世界の美術館データベース

  • リストへ戻る
  • ヨーロッパ|フランス

オランジュリー美術館Musée de l'Orangerie

1853年にチュイルリー庭園のオレンジ温室としてセーヌ川沿岸に建設されたのがオランジュリー美術館の起源です。1920年にモネの《睡蓮》が収められることが決まり、改修工事を経て、1927年オランジュリー美術館としてオープン。144点のヴァルテール=ギヨーム・コレクションをはじめとする、モネ、セザンヌ、ルノワール、マティス、ピカソ、モディリアーニといった印象派、後期印象派の作品を収蔵する美術館として年間70万人が訪れています。2006年にリニューアル・オープンしてからは、《睡蓮》の間は建設当時と同じように自然光が差し込むモネが理想とした展示室となり、さらに展示スペースも大幅に拡張され、より多くの作品鑑賞が可能となりました。


  

  

主なコレクション

  • ポール・セザンヌ《セザンヌ夫人の肖像》(1890)   

  • オーギュスト・ルノワール《ピエロ服のクロード・ルノワール(1909)   

  • アンリ・ルソー《ジュニエ爺さんの二輪馬車》(1908)   

  • アメデオ・モディリアーニ《ポール・ギョームの肖像》(1915)   

  • マリー・ローランサン《マドモワゼル・シャネルの肖像》(1924)   

  • クロード・モネ《睡蓮 朝》(1914)   

美術館発行媒体

  

インフォメーション

地域
ヨーロッパ、フランス
所在地
Jardin Tuileries 75001 Paris  
Tel
+33(0)1-4450-4300
Fax
  
URL
http://www.musee-orangerie.fr/

併設施設

  • カフェ・レストラン
  • ショップ
  • ライブラリ

  

備考

  

栗栖智美。在フランス。通訳、コーディネーター。

展覧会情報

会期 展覧会名・内容
2019.05.14-
2019.09.02

「アレックス・カッツ 睡蓮 モネへのオマージュシリーズより 2009-2010年」展
https://www.musee-orsay.fr/fr/evenements/expositions/aux-musees/presentation-generale/article/alex-katz-nympheas-48908.html?tx_ttnews%5BbackPid%5D=254&cHash=44c550cbb7

1927年アメリカ生まれの具象絵画の画家アレックス・カッツ。その作品はしばしばポップ・アートの文脈に結び付けられます。1950年からは風景画が増え、ニューヨークを拠点としつつも、自然に囲まれたメーンにアトリエを置き、夏の間などの制作がそこで行われます。メーンには睡蓮の咲く沼があり、本作はその沼の睡蓮を観察しながら、モネへのオマージュとして描かれました。本展では、美しい4、5点の連作が展示されます。

2019.08.20

ページトップへ