世界の美術館データベース

  • リストへ戻る
  • ヨーロッパ|フランス

ポンピドゥ・センターLe Centre Pompidou

現代アートの擁護者だったジョルジュ・ポンピドゥ元大統領発案の現代芸術センター。館内には国立近代美術館をはじめ、図書館、音響音楽研究所などが入っており、レンゾ・ピアノとリチャード・ロジャースが設計した配管やエスカレーターを外にむき出しにし、原色を多用した斬新な建築が今なお目を惹きます。美術館では芸術家や個人コレクターによる寄贈で約6500のアーティストの1万点におよぶ作品を収蔵しています。1977年の開館以来、現代美術アーティストの個展からテーマ展まで話題の企画展と関連映画や講演会、コンサートやイベントを開催、年間400万人以上の観客が訪れています。2010年にはフランス北東部のメスに坂茂らの設計によるポンピドゥ・センター・メスが開館しました。


  

  

主なコレクション

  • ヨーゼフ・ボイス《グランドピアノのための均質浸透》(1966)   

  • マルセル・デュシャン《泉》(1917[1964])   

  • コンスタンティン・ブランクーシ《眠れるミューズ》(1910)   

  • フランシス・ベーコン《部屋の中の3人の人物》(1964)   

  • フェルナン・レジエ《余暇:ルイ・ダヴィッド讃》(1948)   

  • ルネ・マグリット《赤いモデル》(1935)   

  • マルク・シャガール《盃をかかげる二重肖像》(1917-1918)   

ミュージアムグッズ情報



  • 『シュルレアリストのオブジェ事典』


  • 『彫刻:古代から20世紀まで』


  • DVD『LANDSCAPE of ARCHITECTURES』シリーズ

美術館発行媒体

メールマガジン 
紙媒体 

インフォメーション

地域
ヨーロッパ、フランス
所在地
Place Georges-Pompidou 75004 Paris  
Tel
+33(0)1-4478-1233
Fax
  
URL
https://www.centrepompidou.fr/en

併設施設

  • カフェ・レストラン
  • ショップ
  • ライブラリ

映画館、オーディトリウム

備考

  

栗栖智美。在フランス。通訳、コーディネーター。

展覧会情報

会期 展覧会名・内容
2018.05.08-
2019.09.16

「先史時代 近代の謎」展
https://www.centrepompidou.fr/cpv/agenda/event.action?param.id=FR_R-9efd70159546de76f3bf352a9942cf7¶m.idSource=FR_E-9efd70159546de76f3bf352a9942cf7

「先史」という概念は1860年に初めて登場しました。以来、ピカソ、ミロ、セザンヌ、クレーから、ヨゼフ・ボイス、イヴ・クライン、ジャン・デュビュフェやルイーズ・ブルジョワ、現代では、ジョゼッペ・ペノーネ、ピエール・ユイーグなど、20世紀、21世紀の多くのアーティスト達が魅了されてきました。本展は、この「先史時代」が、いかにアーティスト達にインスピレーションを与え、美術の歴史の発展にどのような役割を果たしてきたかを探ります。

2019.05.29-
2019.08.26

「ベルナール・フリーズ:後悔することなく」展
https://www.centrepompidou.fr/cpv/agenda/event.action?param.id=FR_R-136a96a88c42b9b2c309a4ba4b71b¶m.idSource=FR_E-136a96a88c42b9b2c309a4ba4b71b

パリ市立近代美術館にて行われた個展から15年、フランス生まれの画家ベルナール・フリーズの展覧会が開催されます。1977年から最新の作品まで、40年間の画業を振り返ります。シリーズ展開の作風で知られるフリーズですが、本展は、順番もなく、優位性もない、完全に自由な順路で構成されます。

2019.09.11-
2020.01.20

「ベーコンの全て」展
https://www.centrepompidou.fr/cpv/agenda/event.action?param.id=FR_R-98422f4ec997b38e22b5fcc316c6dff7¶m.idSource=FR_E-98422f4ec997b38e22b5fcc316c6dff7

マルセル・デュシャン、ルネ・マグリット、アンドレ・ドラン、アンリ・マティスといった20世紀の巨匠たちを読み解くシリーズに続くのは、画家フランシス・ベーコンです。フランスでは、1996年にポンピドー・センターで開催されて以来の大回顧展となります。1971年から1992年に描かれた最晩年の作品まで、ベーコンの作品を一同に展覧します。フランシス・ベーコンの絵画における文学の影響といった観点から構築された、今までにない試みとなります。

2019.06.26-
2019.09.23

「松谷武判(まつたにさけさだ)」展
https://www.centrepompidou.fr/cpv/agenda/event.action?param.id=FR_R-6f8f7c17e55c3547e27041908486ff¶m.idSource=FR_E-6f8f7c17e55c3547e27041908486ff

1937年に大阪に生まれ、1966年以降パリを拠点に活動するアーティスト、松谷武判(まつたにさけさだ)氏のフランスでは初めてとなる回顧展です。本展は作家本人からポンピドゥ・センターへ作品が寄贈されたことによって実現しました。およそ20点の作品と共に、1950年代末から現在に至るまでの創作を歩みを振り返ります。

2019.08.20

ページトップへ