世界の美術館データベース

  • リストへ戻る
  • ヨーロッパ|フランス

ルーヴル美術館Musée du Louvre

12世紀にフィリップ・オーギュスト王によって建設された城塞がルーヴルの起源です。以来、城塞、王宮、美術館と姿を変えながら現在の世界屈指の巨大美術館へ発展しました。6万平方メートルの展示スペースに、先史時代から19世紀までの《モナ・リザ》や《ミロのヴィーナス》を含む美術作品約3万5千点の収蔵品が展示されており、年間の入場者数は900人を超えます。1983年にミッテラン大統領による「大ルーヴル計画」によりルーヴルのシンボルであるガラスのピラミッドが誕生、2012年にはフランス北部のランスに別館をオープンさせました。2015年にはアラブ首長国連邦のアブダビに別館をオープンさせる予定で、12世紀の建立以来つねに進化し続けています。


  


  

主なコレクション

  • レオナルド・ダ・ヴィンチ《モナ・リザ》(1503-1519)   

  • 作者不明《サモトラケのニケ》(古代ギリシャヘレニズム期[紀元前323-31])   

  • 作者不明《書記座像》(エジプト、紀元前2500-2350)   

  • ヴェロネーゼ《カナの婚礼》(1562-1563)   

  • ジャック・ルイ・ダヴィッド《ナポレオンの戴冠式》(1805-1807)   

  • ヨハネス・フェルメール《レースを編む女》(1669-1670)   

  • 作者不明《ジャン2世 善良王》(フランス、14世紀半ば)   

  • ブール・アンドレ=シャルル《ティエリー男爵のグランド・キャビネ》(1710頃)   

ミュージアムグッズ情報



  • 『ルーヴル美術館ガイドブック』(ポケットサイズ)


  • 『すべてのルーブル:傑作、宮殿の歴史、そして建築』


  • ジャン・マルエル『ピエタ』(56ページ)

美術館発行媒体

雑誌『グラン・ギャラリー』は、次のオンラインショップより購入可能。

インフォメーション

地域
ヨーロッパ、フランス
所在地
99 rue de Rivoli 75001 Paris  
Tel
+33(0)1-4020-5050
Fax
+33(0)1-4020-5705
URL
http://www.louvre.fr
http://www.louvre.fr/jp(日本語)

併設施設

  • カフェ・レストラン
  • ショップ
  • ライブラリ

書店・ブティック、オーディオ・ビジュアル・ルーム

備考

  

栗栖智美。在フランス。通訳、コーディネーター。

展覧会情報

会期 展覧会名・内容
2019.10.24-
2020.02.24

「レオナルド・ダ・ヴィンチ」展
https://www.louvre.fr/expositions/leonard-de-vinci

注意:本展入場には事前予約が必要です。パリ・ミュージアム・パスをお持ちの方は無料観覧が可能ですが、事前の入場予約は必要ですのでご注意ください。ご予約はルーヴル美術館公式ウェブサイトからお早めにどうぞ。

レオナルド・ダ・ヴィンチ没後500年を記念して開催される特別展。ルーヴルが所蔵する貴重な絵画とデッサンを近年の研究成果も踏まえて紹介します。また一部の作品は修復を終えた状態での公開となります。多分野で業績を残したレオナルドが、絵画において科学をどのように取り入れ、作品に生命を吹き込もうとしたのかを探ります。

2019.09.25-
2020.06.29

「芸術家の人物像」展
https://www.louvre.fr/expositions/figure-d-artiste

ルネサンス期の芸術家たちは、それまでの「職人」という地位を捨てて、自らを「芸術家」と捉え、独立した存在として位置づけることを始めたとされます。本展は、レオナルド・ダ・ヴィンチやミケランジェロ、ドナテッロ、アルトドルファーといったルネサンスを代表する芸術家たちを取り上げ、彼らの作品を通して、その実像に迫る試みです。

2019.11.07-
2020.02.10

「19世紀の将校、紳士、コレクター、オラス・ヒス・ド・ラ・サル」展
https://www.louvre.fr/expositions/officier-et-gentleman-au-19e-sieclehorace-his-de-la-salle-collectionneur

19世紀のコレクター、オラス・ヒス・ド・ラ・サル(1795 – 1878年)のデッサン・コレクションを中心に展示します。展示は、プッサン、ジェリコー、そしてプリュドンをはじめとする大画家およびイタリア・ルネサンス、17世紀のイタリア風景画といったいくつかのテーマに分かれ、美しい素描の数々とともに、19世紀の知られざるコレクター、ヒス・ド・ラ・サルの人となりを探ります。

2019.05.25-
2020.02.24

「ジャン=ミシェル・オトニエル:ルーヴルのバラ」展
https://www.louvre.fr/expositions/jean-michel-othoniel-au-louvrela-rose-du-louvre

ジャン=ミシェル・オトニエルが制作した6枚の絵画によるインスタレーションがルーヴル美術館のピュジェの中庭に展示されています。本作に描かれたバラは、作家が美術館の展示作品の中から探し出した、ルーベンスの「マリー・ド・メディチとアンリ4世の結婚」に描かれているバラに着想しています。美術館を象徴する花として、マリー・ド・メディチという女性の生涯にフランスの歴史も重ねつつ、鑑賞者を彫刻の立ち並ぶピュジェの中庭の散策に誘います。

2019.12.20

ページトップへ