世界の美術館データベース

  • リストへ戻る
  • ヨーロッパ|フランス

マルモッタン美術館Musée Marmottan Monet

パリ16区の閑静な高級住宅街に佇むこの美術館は、もともとヴァルミー公爵の狩猟用の別荘だったものを19世紀末、収集家のポール・マルモッタンが邸宅に改造。彼の死後1934年に美術館として公開しました。ポールが収集したナポレオン時代の新古典主義絵画やアンピール様式の美術工芸品は保存状態もよく上品かつ荘重な雰囲気を醸し出しています。ドニ&アニー・ルアール財団のベアト・モリゾの絵画や、ジョルジュ・ウィルデンスタインの中世彩色写本などの他、モネの有名な《印象──日の出》や《太鼓橋》などモネを中心とする印象派コレクションの逸品が見学できる美術館として世界中から訪れる人が絶えません。


  


  

主なコレクション

  • クロード・モネ《印象──日の出》(1873)   

  • オーギュスト・ルノワール《クロード・モネの肖像》(1872)   

  • クロード・モネ《睡蓮》(1915)   

  • ベルト・モリゾ《舞踏会で》(1875)   

  • ギュスターヴ・カイユボット《パリの通り 雨降り》(1877)   

ミュージアムグッズ情報



  • 『モネ、印象派の眼』


  • 『アンリ=ルアール(1833-1912)、ペイント・アートワーク』


  • 『フォーヴと表現主義』

美術館発行媒体

ニュースレター(美術館公式サイトで申し込み可能。登録はこちらから)

インフォメーション

地域
ヨーロッパ、フランス
所在地
2, rue Louis Boilly 75016 Paris  
Tel
+33(0)1-4496-5033
Fax
  
URL
http://www.marmottan.fr/

併設施設

  • カフェ・レストラン
  • ショップ
  • ライブラリ

  

備考

  

栗栖智美。在フランス。通訳、コーディネーター。

展覧会情報

会期 展覧会名・内容
2019.09.12-
2020.01.26

「具象画家 モンドリアン」展
https://www.marmottan.fr/

19世紀末から20世紀前半に活動したオランダ出身の画家ピエト・モンドリアンは、「抽象絵画」の先駆者として広く知られています。芸術雑誌『デ・ステイル』創刊の主要メンバーで、「新造形主義」を唱えたモンドリアンが、どのように具象表現と向き合ったのかを探る展覧会です。

2019.11.20

ページトップへ