルチア・モホリ:フォトストーリーを書く」展

バウハウス100周年を記念して、ルードヴィッヒ美術館はバウハウスの女性写真家ルシア・モホリの個展を捧げます。新しく取得された3つのビンテージプリントが初めて表示されます。彼女の写真作品に加えて…

2019.10.01-
2021.10.01

「Schultze Projects #2:エイブリー・シンガー」展

エイブリー・シンガーは3Dモデリングソフトウェアとコンピューテーショナルsデザインで作成された絵画で知られるアメリカのアーティストです。このたび彼女はルートヴィヒ美術館の吹き抜けで展示する新し…

2019.11.16-
2020.03.01

「ウェイド・ゲイトン:20年のMCMXCIX – MMXIX」展

1972年生まれのアメリカ人アーティスト、ウェイドガイトンは、20年以上にわたって一貫した独立した作品を生み出してきました。彼は、炎、文字「X」および「U」などの象徴的なモチーフを備えた大判の…

ページトップへ

スイス
ベルン美術館
Kunstmuseum Bern(ベルン)
美術館情報を見る
2019.08.30-
2020.02.02

「ヨハネス・イッテン:人生としてのアート。バウハウスのユートピア:リアリティのドキュメント」展

バウハウス100周年にあたる2019年、当館は著名なスイスのアーティストで、バウハウスの巨匠ヨハネス・イッテンに焦点を当てた展覧会を開催します。新たに研究された日記とスケッチブックを通して、色…

パウル・クレー・センター
Zentrum Paul Klee(ベルン)
美術館情報を見る
2019.08.23-
2020.05.24

「笑いと涙を越えて。クレー、チャップリン、ソンデレッガー」展

クレーの初期作品には、友人であるスイス人アーティストで漫画家のジャック・エルンスト・ソンデレッガーから大きな刺激を受けたことが反映されています。彼らの共通点は、ユーモアが人間の鍵であり、風刺が…

チューリヒ美術館
Kunsthaus Zürich(チューリヒ)
美術館情報を見る
バーゼル市立美術館
Basler Kunstmuseum(バーゼル)
美術館情報を見る
アール・ブリュット・コレクション
Collection de L'Art Brut Lausanne(ローザンヌ)
美術館情報を見る
2019.09.20-
2020.02.02

「カルロ・ツィネリ:表と裏」展

イタリアのアール・ブリュット・アーティスト、カルロ・ツィネリ(1916-1974)の作品は、特定のモチーフの繰り返しとさまざまに変化する視点とスケールと表裏両面であることが特徴です。1966年…

2019.11.29-
2020.04.26

「第4回 アール・ブリュット・ビエンナーレ2020」展

4回目を迎えたアール・ブリュット・ビエンナーレでは、アートブリュットの演劇に目を向けています。 28人のクリエーターが選んだ作品は、衣装、彫刻、ドローイング、絵画、写真、切り抜きです。これらは…

ページトップへ

イタリア
国立21世紀美術館(MAXXI)
MAXXI Museo nazionale delle arti del XXI secolo(ローマ)
美術館情報を見る
2019.11.27-
2020.04.13

「ジオ・ポンティ:建築を愛する」展

建築家、デザイナー、アートディレクター、作家、詩人、評論家、総合アーティストであるジオ・ポンティ。本展はパルマおよびジオポンティアーカイブのCSACとのコラボレーションで制作されたこの展覧会で…

2019.10.17-
2020.03.08

「芸術の精神的問題について」展

今日、精神について話すことはどういう意味をもつのでしょうか? 本展は芸術の精神的な問題について、現代美術と同時にローマの古代史の問題を通して精神的な問題を調査するプロジェクトです。多様な可能性…

2019.04.17-
2020.03.08

「AT HOME:現代住宅のプロジェクト」展

本展は現代の住宅のためのプロジェクトで、戦後から現代までの居住の概念の進化を詳述する博物館の建築コレクションの新しいプレゼンテーションを提示しています。また、展示プロジェクトでは、実物大のイン…

2019.10.23-
2020.04.13

「アルタン:PIMPA、CIPPUTI、シンカー、アン・パロポリとルカ・ラファエリによるキュレーション」展

アルタンの世界は、オリジナルのドローイング、ポスター、イラスト、絵画、スケッチ、テーブル、本、ビデオを通して語られます。アルタンは、アンネ・パロポリとルカ・ラファエリによってキュレーションされ…

ウフィツィ美術館
Galleria degli Uffizi(フィレンツェ)
美術館情報を見る
ピッティ宮殿パラティーナ美術館|
Galleria Palatina, Palazzo Pitti(フィレンツェ)
美術館情報を見る
アカデミア美術館(フィレンツェ)
Galleria dell'Accademia, Firenze(フィレンツェ)
美術館情報を見る
アカデミア美術館(ヴェネツィア)
Galleria dell'Accademia, Venice(ヴェネツィア)
美術館情報を見る
カ・ドーロ宮殿博物館
Galleria Giorgio Franchetti Alla Ca' D'oro(ヴェネツィア)
美術館情報を見る
カピトリーニ美術館
Musei Capitolini(ローマ)
美術館情報を見る
2019.06.07-
2020.01.26

「再発見された芸術:私たちの文化遺産の回復と保存に対するカラビニエリの責任」展

文化保護のための国家憲兵カラビニエリ司令部の設立50周年を記念した展覧会です。TPCとヨーロッパ観光センターの長きにわたるコラボレーションから生まれた本展は、紀元前8世紀から現代までの考古学的…

サンマルコ美術館
Museum of San Marco(フィレンツェ)
美術館情報を見る
ポルティ・ペッツォーリ美術館
Museo Poldi Pezzoli(ミラノ)
美術館情報を見る
2019.11.17-
2020.02.10

「レオナルドとリッタマドンナ」展

ポルディペッツォーリ美術館は、エルミタージュ美術館の最も有名な傑作の1つである、レオナルドとリッタマドンナを展示します。リッタマドンナのほか、レオナルドと彼の最も近い生徒(ジョヴァンニアントニ…

ページトップへ

バチカン市国
バチカン美術館
Vatican Museums
美術館情報を見る

ページトップへ

スペイン
プラド美術館
Museo Nacional del Prado(マドリッド)
美術館情報を見る
2019.09.04-
2020.06.30

「陛下の休憩室」展

この展示プロジェクトは、陛下の休憩室として知られる39室の元を再現します。1828年に最初にオープンし、ブルボン王朝の肖像画ギャラリーとして意図されていました。静物画、花の組成、風景、およびチ…

2019.11.26-
2020.02.16

「エル・ロト:見ることができない」展

本展は、漫画家アンドレ・ラバゴ(エル・ロト)が、プラヤ美術館で展示するために構成した特別なコレクションに与えられたタイトルを引用しています。エル・ロトがこのショーのために提案したタイトルは、ゴ…

2019.10.22-
2020.02.02

「二人の女性画家の物語:ソフォニスバ・アンギッソラとラビニア・フォンタナ」展

創立200周年を記念して、プラド美術館はソフォニスバ・アンギッソラとラヴィニア・フォンタナを発表しています。16世紀後半の最も著名な2人の女性画家の物語、主要作品を初めて集めた展覧会です。20…

2020.01.13-
2020.02.09

「教授法展:パレンシアのプラド」展

パレンシアのプラドの展覧会では、国立プラド美術館に保管されている絵画の優れたコレクションを巡る「仮想」の旅と呼ばれるものを提供し、美術館の最高傑作の写真展の形をとっています。この目的を念頭に置…

バルセロナ現代美術館
Museu d'Art Contemporani de Barcelona(バルセロナ)
美術館情報を見る
2019.09.25-
2020.02.07

「サンプラー#3. アンチーブックス」展

コレクションとドキュメンタリーの保有を促進するためにMACBAスタディセンターによって制作された展覧会アンチーブックの第3回目となる本展では、MACBAアーカイブにある1960年代および197…

カタルーニャ美術館
Museo Nacional de Arte de Cataluña(バルセロナ)
美術館情報を見る
2019.10.24-
2020.04.30

「空間を編む:オーレリア・ムニョス基金」展

美術家オーレリア・ムニョス(バルセロナ、1926年〜2011年)の著名な作品群が国立音楽博物館に入り、彼女のテクニックの多様性と独創性、そして彼女の詩の一貫性と強さを鑑賞できるようになりました…

ビルバオ・グッゲンハイム美術館
Museo Guggenheim Bilbao(ビルバオ)
美術館情報を見る
国立ソフィア王妃美術センター
Museo National Centro de Arte Reina Sofia(マドリッド)
美術館情報を見る
2019.10.30-
2020.04.13

「ヨルク・イメンドルフ:画家の仕事」展

ヨルク・イメンドルフは1970年代の終わりに、政治活動家、教師、芸術家として、大きく転換を迎えました。1976年は彼のキャリアの中で最も重要な年で、ベネチア・ビエンナーレに参加し、ドイツ民主共…

2019.11.22-
2020.03.23

「セイジャ・ストイカ:This Has Happened」展

オーストリア・ロマーニの芸術家、セイジャ・ストイカ(1933–2013)は独学の画家兼語り手であり、1986年以降に開発された後期文学と絵画の作品の著者でした。ストイカは、オーストリアの併合後…

2019.12.18-
2020.03.18

「イグナシオ・ゴメス・デ・リアーノ:書き捨て」展

ソフィア王妃コレクション部門が主催するこの展覧会の中心には、作家、詩人、哲学者ゴメス・デ・リアーノ(1946年、マドリード)が個人博物館に寄贈した個人的なアーカイブがあります。イグナシオ・ゴメ…

2019.07.29-
2020.03.02

「サラ・ラモ:lindalocaviejabruja」展

ブラジル・サンパウロを拠点に活動しているスペイン系ブラジル人アーティストのサラ・ラモ(1975-)は同世代のアーティストたちのなかでもっとも国際的に有名なアーティストの一人です。映像、インスタ…

ティッセン=ボルネミッサ美術館
Museo Thyssen-Bornemisza(マドリッド)
美術館情報を見る
2019.10.15-
2020.01.26

「印象派アーティストと写真」展

1830年代後半の初期のダゲレオタイプの登場に続いて、紙への写真印刷が発見されたあとに、写真と絵画の関係は非常に密接なものとなりました。写真家の作品にあるカメラの視点は、マネ、ドガなど若い印象…

バレンシア現代芸術院
Institut Valencia d'Art Modern(バレンシア)
美術館情報を見る
2019.11.14-
2020.03.01

「フェルナンド・サンチェス・カスティージョ:偽のゲーム、集団化された記念碑」展

アーティストフェルナンドサンチェスカスティロ(マドリード、1970年)によって開発され、ミゲルカバレロによってキュレーションされたプロジェクトの目的は、南北戦争の最も象徴的な写真の1つに基づい…

2019.10.08-
2020.02.16

「ジャン・ダブフェット:ヨーロッパの野人」展

バプティストブランがキュレーションしたこのショーは、絵画、ドローイング、彫刻、彫刻を含む約200の作品を細心の注意を払って選択し、多くの文書やオブジェクトとともに、ジャンの作品へのアプローチを…

2020.02.13-
2020.04.19

「激動の時代:IVAMコレクションのストーリーとマイクロストーリー」展

本展はIVAMコレクションの新設です。関連するリアリズムの概念を拡大するために、その中心的な核の1つであるポップアート、特にブリティッシュポップアートとスペインのリアリズムの形態から始まります…

ピカソ美術館
Mseu Picasso(バルセロナ)
美術館情報を見る
2019.11.08-
2020.03.15

「パブロ・ピカソ、ポール・エルアード:A SUBLIME FRIENDSHIP」展

ポールエルアードは1935年以降、ピカソの親友でした。アポリネールの亡き後、エルアールはピカソと意見を交換したり思想を共有したりできる唯一の詩人でした。すぐに、シュールレアリストの詩人は文字通…

2019.11.08-
2020.03.01

「詩人、ピカソ」展

"《私が中国人だった場合、私は画家ではなく作家になります、私は自分の絵を書きます》《結局のところ、すべての芸術は1つです。詩に感情を描くのと同じように、言葉で絵を書くことができます》
ピカソ…

ページトップへ

オランダ
アムステルダム国立美術館
Rijksmuseum Amsterdam(アムステルダム)
美術館情報を見る
  -
2020.03.24

「アムステルダム国立美術館、イタリアのドローイングのハイライト」展

本展はラファエロ、ペリーノデルヴァガとジュリオロマーノ、ピラネージとカナレットなど巨匠の素描を展示されています。ラファエロの図面は、数本の線を使用して人物を描写し、ハッチワークの影の効果を細か…

2019.10.30-
2020.10.18

「アジアパビリオンの新しい展示」展

本館では6カ月ごとに、アジア芸術のキュレーターがアムステルダム国立美術館のアジアパビリオンで新しい作品を発表します。今後のテーマは「さまざまな世界観と視点」です。台湾の芸術家であるTu Wei…

アムステルダム市立美術館
Stedelijk Museum Amsterdam(アムステルダム)
美術館情報を見る
2019.10.12-
2020.02.23

「RABO LAB:タッチメーター、シネキッドとのコラボレーション」展

Rabo Labでは家族を歓迎します。 ラボでは、常に何かすることがあります。 芸術運動、アムステルダム市立近代美術館のコレクション、また芸術家への知見を増やしていきましょう! 本展は、ビジュ…

2019.10.19-
2020.03.23

「ローマ賞」展

本展ではローマ賞にノミネートされたアーティストの新作を紹介します。サンダーブリューア&ウィッテヴァンハルゼン、エシリエルヘリエネエッシ、フェムケヘレグレーベン、ロリーピルグリム オープニングの…

2019.09.21-
2020.02.02

「シャガール、ピカソ、モンドリアンほか:パリの移民アーティストたち」展

1900年から1950年のあいだに、マルク・シャガール、パブロ・ピカソ、ピエト・モンドリアンなどの、当時は知名度の低かったアーティストたちが、世界のアートの中心地であり、自由を謳歌できたパリに…

ゴッホ美術館
Van Gogh Museum(アムステルダム)
美術館情報を見る
デン・ハーグ市美術館
Gemeentemuseum Den Haag(デン・ハーグ)
美術館情報を見る
2019.07.06-
2019.11.10

「ベン・アッカーマン」展

オランダの画家、ベン・アッカーマン(1920-2010)は、エンスヘーデの地方自治体で財務管理者として働きながら、自由な時間に自宅で絵を描いてました。エンスヘーデ周辺の風景に魅了され、表現豊か…

マウリッツハウス王立美術館
Koninklijk Kabinet van Schilderijen Mauritshuis(デン・ハーグ)
美術館情報を見る
クレラー・ミュラー美術館
Kröller Müller Museum(オッテルロー)
美術館情報を見る
2019.09.28-
2020.04.19

「INOPPORTUNE:ステージ2」展

「INOPPORTUNE:ステージ2」(2004年)は、数十本の矢が突き刺さった9つのレプリカのトラと、木が付いた山の形をした装飾で構成された記念碑的な展示です。トラは死の苦しみの中で空間に吊…

2019.10.19-
2020.03.01

「ロス・ヴァン・デル・ホルスト:宇宙の図面」展

「宇宙のためのドローイング」では、オランダの彫刻家ローズ・ファン・デル・ホルストのドローイングを展示しています。彼女は1960年代にテキスタイルアーティストとしてキャリアをスタートし、非常に初…

2019.10.19-
2020.03.29

「ワインケ・ガーツ:LERÊVE、LA ROUTE、LE MUR」展

Wineke Gartzは、シリーズ「Vestibulum」で紹介されている3番目のアーティストです。 このタイトルは、展覧会が開催される場所を指します。建築家ヘンリー・ヴァン・デ・ヴェルデに…

2020.01.25-
2020.04.27

「極東からの真珠」展

クレラー・ミュラー美術館は、現代美術の膨大なコレクションで最も有名です。あまり知られていませんが、博物館の創設者であるヘレネ・クレラー・ミュラーは、ブラン・ド・シン磁器から唐(610-907)…

ユトレヒト中央博物館
Centraal Museum Utrecht(ユトレヒト)
美術館情報を見る
2019.11.09-
2020.03.01

「ディック・ブルーナとユトレヒト:永遠に共に」展

芸術家として、ディック・ブルーナはユトレヒト市の重要な役割を果たしました。彼は市政府と市の組織のために様々なデザインを作成しました。 1986年の彼のポスター「ユトレヒト、スタッドナーミーンハ…

2019.01.18-
2020.05.03

「Dirkje KuikとPhilipp Guflerが語ったもうひとつの歴史」展

本展は、ユトレヒトの街を中心にしたDirkje Kuikによる幅広い図面、エッチング、リトグラフ、絵画が展示されています。本館は、アーティストのPhilipp Guflerに、Dirkje K…

2019.12.21-
2020.05.10

「マティス・ファン・ベルゲン」展

今年、本館は、オランダのファッションデザイナーマティス・ファン・ベルゲン(1980-)から大きな贈り物を受け取りました。ヴァンベルゲンのデザインの特徴は、プリーツと装飾品の使用です。数年かけて…

テイラー博物館
Teylers Museum(ハールレム)
美術館情報を見る
ボイマンス・ファン・ベーニンゲン美術館
Museum Boijmans Van Beuningen(ロッテルダム)
美術館情報を見る
フランス・ハルス美術館
Frans Hals Museum(ハーレム)
美術館情報を見る
2019.12.06-
2020.02.06

「ヘールトヘン・トット・シント・ヤンス」展

ヘールトヘン・トット・シント・ヤンスは初期フランドル派の画家です。並外れは作品を生み出し、彼は北オランダ絵画のパイオニアとなります。しかし彼の人生と仕事についてはほとんど知られていません。ハー…

2019.11.19-
2020.02.23

「ルバイナ・ヒミッド、グラブ・テストルバイナ・ヒミド、グラブ・テスト」展

英国の芸術家ルバイナ・ヒミッドは、現在の最も重要な芸術家の一人です。ヒミッドは、1980年代の英国黒人芸術運動の中心人物でした。この芸術的な動きは、黒人アーティストと黒人のアイデンティティのよ…

2019.11.26-
2020.02.03

「マリアナ・シネット:壊れた動物」展

本展は、ロンドンを拠点に活動するアーティストマリアナ・シネットによる新作と既存の映画、インスタレーション、彫刻を紹介します。シネットの実践の中心にあるのは、彼女が身体に夢中になっていて、それが…

エッシャー美術館
Escher In Het Paleis(デン・ハーグ)
美術館情報を見る
2019.11.16-
2020.02.09

「デヴィッド・ウメモト:不可能の建築家」展

カナダの芸術家デビッド・ウメモトは、彫刻と建築の間のバランスを取ります。彼は建築家としてキャリアを始めました。長年、彼は建築プロジェクトに携わっていましたが、徐々に小規模での作業、つまりオブジ…

フェルメール・センター
Vermeer Centrum Delft(デルフト)
美術館情報を見る

ページトップへ

ベルギー
ベルギー王立美術館
Musées royaux des beaux-arts de Belgique(ブリュッセル)
美術館情報を見る
アントワープ王立美術館
Koninklijk Museum voor Schone Kunsten(アントワープ)
美術館情報を見る
2018.06.19-
2020.03.01

「マザー・オブ・パールの夢」展

本館には画家ジェームズ・アンソールの世界最大のコレクションがあります。「マザーオブパールの夢」展では、アンソールのユニークな作品屠蘇の研究の成果をご覧いただけます。ブルジョワサロンなど、いくつ…

2019.10.05-
2020.12.31

「マドンナとマッド・メグの出会い」展

フーケのマドンナ(本館の絶対的な傑作)がロサンゼルスの展覧会から帰ってきました。10月5日から、アントワープのメイヤーヴァンデンバーグ美術館で彼女の作品を、マッド・メグと一緒に見ることができま…

ゲント美術館
Museum voor Schone Kunsten Gent(ゲント)
美術館情報を見る
  -
2020.12.31

「ボッシュからマグリットへ」展

本館は、2017年秋に常設コレクションのプレゼンテーションを修正しました。博物館の建物の改修(2002〜2007)と2007年の再開から10年後以上が経ちます。重点とするのは19世紀と20世紀…

  -
2020.10.21

「パントローグ(ダンケシェーン):パトリック・ヴァン・ケーケンバーグ」展

パトリック・ヴァン・ケーケンバーグは、黄金時代の北オランダ芸術のコレクションにて、自身の作品を選んで「パントログ(ダンケシェーン)」というタイトルのインスタレーションを作成しました。 彼は主に…

  -
2020.10.22

「業種:リア・ヴェルヘゲ」展

リア・ヴェルヘゲは30年以上にわたって新聞や雑誌から写真を収集しています。彼女は独自の原則に従って分類し、カタログ化し、「Provisoria」と呼ばれる約35,000枚の写真を含む個人用画像…

2020.02.01-
2020.04.30

「ヴァン・エイク:光学革命」展

世界中で、ヴァン・エイクによる約20の作品のみが保存されています。これらの半分以上は、本展のために2020年にゲントに移動します。見逃せない展示会の必需品となるであろうなかで、ヴァン・エイクの…

グルーニング美術館
Groeningemuseum(ブルージュ)
美術館情報を見る
リエージュ近代美術館
Le Musée d'Art moderne et d'Art contemporain de la Ville de Liège(リエージュ)
美術館情報を見る
世紀末美術館
Musée Fin-de-Siècle Museum(ブリュッセル)
美術館情報を見る
  -
2020.03.16

「ブリューゲル:まだ見ぬ名作」展

16世紀から17世紀にかけて活躍した画家、ブリューゲルの展覧会です。彼の絵画は世界中で即座に認識されるほど有名性を持ち合わせていますが、すべてのコンポジションでは、驚くべき事実ことや他の人に馴…

オルタ美術館
Horta Museum(ブリュッセル)
美術館情報を見る
聖バーフ大聖堂
Saint-Bravo's Cathedral(ゲント)
美術館情報を見る
ベルギー漫画センター
Comics Art Museum Brussels(ブリュッセル)
美術館情報を見る

ページトップへ

オーストリア
オーストリア絵画館
Museum und Schloss Belvedere Österreich(ウィーン)
美術館情報を見る
ウィーン美術史美術館
Kunsthistorisches Museum, Wien(ウィーン)
美術館情報を見る
  -
2020.10.04

「悪の皇帝コインコレクションの展示」展

古典で伝えられたローマ皇帝のイメージは、今日の彼らの見方や判断に影響を与え続けています。ローマ皇帝の私たちの見方は、古典での描かれ方に強く影響されます。たとえば、カリグラ、ネロ、またはコモドゥ…

リヒテンシュタイン美術館
Palais Liechtenstein(ウィーン)
美術館情報を見る
セセッション館
Secessionsgebäude(ウィーン)
美術館情報を見る

ページトップへ

チェコ
プラハ国立美術館
National Gallery in Prague(プラハ)
美術館情報を見る
チェコ国立プラハ美術工芸博物館
Museum of Decorative Arts in Prague(プラハ)
美術館情報を見る
2019.11.01-
2020.01.23

「タピオ・ヴィルカラ:フィンランドデザインの象徴」展

デザイナータピオ・ヴィルカラは北欧諸国が応用芸術に導入した進歩的な発展に不可欠な存在です。展覧会では、彼が1946年から1985年にかけて取り組んだ3つの主要分野の概要を展示します。ガラスは、…

2019.04.04-
2020.12.31

「プレイドオブグラス:1946 - 2019」展

本展は、アート展示用のガラス製品で構成されています。プラハの装飾美術館のコレクションから、およそ50の大規模な彫刻を合わせて拡張されました。

ページトップへ

ポーランド
ワルシャワ国立美術館
Muzeum Narodowe w Warszawie(ワルシャワ)
美術館情報を見る
チャルトリスキ美術館
Muzeum Książąt Czartoryskich(クラクフ)
美術館情報を見る
2019.07.02-
2020.04.13

「ジョゼフ・チャプスキ:絵画、ドローイング、日記」展

ジョゼフ・チャプスキ(1896-1993)は、ポーランドのアーティスト、作家、批評家であり、ポーランド軍の将校でした。本展は、彼の絵画、ドローイング、日記のもっとも完成されたプレゼンテーション…

ページトップへ

ノルウェー
オスロ国立美術館
Nasjonalmuseet for kunst, arkitektur og design(オスロ)
美術館情報を見る

ページトップへ

スウェーデン
スウェーデン国立美術館
Nationalmuseum(ストックホルム)
美術館情報を見る
ストックホルム近代美術館
Moderna museet(ストックホルム)
美術館情報を見る
2019.09.14-
2020.02.16

「カール・フレデリック・ロイテルスワルト」展

遊び心があり、多面的だったスウェーデンのアーティスト、カール・フレデリック・ロイテルスワルト(1934-2016)のキャリアは70年近く続きました。本展では、部分的に複雑なインスタレーションと…

イェーテボリ美術館
Göteborgs konstmuseum(イェーテボリ)
美術館情報を見る

ページトップへ

フィンランド
アテネウム美術館
Ateneum Art Museum(ヘルシンキ)
美術館情報を見る
  -
2020.12.31

「フィンランド美術の物語」展

本館は、国内最古かつ最大の美術コレクションを所有しています。 コレクション展では、あまり展示されていない芸術作品とともに、愛されている古典を紹介します。 それは新しい類似点を描き、長い間展示さ…

ヘルシンキ現代美術館
Kiasma(ヘルシンキ)
美術館情報を見る
2019.10.11-
2020.02.02

「ラグナル・ジャルタンソン」展

本作品は、ニューヨーク近郊の壮大な古いRokebyの不動産で撮影されました。個々のビデオのミュージシャンのパフォーマンスは別々に記録されましたが、ギャラリーでは、9つの個々のビデオがひとつの印…

2019.01.01-
2019.12.31

「Here You Are」展

本館の2019年のプログラムのテーマは、贈り物、分かち合い、おもてなし、そして出会いのアイデアを模索する展覧会や公演を年間を通じて演出することです。本館では、視聴者に芸術を作り、喜びとインスピ…

2019.04.26-
2020.03.01

「共存:キアズマのコレクションの人間、動物、自然」展

現代美術では自然はどのように提示され、人間はどう他の種に関連していると解釈されているのでしょうか? 本展では、人間と自然の関係について考察します。環境問題、自然、および他の生物との人間の共存は…

2020.01.31-
2020.08.16

「天気予報:将来の予測」展

キアズマの春のシーズンは、1月31日スタートの本展から始まります。ヴェネツィアビエンナーレの北欧パビリオンで、2019年11月末まで展示していた作品の凱旋展です。

デザイン博物館ヘルシンキ
Design Museum(ヘルシンキ)
美術館情報を見る
2017.02.04-
2019.12.31

「ユートピア・ナウ:フィンランド・デザインの物語」展

フィンランド独立から100周年を迎える2017年、デザイン博物館のコレクション展がリニューアル・オープンしました。5つのテーマに沿ういきいきとした物語を通して、フィンランドのデザイン史について…

ページトップへ

デンマーク
コペンハーゲン国立美術館
Statens Museum for Kunst(コペンハーゲン)
美術館情報を見る
ルイジアナ近代美術館
Louisiana Museum of Modern Art(フムレベック)
美術館情報を見る
ニイ・カールスベルグ・グリプトテク美術館
Ny Carlsberg Glyptotek(コペンハーゲン)
美術館情報を見る
2019.09.20-
2020.03.01

「パルミラへの道」展

ユーフラテス川と地中海の中間にあるシリア砂漠のエフカ泉にあったパルミラは、古代世界の多文化社会のひとつとして、その魅力的な歴史で再び注目を集めています。このオアシス都市は、貿易ルートとキャラバ…

ページトップへ

ロシア
プーシキン美術館
The Pushkin State Museum of Fine Arts(モスクワ)
美術館情報を見る
2019.10.15-
2020.04.14

「サブスクリプション:XIX世紀、神話から現実へ」展

サブスクリプションにかかわるは8つの講義が含まれます。講義はプーシキン博物館の会長によって行われます。

2019.11.13-
2020.02.16

「さまようスヴャトスラフ・リヒテルの年:オーストリア-ドイツ」展

本展は、「スヴャトスラフ・リヒテルの旅の年」という3年のサイクルを完了します。幼少期からのドイツ、オーストリア、ドイツの文学と音楽は、偉大なピアニストにとっての精神の形成に不可欠な存在でした。…

2019.11.19-
2020.01.26

「ダゲレオタイプ、オートクローム、ポラロイド:1/1」展

本展は写真の発明180周年を記念して、写真芸術の歴史における3つ技術的フェーズに迫ります。これらの技術は、画像の複製を妨げるだけでなく、その種の最初のものでもありました。最初の写真画像、最初の…

ロシア美術館
State Russian Museum(サンクトペテルブルク)
美術館情報を見る
エルミタージュ美術館
The State Hermitage Museum(サンクトペテルブルク)
美術館情報を見る

ページトップへ

ハンガリー
ハンガリー国立美術館
Magyar Nemzeti Galéria(ブダペスト)
美術館情報を見る
2019.12.13-
2020.03.01

「見捨てられた世界:イストヴァン・ファルカスの芸術(1887-1944)」展

本展では、かつてない豊かさでイストヴァン・ファルカスの全作品を紹介します。ハンガリー国立美術館のコレクション、および5つの外国および11のハンガリーのコレクションから、アーティストと彼のマスタ…

ルートヴィヒ・ミュージアム現代美術館
Ludwig Múzeum(ブダペスト)
美術館情報を見る
2020.01.24-
2020.04.26

「ウェブの終わり:THE END」展

ネットワークの「成人期」が終わる前に崩壊する可能性のある状況で、2023年には、Webは25年以上前になります。Webの衰退とその後を想像してみてください。結果として生じる世界は、空のサーバー…

2020.02.14-
2020.03.29

「タマス・ワリツキー:架空のカメラ」展

ルートヴィヒ美術館では、ハンガリーのヴェネツィアビエンナーレの展覧会をブダペストで一般公開しています。2019年、タマスワリツキーの展覧会Imagined Camerasがハンガリーパビリオン…

ページトップへ

ルクセンブルグ
ルクセンブルグ国立歴史・美術博物館
Musée National D'historie et D'art Luxembourg(ルクセンブルグ)
美術館情報を見る
2019.10.18-
2020.09.04

「メディチ家の影に:フィレンツェのバロック芸術」展

本展では、18世紀前半のフィレンツェで最も才能のある画家の一人であるジョヴァンニ・ドメニコ・フェレッティの作品も展示されています。この作品も色の選択に滲み出ているという生き生きとした喜びは、フ…

2019.09.27-
2020.09.05

「#wielewatmirsinn:ルクセンブルクの100年の普遍的参政権」展

2019年は、ルクセンブルクに普遍的選挙権が導入されて100周年の年でした。すべてのルクセンブルクの成人女性、および成人男性人口の3分の1以上が初めて政治的権利を獲得しました。この歴史的な出来…

  

「都市の考古学」展

ルクセンブルグにおいて中世から現代に至るまでに発掘調査によって発見された250点の事物から、都市周辺を空想散歩へと誘う展覧会です。都市の壁付近から始まり、城、宮殿、修道院、教会など、街の中心に…

ページトップへ