世界の美術館データベース

  • リストへ戻る
  • ヨーロッパ|イギリス

テート・モダンTate Modern

1992年、テート・ギャラリーに新しいギャラリーの新設計画がなされました。ギルバート・スコット卿設計の発電所が敷地として採択され、ヘルツォーグ・ド・ムーロンが建築家として選ばれ、2000年にオープン(オープン以前のテート・ギャラリーの歴史はテート・ブリテンを参照)。常設展は、シュールレアリズムを主に取り扱った「 Poetry and Dream(詩と夢)」、第二次世界大戦後の 「Transformed Visions(ヴィジョンの変換)」、20世紀前半からの抽象美術を扱った 「Structure and Clarity(構成と明確さ)」、1960年代70年代のイタリアにおけるアート運動から世界を見る「Energy and Process(エネルギーとプロセス)」と、時代ごとの部構成で展示がなされています。企画展では主に国際的な有名作家の展覧会を開催しています。


  

  

主なコレクション

  • マルセル・デュシャン《泉》(1917、[レプリカ]1964)   

  • ロイ・リキテンスタイン《ワーム!》(1963)   

  • パブロ・ピカソ《泣く女》(1937)   

  • アンリ・マティス《かたつむり》(1953)   

  • アンディ・ウォーホル《マリリン・モンローの2連画》(1962)   

  • ジョン・ウィリアム・ウォーターハウス《シャロットの女(シャロット姫)》(1888)   

  • サルバドール・ダリ《ナルシスの変貌》(1937)   

  • サルバドール・ダリ《ロブスター電話》(1936)   

  • ジェフ・ウォール《突風(北斎にならって)》(1936)   

  • ジャクソン・ポロック《サマータイム──ナンバー9A》(1948)   

美術館発行媒体

公式ブログ

紙媒体は美術館のオンラインショップより購入可能。

TATE ETC. magazine iPad app

インフォメーション

地域
ヨーロッパ、イギリス
所在地
Bankside, London  
Tel
+44(0) 20-7887-8888
Fax
  
URL
http://www.tate.org.uk/visit/tate-modern

併設施設

  • カフェ・レストラン
  • ショップ
  • ライブラリ

メンバーズルーム

備考

  

袴田早矢香。在ロンドン。建築設計事務所勤務。

2020.05.20

ページトップへ