世界の美術館データベース

  • リストへ戻る
  • ヨーロッパ|イギリス

テート・ブリテンTate Britain

テート・ギャラリーは1889年に実業家のヘンリー・テートが自らのコレクションをナショナル・ギャラリーに寄贈しようと働きかけたことがきっかけとなり、ナショナル・ギャラリー・オブ・ブリティッシュアートとしてスタート。これが後のテート・ブリテンで、1897年に一般公開が始まる。これまで7回もの改修と増築を繰り返し、現在に至ります。テート・モダンの設立を機にテート・ブリテンと名称変更。テート・モダン、テート・リバプール、テート・セント・アイヴスとともに1500年以降のブリティッシュ・アートを収集し、約7万点もの作品を収蔵しています。メインスペースはブリティッシュ・アートの系譜を展示、多くのブリティッシュ・アーティストの回顧展を企画しており、毎年「ターナー賞」展として4人の「ターナー賞」ノミネート作家の展示を開催しています。


  


  

主なコレクション

  • 作者不明《コルモンドリー姉妹》(17世紀初頭)   

  • ジョン・シンガー・サージェント《カーネーション、リリー、リリーローズ》(1885-1886)   

  • ヘンリー・ムーア《横たわる像》(1938)   

  • ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナー《吹雪──港の沖合いの蒸気船》(1842展示)   

  • ジョン・コンスタブル《とうもろこし畑》(1817)   

  • フランシス・ベーコン《キリスト磔刑図の下の人物のための三習作》(1944年頃)   

  • デイヴィッド・ホックニー《大きな水しぶき》(1967)   

  • マックス・エルンスト《セレベスの象》(1921)   

  • アルベルト・ ジャコメッティ《指さす人》(1947)   

  • リチャード・ダッド《お伽の樵の入神の一撃》(1855–1864)   

美術館発行媒体

公式ブログ

紙媒体は美術館のオンラインショップより購入可能。

TATE ETC. magazine iPad app

インフォメーション

地域
ヨーロッパ、イギリス
所在地
Millbank, London  
Tel
+44(0) 20-7887-8888
Fax
  
URL
http://www.tate.org.uk/visit/tate-britain

併設施設

  • カフェ・レストラン
  • ショップ
  • ライブラリ

メンバーズルーム

備考

  

袴田早矢香。在ロンドン。建築設計事務所勤務。

展覧会情報

会期 展覧会名・内容
2022.03.22-
2023.01.22

「テート・ブリテン・コミッション:ヒュー・ロック」展
https://www.tate.org.uk/whats-on/tate-britain/hew-locke

テート・ブリテン・コミッションでは毎年、建物の中心にあるデュヴィーン・ギャラリーズの壮大なスペースを使った作品を制作するために、アーティストを招待しています。2022年に選ばれたのは、イギリスのアーティスト、ヒュー・ロック(1959-)です。

2022.02.05-
2022.05.08

「アート・ナウ:ダニエル・ディーン」展
https://www.tate.org.uk/whats-on/tate-britain/art-now-danielle-dean

イギリス系アメリカ人のアーティスト、ダニエル・ディーン(1982-)は、絵画、インスタレーション、パフォーマンス、映像といったメデイアを横断するマルチメディアアートの実践を通じて、私たちの心身がメディアと文化的な生産物によってどのように植民地化されているかを調べています。本展では、新作のマルチチャンネルの映像インスタレーション作品を通して、変化する労働の性質と、Amazon.comによる世界的な独占を調査します。

2022.03.20

ページトップへ