世界の美術館データベース

  • リストへ戻る
  • ヨーロッパ|フランス

ヴェルサイユ宮殿美術館Château de Versailles

王家の狩猟用城館として建設され、1682年にルイ14世が移り住み、フランス革命勃発まで絶対王政の舞台として使用されたのがヴェルサイユ宮殿です。当代きっての建築家マンサールやル・ブラン、造園家のル・ノートルが手がけた最も豪華で美しい宮殿と庭園は1979年に世界遺産に登録されました。6000点の絵画、1500点の彫刻など、中世から20世紀までフランスの歴史を代表する逸品がコレクションされており、宮殿、庭園、グラントリアノン、マリー・アントワネットの離宮に展示されています。近年ではジェフ・クーンズや村上隆といった現代美術アーティストの作品を宮殿内に展示した企画展も開催されており、賛否両論を巻き起こしています。


©christian Milet/ All photos courtesy of the Château de Versailles


©christian Milet/ All photos courtesy of the Château de Versailles

主なコレクション

  • ジュール・アルドゥアン=マンサール《鏡の間》(1675-)   

  • ジャン・アンリ・リーズナー《マリー・アントワネットのシリンダー式机》(1786)   

  • イアサント・リゴー《ルイ14世の肖像》(1702)   

  • エリザベート=ルイーズ・ヴィジェ・ルブラン《マリー・アントワネット》(1783)   

  • フランソワ=パスカル=シモン・ジェラール《マルメゾン宮殿のソファに座る王妃ジョセフィーヌ》(1802)   

  • ジャン=バティスト・デュリュー、ジャン・ピジョン《アーミラリー天球儀》(1705)   

  • ジャン・ロレンツォ・ベルニーニ《ルイ14世像》(1665)   

美術館発行媒体

  

インフォメーション

地域
ヨーロッパ、フランス
所在地
85 Rue de la Paroisse 78000 Versailles  
Tel
+33(0)1-3083-7800
Fax
  
URL
http://en.chateauversailles.fr/homepage
http://jp.chateauversailles.fr/homepage(日本語)

併設施設

  • カフェ・レストラン
  • ショップ
  • ライブラリ

庭園トラム

備考

  

栗栖智美。在フランス。通訳、コーディネーター。

展覧会情報

会期 展覧会名・内容
2019.04.16

「フランス王妃マリー・レクザンスカの美的趣味
」展
http://www.chateauversailles.fr/actualites/expositions/gout-marie-leszczynska

ポーランド王を父に持つ、ルイ15世の王妃マリー・レクザンスカのヴェルサイユ宮殿における美的趣味と文化的貢献に焦点を当てます。その生涯の42年間という長い時間をヴェルサイユ宮殿で過ごしたマリー・レクザンスカ。宮殿内部の装飾には彼女の芸術的好みあるいは関心が深く浸透し、さらに同時代の画家達から指南を受けるほどに、彼女自身も絵を嗜みました。本展はおよそ50点の絵画を中心に、工芸品なども紹介しながら、これまでほとんど知られることのなかった芸術の分野での彼女の影響力に迫ります。

2020.05.20

ページトップへ