世界の美術館データベース

  • リストへ戻る
  • ヨーロッパ|フランス

ルーヴル美術館Musée du Louvre

12世紀にフィリップ・オーギュスト王によって建設された城塞がルーヴルの起源です。以来、城塞、王宮、美術館と姿を変えながら現在の世界屈指の巨大美術館へ発展しました。6万平方メートルの展示スペースに、先史時代から19世紀までの《モナ・リザ》や《ミロのヴィーナス》を含む美術作品約3万5千点の収蔵品が展示されており、年間の入場者数は900人を超えます。1983年にミッテラン大統領による「大ルーヴル計画」によりルーヴルのシンボルであるガラスのピラミッドが誕生、2012年にはフランス北部のランスに別館をオープンさせました。2015年にはアラブ首長国連邦のアブダビに別館をオープンさせる予定で、12世紀の建立以来つねに進化し続けています。


  


  

主なコレクション

  • レオナルド・ダ・ヴィンチ《モナ・リザ》(1503-1519)   

  • 作者不明《サモトラケのニケ》(古代ギリシャヘレニズム期[紀元前323-31])   

  • 作者不明《書記座像》(エジプト、紀元前2500-2350)   

  • ヴェロネーゼ《カナの婚礼》(1562-1563)   

  • ジャック・ルイ・ダヴィッド《ナポレオンの戴冠式》(1805-1807)   

  • ヨハネス・フェルメール《レースを編む女》(1669-1670)   

  • 作者不明《ジャン2世 善良王》(フランス、14世紀半ば)   

  • ブール・アンドレ=シャルル《ティエリー男爵のグランド・キャビネ》(1710頃)   

ミュージアムグッズ情報



  • 『ルーヴル美術館ガイドブック』(ポケットサイズ)


  • 『すべてのルーブル:傑作、宮殿の歴史、そして建築』


  • ジャン・マルエル『ピエタ』(56ページ)

美術館発行媒体

雑誌『グラン・ギャラリー』は、次のオンラインショップより購入可能。

インフォメーション

地域
ヨーロッパ、フランス
所在地
99 rue de Rivoli 75001 Paris  
Tel
+33(0)1-4020-5050
Fax
+33(0)1-4020-5705
URL
http://www.louvre.fr
http://www.louvre.fr/jp(日本語)

併設施設

  • カフェ・レストラン
  • ショップ
  • ライブラリ

書店・ブティック、オーディオ・ビジュアル・ルーム

備考

  

栗栖智美。在フランス。通訳、コーディネーター。

展覧会情報

会期 展覧会名・内容
2019.05.02-
2019.08.12

「忘れ去られた王国:ヒッタイト帝国からアラム人まで」展
https://www.louvre.fr/expositions/royaumes-oubliesles-heritiers-de-l-empire-hittite

古代エジプトと双璧を成し栄華を誇ったヒッタイト帝国は、アナトリア半島からレヴァント(トルコ、シリア、レバノン、イスラエル、エジプトまでを含む東部地中海沿岸地方)にまで影響を及ぼし、紀元前1200年頃に滅びました。失われた王国の伝統は、ネオ・ヒッタイトの政治、文化の中に引き継がれました。現トルコ、シリアの国境に位置するテル・ハヒフ遺跡といった主要な遺跡をはじめ、ヒッタイト帝国およびネオ・ヒッタイト文明の謎に迫る、近年の発掘研究の成果を発表します。

2018.09.26-
2019.07.01

「コマ割り考古学」展
https://www.louvre.fr/expositions/l-archeologie-en-bulles

ナポレオン・ホールで開催される企画展と連動した、9か月間のルーヴル美術館教育プログラム。第四回目のテーマは「考古学」と「漫画(バンド・デシネ)」です。好奇心を片手に宝探し、あらゆる地層を探求し、オブジェの分類、解釈を試みる、考古学者の仕事を、漫画と一緒に理解することができるでしょう。

2019.03.20

ページトップへ