世界の美術館データベース

  • リストへ戻る
  • ヨーロッパ|フランス

ポンピドゥ・センターLe Centre Pompidou

現代アートの擁護者だったジョルジュ・ポンピドゥ元大統領発案の現代芸術センター。館内には国立近代美術館をはじめ、図書館、音響音楽研究所などが入っており、レンゾ・ピアノとリチャード・ロジャースが設計した配管やエスカレーターを外にむき出しにし、原色を多用した斬新な建築が今なお目を惹きます。美術館では芸術家や個人コレクターによる寄贈で約6500のアーティストの1万点におよぶ作品を収蔵しています。1977年の開館以来、現代美術アーティストの個展からテーマ展まで話題の企画展と関連映画や講演会、コンサートやイベントを開催、年間400万人以上の観客が訪れています。2010年にはフランス北東部のメスに坂茂らの設計によるポンピドゥ・センター・メスが開館しました。


  

  

主なコレクション

  • ヨーゼフ・ボイス《グランドピアノのための均質浸透》(1966)   

  • マルセル・デュシャン《泉》(1917[1964])   

  • コンスタンティン・ブランクーシ《眠れるミューズ》(1910)   

  • フランシス・ベーコン《部屋の中の3人の人物》(1964)   

  • フェルナン・レジエ《余暇:ルイ・ダヴィッド讃》(1948)   

  • ルネ・マグリット《赤いモデル》(1935)   

  • マルク・シャガール《盃をかかげる二重肖像》(1917-1918)   

ミュージアムグッズ情報



  • 『シュルレアリストのオブジェ事典』


  • 『彫刻:古代から20世紀まで』


  • DVD『LANDSCAPE of ARCHITECTURES』シリーズ

美術館発行媒体

メールマガジン 
紙媒体 

インフォメーション

地域
ヨーロッパ、フランス
所在地
Place Georges-Pompidou 75004 Paris  
Tel
+33(0)1-4478-1233
Fax
  
URL
https://www.centrepompidou.fr/en

併設施設

  • カフェ・レストラン
  • ショップ
  • ライブラリ

映画館、オーディトリウム

備考

  

栗栖智美。在フランス。通訳、コーディネーター。

展覧会情報

会期 展覧会名・内容
2020.06.24-
2020.08.24

「ヒト・シュタイエル」展
https://www.centrepompidou.fr/cpv/agenda/event.action?param.id=FR_R-6593c839b5e2abed63159030cda2ec5b¶m.idSource=FR_E-6593c839b5e2abed63159030cda2ec5b

ベルリン在住の評論家、映画監督、批評家、アーティストのヒト・シュタイエル。グローバル監視社会やフェミニズム的視点を投じた作品で、世界的な評価を確立したシュタイエルは、1980年代、日本の映画学校でドキュメンタリーの手法を学んだことでも知られています。本展は、シュタイエルの新しいプロジェクトおよびそれに付随する二つの出版物を紹介します。シュタイエルは、Artreviewが毎年開催する「国際的なアートシーンで最も影響力のある人物」100人の中で、2017年初の女性アーティストとして1位に選ばれています。

2020.05.13-
2020.08.31

「マティス」展
https://www.centrepompidou.fr/fr/lib/Expositions

アンリ・マティス生誕150周年を記念して開催される展覧会。9章構成でマティスの創作と生涯に再び光を当てます。ポンピドゥ・センターの所蔵品に加えて、フランスにある2つのマティス美術館(カトー=カンブレジのマティス美術館とニースのマティス美術館)やマティス作品の豊かなコレクションで知られるグルノーブル美術館からの特別な貸し出しを受けて、本展は実現しました。1970年のグラン・パレでの大回顧展以来フランスで公開されることのなかった貴重な作品も並びます。

2020.06.10-
2020.08.24

「アリス・二―ル 社会的な眼差し」展
https://www.centrepompidou.fr/cpv/agenda/event.action?param.id=FR_R-73b522d5c88862a2dbb7f686bc8a6e4¶m.idSource=FR_E-73b522d5c88862a2dbb7f686bc8a6e4

北アメリカ出身の画家アリス・二―ル。政治的社会的メッセージを込めた彼女の作品は、生前は評価されることはありませんでした。本展は、二―ルが取り組んだテーマを大まかに「階級」および「性別」の二つに分類し、キャリアの初期である1920年代から、亡くなる直前の1980年代まで、およそ70点の絵画、デッサン、そして多数の資料が展示されます。アルルのファン・ゴッホ財団で開催されてから、国内では3年振りのアリス・二―ルの回顧展となります。

2020.05.20

ページトップへ