世界の美術館データベース

  • リストへ戻る
  • ヨーロッパ|イギリス

ウォレス・コレクションThe Wallace Collection

ウォレス・コレクションは、18、19世紀に4世代に渡るハートフォード侯爵家とその子息リチャード・ウォレス卿が集めた美術品を、リチャード・ウォレス夫人が夫の死後1897年に国に寄贈したことから始まりました 。ウォレス卿一家が生前暮らしたハートフォード・ハウスに改修を加え、1900年に美術館としてオープン。18世紀後期のインテリアが保存されたその内部空間に、膨大なコレクションが展示されている。主にタイタン、レンブラントといった18世紀のフランス絵画、陶器、家具などを展示するほか、リモージュ琺瑯、マジョルカ陶器、多数の武器や装甲など含む、中世、ルネサンス期の作品も多く展示されています。


  

  

主なコレクション

  • フランス・ハルス《微笑む騎士》(オランダ、1624)   

  • セーブル工房《インクスタンド「地球儀」》(フランス、1758〜1759)   

  • アントワーヌ=ゴートロー《ルイ15世のコモード(整理箪笥)》(フランス、1739)   

  • ジャン=アントワーヌ・ウードン《セリリー夫人の胸像》(フランス、1782)   

  • ウーリッヒ・ランブス?《馬鎧》《騎士の甲冑》(ドイツ、1480年頃)   

  • フランソワ・ブーシェ《ポンパドゥール夫人》(フランス、1759)   

  • ジャン・デュクロレ《かぎたばこ入れ》(フランス、1744)   

  • ピーテル・パウル・ルーベンス《虹のある風景》(オランダ、1636年頃)   

  • アンドレ=シャルル・ブール《洋服箪笥》(フランス、1700年頃)   

  • ジャン・オノレ・フラゴナール《ブランコ》(フランス、1767)   

美術館発行媒体

What's On(年4回発行。ウェブサイトで閲覧可能)

紙媒体は美術館のオンラインショップより購入可能。

メーリング・リスト(美術館公式サイトで申し込み可能。登録はこちらから)

インフォメーション

地域
ヨーロッパ、イギリス
所在地
Manchester Square, London  
Tel
+44(0)207-563-9500
Fax
+44(0)207-224-2155
URL
http://www.wallacecollection.org/

併設施設

  • カフェ・レストラン
  • ショップ
  • ライブラリ

アーカイブ

備考

  

袴田早矢香。在ロンドン。建築設計事務所勤務。

展覧会情報

会期 展覧会名・内容
2019.06.10-
2019.09.01

「探求の精神:ウォレス・コレクションでのマノロ・ブラニク」展
https://www.wallacecollection.org/whats-on/coming-soon-an-enquiring-mind-manolo-blahnik-at-the-wallace-collection/

マノロ・ブラニク(1942-)はイギリスのファッションデザイナーで、彼の名を冠したイギリス発の靴のブランドで有名です。本展は、彼のプライベート・コレクションを編集した現代的なファッション世界のアイコンと当館の素晴らしいコレクションを並べています。芸術作品の並外れたクオリティと現代的なデザインの卓越性を目にする貴重な機会です。

2019.08.20

ページトップへ