世界の美術館データベース

  • リストへ戻る
  • ヨーロッパ|フランス

プティ・パレ美術館Le Petit Palais

隣接するグラン・パレとともに1900年の万国博覧会のために建築家シャルル・ジローによって建設されたプティ・パレは、1902年にパリ市所有の作品を展示する美術館としてオープンしました。コレクションは古代ギリシャの壷に始まり、ルネサンスの絵画・彫刻・陶器、東欧の宗教絵画、18世紀、19世紀の絵画および家具調度品、アール・ヌーヴォーの室内装飾や、写真、デッサンなど多岐に渡ります。2005年のリニューアルで生まれ変わった広大で自然光が差し込む明るい展示スペースや、庭園を見ながら休憩できるカフェが好評です。子どもから大人まで参加できるアトリエや講演会も盛んで、国やパリ市が主催する文化遺産の日や白夜祭などにも積極的に参加しています。


  


  

主なコレクション

  • ピエール・ボナールのパレット   

  • ウジェーヌ・グラッセ《櫛:ナーイアス》(1900)   

  • ポール・セザンヌ《水浴する3人の女たち》(1839)   

  • ジョルジュ・クレラン《サラ・ベルナールの肖像》(1876)   

  • フェリックス・ジエム《カイロの旧道》(1860)   

  • ジャン・アントワーヌ・ウードン《ヴォルテール胸像》(1781)   

美術館発行媒体

ニュースレター(ここからPDFをダウンロード可能)

インフォメーション

地域
ヨーロッパ、フランス
所在地
Avenue Winston Churchill, 75008 Paris  
Tel
+33(0)1-5343-4000
Fax
  
URL
http://www.petitpalais.paris.fr/en

併設施設

  • カフェ・レストラン
  • ショップ
  • ライブラリ

  

備考

  

栗栖智美。在フランス。通訳、コーディネーター。

展覧会情報

会期 展覧会名・内容
2019.05.22-
2019.09.15

「ロマン派のパリ、1815-1848」展
http://www.petitpalais.paris.fr/expositions/paris-romantique-1815-1848

19世紀前半のパリでは、ロマン派の芸術家たちがその才能を開花させて、今日まで広く親しまれる作品が数多く残されました。本展は文学や音楽、絵画のみならず、当時のファッションやダンスといったジャンルも取り上げて、およそ600点の作品と共にロマン派の芸術運動と同時代の社会情勢を再考します。当時のパリを再現したかのような壮観な展示空間を巡りながら、独特な雰囲気の中で、この展覧会のために特別に貸し出された品々を堪能できることでしょう。

2019.05.22-
2019.09.01

「ロマン派のドイツ」展
http://www.petitpalais.paris.fr/expositions/l-allemagne-romantique

19世紀のドイツ・ロマン主義の画家たちは、多くの優れた素描を描いたことでも知られています。本展は、ワイマールの博物館が所蔵する貴重な素描およそ140点をフランスで初めて紹介します。フュースリやフリードリヒ、ルンゲらの作品を通して、1780年代から1850年代頃までのドイツにおける素描の「黄金時代」を一望できる展覧会です。

2019.08.20

ページトップへ