世界の美術館データベース

  • リストへ戻る
  • ヨーロッパ|フランス

ポンピドゥ・センターLe Centre Pompidou

現代アートの擁護者だったジョルジュ・ポンピドゥ元大統領発案の現代芸術センター。館内には国立近代美術館をはじめ、図書館、音響音楽研究所などが入っており、レンゾ・ピアノとリチャード・ロジャースが設計した配管やエスカレーターを外にむき出しにし、原色を多用した斬新な建築が今なお目を惹きます。美術館では芸術家や個人コレクターによる寄贈で約6500のアーティストの1万点におよぶ作品を収蔵しています。1977年の開館以来、現代美術アーティストの個展からテーマ展まで話題の企画展と関連映画や講演会、コンサートやイベントを開催、年間400万人以上の観客が訪れています。2010年にはフランス北東部のメスに坂茂らの設計によるポンピドゥ・センター・メスが開館しました。


  

  

主なコレクション

  • ヨーゼフ・ボイス《グランドピアノのための均質浸透》(1966)   

  • マルセル・デュシャン《泉》(1917[1964])   

  • コンスタンティン・ブランクーシ《眠れるミューズ》(1910)   

  • フランシス・ベーコン《部屋の中の3人の人物》(1964)   

  • フェルナン・レジエ《余暇:ルイ・ダヴィッド讃》(1948)   

  • ルネ・マグリット《赤いモデル》(1935)   

  • マルク・シャガール《盃をかかげる二重肖像》(1917-1918)   

ミュージアムグッズ情報



  • 『シュルレアリストのオブジェ事典』


  • 『彫刻:古代から20世紀まで』


  • DVD『LANDSCAPE of ARCHITECTURES』シリーズ

美術館発行媒体

メールマガジン 
紙媒体 

インフォメーション

地域
ヨーロッパ、フランス
所在地
Place Georges-Pompidou 75004 Paris  
Tel
+33(0)1-4478-1233
Fax
  
URL
https://www.centrepompidou.fr/en

併設施設

  • カフェ・レストラン
  • ショップ
  • ライブラリ

映画館、オーディトリウム

備考

  

栗栖智美。在フランス。通訳、コーディネーター。

展覧会情報

会期 展覧会名・内容
2020.02.05-
2020.04.27

「ユン・ジャイ」展
https://www.centrepompidou.fr/en/lib/Exhibitions

1941年中国生まれ、現在台湾に在住の画家ユン・ジャイ。その画面には、風景、幻想の動物、自伝的な要素、現代のモティーフが混じり合います。二元論的パースペクティブを飛び越えながら、文化の混交の可能性を追いかけるユン・ジャイの絵画世界が展開します。

2019.11.13-
2020.03.16

「クリスチャン・ボルタンスキー」展
https://www.centrepompidou.fr/cpv/agenda/event.action?param.id=FR_R-923dc3544a7f9d4b17cd6b64be8382ed¶m.idSource=FR_E-923dc3544a7f9d4b17cd6b64be8382ed

アーティストの社会における役割とその言動の影響力を考察してきたクリスチャン・ボルタンスキー。ポンピドー・センターで開催された初の個展から35年間の歩みを、50点余りの作品とともに振り返ります。

2020.02.26-
2020.04.27

「ニューロン:擬態知能」展
https://www.centrepompidou.fr/cpv/agenda/event.action?param.id=FR_R-f146fa16402582d562607c9d2cbeee3e¶m.idSource=FR_E-f146fa16402582d562607c9d2cbeee3e

人工知能の発展に伴い、急速に変化の波に曝される経済、医療、建築、軍事の領域。このような現代の状況に神経科学の視点を投じる展覧会です。人工脳、ディープラーニング、サイバー動物園などの実例に依拠しながら、アーティスト、建築家、デザイナー、音楽家など様々な分野の専門家が試みる意識の拡大、あるいはコンピューティングがもたらす新意識の可能性について掘り下げます。ポンピドー・センターが取り組む、Mutation/Confrontationと題された現代科学シリーズ展の一環で、『Jeremy Shaw」展と同時開催となります。

2020.02.26-
2020.04.27

「ジェレミー・ショウ」展
param.id=FR_R-4217ab52979eaf2d2a185486275b3b29¶m.idSource=FR_E-4217ab52979eaf2d2a185486275b3b29

同規模の個展はフランスでは初となるカナダ出身の現代作家ジェレミー・ショウ。本展では、50年代から90年代までのそれぞれの時代を彷彿とさせるような7つのグループの人々が、7つのスクリーンの中で儀式的な動きを繰り広げる大型映像インスタレーションを中心に構成されます。サブカルチャー、SF、神経科学あるいは精神世界といった様々な要素に言及しながら、遺伝子操作された人間が珍しいものではなくなった近未来、人類がどこまでも超越を追い求める姿が描かれます。

2020.01.20

ページトップへ