世界の美術館データベース

  • リストへ戻る
  • ヨーロッパ|フランス

ヴェルサイユ宮殿美術館Château de Versailles

王家の狩猟用城館として建設され、1682年にルイ14世が移り住み、フランス革命勃発まで絶対王政の舞台として使用されたのがヴェルサイユ宮殿です。当代きっての建築家マンサールやル・ブラン、造園家のル・ノートルが手がけた最も豪華で美しい宮殿と庭園は1979年に世界遺産に登録されました。6000点の絵画、1500点の彫刻など、中世から20世紀までフランスの歴史を代表する逸品がコレクションされており、宮殿、庭園、グラントリアノン、マリー・アントワネットの離宮に展示されています。近年ではジェフ・クーンズや村上隆といった現代美術アーティストの作品を宮殿内に展示した企画展も開催されており、賛否両論を巻き起こしています。


©christian Milet/ All photos courtesy of the Château de Versailles


©christian Milet/ All photos courtesy of the Château de Versailles

主なコレクション

  • ジュール・アルドゥアン=マンサール《鏡の間》(1675-)   

  • ジャン・アンリ・リーズナー《マリー・アントワネットのシリンダー式机》(1786)   

  • イアサント・リゴー《ルイ14世の肖像》(1702)   

  • エリザベート=ルイーズ・ヴィジェ・ルブラン《マリー・アントワネット》(1783)   

  • フランソワ=パスカル=シモン・ジェラール《マルメゾン宮殿のソファに座る王妃ジョセフィーヌ》(1802)   

  • ジャン=バティスト・デュリュー、ジャン・ピジョン《アーミラリー天球儀》(1705)   

  • ジャン・ロレンツォ・ベルニーニ《ルイ14世像》(1665)   

美術館発行媒体

  

インフォメーション

地域
ヨーロッパ、フランス
所在地
85 Rue de la Paroisse 78000 Versailles  
Tel
+33(0)1-3083-7800
Fax
  
URL
http://en.chateauversailles.fr/homepage
http://jp.chateauversailles.fr/homepage(日本語)

併設施設

  • カフェ・レストラン
  • ショップ
  • ライブラリ

庭園トラム

備考

  

栗栖智美。在フランス。通訳、コーディネーター。

展覧会情報

会期 展覧会名・内容
2019.04.29

「フランス王妃マリー・レクザンスカの美的趣味
」展
http://www.chateauversailles.fr/actualites/expositions/gout-marie-leszczynska

ポーランド王を父に持つ、ルイ15世の王妃マリー・レクザンスカのヴェルサイユ宮殿における美的趣味と文化的貢献に焦点を当てます。その生涯の42年間という長い時間をヴェルサイユ宮殿で過ごしたマリー・レクザンスカ。宮殿内部の装飾には彼女の芸術的好みあるいは関心が深く浸透し、さらに同時代の画家達から指南を受けるほどに、彼女自身も絵を嗜みました。本展はおよそ50点の絵画を中心に、工芸品なども紹介しながら、これまでほとんど知られることのなかった芸術の分野での彼女の影響力に迫ります。

2018.10.06-
2019.09.24

「ルイ=フィリップとヴェルサイユ」展
http://en.chateauversailles.fr/news/exhibitions/louis-philippe-and-versailles#the-exhibition

1789年10月6日、ルイ16世とマリー=アントワネットおよび王家の人々が追放されてから、ヴェルサイユ宮殿は王の居住の地として使用されることは二度とありませんでした。1830年、7月革命により王位を継いだオルレアン公ルイ=フィリップは、ヴェルサイユ宮殿に関心を抱き、宮殿を「フランスの栄光」を讃え、また万人に開かれた教育的な公共空間=ミュージアムとして公開するという計画を掲げます。分裂してしまったフランス国民をひとつにし、自身の足跡も残す、という政治的目的を達成するにはふさわしい計画でした。本展は、ルイ=フィリップの取り組みを紹介する初めての展覧会です。200点余りの作品を通じ、19世紀時代のヴェルサイユ宮殿にタイムスリップします。

2019.04.15-
2019.07.21

没後300年記念:マントノン夫人 (1719-2019)
http://www.chateauversailles.fr/actualites/expositions/mentions-legales

マントノン侯爵夫人の没後300年を記念して、ヴェルサイユ宮殿で初めて開催される展覧会です。1683年に太陽王ルイ14世の妻となり、波瀾万丈の人生を送った彼女にまつわる絵画や版画、デッサン、メダル、彫刻などおよそ60点を紹介します。1682年から1715年まで、実際にマントノン夫人が暮らした宮殿内の居室も当時の装飾を再現し、公開。政治的手腕と善良な人柄を併せ持ち、ルイ14世の寵愛を受けたマントノン夫人の実像に迫る試みです。

2019.05.14-
2019.10.20

「ヴェルサイユ - 見えるもの/見えないもの」展
http://www.chateauversailles.fr/actualites/expositions/versailles-visibleinvisible#dove-allouche

第12回目となる、ヴェルサイユ宮殿と現代アートのシリーズ展です。本展は、ドーヴ・アルッシュ、ナン・ゴールディン、マーティン・パー、エリック・ポワトヴァン、ヴィヴィアン・サッセンといった、国際的に活躍する5人の写真家を招聘し、トリアノン宮を舞台に新たに撮影された写真作品を展示する特別展です。ヴェルサイユの最も注目すべき場所、そして、人目にはつかない隠された場所を、写真家の目を通して、再発見に導く展覧会です。

2018.06.12-
2018.09.16

「ジャン・コテル(1646-1708年)庭園と神々」展
http://en.chateauversailles.fr/node/817/jean-cotelle-1646-1708-gardens-and-gods#the-exhibition

現在では忘れ去られてしまった17世紀の画家ジャン・コテル。当時最も成功した画家の一人だったジャン・コテルは、ヴェルサイユ宮殿大トリアノンのグラン・ギャラリーの装飾を任せられており、その部屋には現在でも彼の名がつけられています。ヴェルサイユの庭園の木立の間を天と地の神々が遊ぶ様子を描いた画家の21枚の絵画が彩るグラン・ギャラリーを舞台に、本展は、絵画、彫刻、デッサンなどおよそ100点の作品を展示。ジャン・コテルの再評価に挑みます。

2019.09.20

ページトップへ