世界の美術館データベース

  • リストへ戻る
  • ヨーロッパ|イギリス

ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館Victoria and Albert Museum

2千年以上にわたる人類の制作活動による作品をさまざまな表現媒体を世界中から収集する、デザインを主題にした博物館。1851年に開催されたロンドン大博覧会をきっかけに、その翌年労働者階級への教育と国内のデザイナーや製造業者への感化を目標として設立されたました。1857年に現在の敷地に移ってからは、アートとデザインの歴史を包括すべく、さまざまな時代の優れた金属細工、家具、テキスタイルなどの工芸品を収蔵するほか、絵画、彫刻、印刷物など美術作品も多く所蔵しています。1899年にヴィクトリア女王が美術館の正面玄関の建設を開始し、それを機にヴィクトリア・アンド・アルバート博物館と名称を変更。常設展示では、2億点以上の収蔵品のなかから約6万点の展示を観ることができます。


  

  

主なコレクション

  • 作者不明《ティプー・スルタンのトラ:機械式オルガン》(インド、マイソール、1793年頃)   

  • 作者不明《マンダレー製仏教寺院》(ビルマ、1850-70)   

  • ラファエロ・サンティ《ラファエロのカルトン》(サイモン・グリベリンによる版画、1720)   

  • 作者不明《宮中服》(イギリス、1755-1760)   

  • ルイ=フランソワ・ルービリアック《ジョージ・フレデリック・ヘンデル像》(イギリス、1728/1738、19世紀)   

  • ドメニコ・ベノッティ《ジョン・イーヴリンの飾り棚》(フィレンツェ、1644-1646)   

  • 作者不明《デヴォンシャー・ハンティング・タペストリー》(オランダ、1425-1430年後半)   

  • ニコラス・ヒリアード《ヘニッジの宝石》(イギリス、1595年頃)   

  • 作者不明《イーデンホールの幸運》(シリア、1350年頃)   

  • ジャン・ボローニャ《サムソンとペリシテ人》(フィレンツェ、1560-1562)   

美術館発行媒体

VandA Channel(オンライン・マガジン)

紙媒体は美術館のオンライン・マガジン「VandA Magazine」より購入可能(定期購読、海外への発送可)。

ニュースレター(美術館公式サイトで申し込み可能。登録はこちらから)

インフォメーション

地域
ヨーロッパ、イギリス
所在地
South Kensington, Cromwell Road, London  
Tel
+44(0) 20-7942-2000
Fax
  
URL
http://www.vam.ac.uk/

併設施設

  • カフェ・レストラン
  • ショップ
  • ライブラリ

スタディーエリア、レクチャーシアター、スタディールーム、メンバーズルーム、リーディングルーム

備考

  

袴田早矢香。在ロンドン。建築設計事務所勤務。

展覧会情報

会期 展覧会名・内容
2019.04.06-
2020.02.16

「マリー・クヮント」展
https://www.vam.ac.uk/exhibitions/mary-quant

イギリスのファッションデザイナー、マリー・クヮント(1934-)は、ミニスカートやホットパンツから、明るい色のタイツやメイクアップまで、いくつものファッション革命を起こしてきました。本展では本人が所有している未公開のコレクションを含めた200以上の服やアクセサリーが展示されます。

2019.02.02-
2019.09.01

「クリスチャン・ディオール:夢のデザイナー」展
https://www.vam.ac.uk/exhibitions/dior-designer-of-dreams

20世紀もっとも影響力のあるクチュール、クリスチャン・ディオールの歴史とその影響、ファッションハウスの永続的な影響とイギリスとの関係を探る本展では、1947年から現在に至るまでを概観します。

2019.08.20

ページトップへ