世界の美術館データベース

  • リストへ戻る
  • ヨーロッパ|イギリス

テート・モダンTate Modern

1992年、テート・ギャラリーに新しいギャラリーの新設計画がなされました。ギルバート・スコット卿設計の発電所が敷地として採択され、ヘルツォーグ・ド・ムーロンが建築家として選ばれ、2000年にオープン(オープン以前のテート・ギャラリーの歴史はテート・ブリテンを参照)。常設展は、シュールレアリズムを主に取り扱った「 Poetry and Dream(詩と夢)」、第二次世界大戦後の 「Transformed Visions(ヴィジョンの変換)」、20世紀前半からの抽象美術を扱った 「Structure and Clarity(構成と明確さ)」、1960年代70年代のイタリアにおけるアート運動から世界を見る「Energy and Process(エネルギーとプロセス)」と、時代ごとの部構成で展示がなされています。企画展では主に国際的な有名作家の展覧会を開催しています。


  

  

主なコレクション

  • マルセル・デュシャン《泉》(1917、[レプリカ]1964)   

  • ロイ・リキテンスタイン《ワーム!》(1963)   

  • パブロ・ピカソ《泣く女》(1937)   

  • アンリ・マティス《かたつむり》(1953)   

  • アンディ・ウォーホル《マリリン・モンローの2連画》(1962)   

  • ジョン・ウィリアム・ウォーターハウス《シャロットの女(シャロット姫)》(1888)   

  • サルバドール・ダリ《ナルシスの変貌》(1937)   

  • サルバドール・ダリ《ロブスター電話》(1936)   

  • ジェフ・ウォール《突風(北斎にならって)》(1936)   

  • ジャクソン・ポロック《サマータイム──ナンバー9A》(1948)   

美術館発行媒体

公式ブログ

紙媒体は美術館のオンラインショップより購入可能。

TATE ETC. magazine iPad app

インフォメーション

地域
ヨーロッパ、イギリス
所在地
Bankside, London  
Tel
+44(0) 20-7887-8888
Fax
  
URL
http://www.tate.org.uk/visit/tate-modern

併設施設

  • カフェ・レストラン
  • ショップ
  • ライブラリ

メンバーズルーム

備考

  

袴田早矢香。在ロンドン。建築設計事務所勤務。

展覧会情報

会期 展覧会名・内容
2019.11.20-
2020.03.15

「ドラ・マール」展
https://www.tate.org.uk/whats-on/tate-modern/exhibition/dora-maar

本展はこれまでに開催されたなかで最も包括的なドラ・マールの回顧展です。1930年代、フランスの写真家のドラ・マールによる挑発的なフォトモンタージュは、シュルレアリスムの象徴のひとつでした。「異常なもの」に対する彼女の視点は、ファッションや広告を含む商業的な写真からソーシャルドキュメンタリープロジェクトにも通じました。当時激しさを増していたヨーロッパの政治情勢のなかで、マールは左翼的立ち位置をとり、当時の女性のラディカルなアイコンでもあったのです。

2019.10.02-
2020.04.05

「カラ・ウォーカー」展
https://www.tate.org.uk/whats-on/tate-modern/exhibition/hyundai-commission-kara-walker

カラ・ウォーカーは人種、ジェンダー、セクシュアリティ、バイオレンス、アイデンティティなどをテーマに活動を行うアメリカ人コンテンポラリーアーティストです。展示作品のひとつ、「Fons Americanus」はバッキンガム宮殿の前にあるビクトリア記念碑に触発された高さ13メートルの噴水です。もちろん大英帝国を祝うものではなく、大西洋横断奴隷貿易と、アフリカ、アメリカ、ヨーロッパの3大陸の人々の野望、運命、悲劇に言及しながら、水を主要なテーマとした作品です。

2020.01.20

ページトップへ