世界の美術館データベース

  • リストへ戻る
  • ヨーロッパ|ドイツ

ベルリン美術館Staatliche Museen zu Berlin

ベルリン美術館とは正式には「ベルリン国立美術館群(SMB)」と呼ばれ、ベルリンの中心部に位置し世界遺産にも登録されている博物館島をはじめ、ティアガルテン地区、ダーレム地区などに存在する多くの美術館・博物館群の総称です。1830年、プロイセン王室コレクションの収蔵・展示を目的に開館した旧博物館を発祥とし、以後、コレクションの増大にともない美術館や博物館が次々に建てられました。13世紀から18世紀にかけての西洋美術の珠玉のコレクションを誇る絵画館をはじめ、19世紀の美術を専門に扱う旧ナショナル・ギャラリーやミース・ファン・デル・ローエ設計の新ナショナル・ギャラリー、現代美術に特化したハンブルガー・バーンホフ現代美術館、ドイツ考古学の輝かしい遺産に触れることができるペルガモン博物館など、それぞれのギャラリーに独自の歴史と特色があり、今日に至るまでベルリンの重要な文化的拠点であり続けています。


(cc) djmutex

  

主なコレクション

  • ヤン・ファン・エイク《聖堂の中の聖母子》(1440年頃)   

  • ロヒール・ファン・デル・ウェイデン《ミッデルブルグ祭壇画》(1450年頃)   

  • アルブレヒト・デューラー《ひわの聖母子》(1506)   

  • ハンス・ホルバイン《商人ゲオルク・ギーツェの肖像》(1532)   

  • ルーカス・クラナッハ(父)《青春の泉》(1546)   

  • ピーテル・ブリューゲル(父)《ネーデルラントの諺》(1559)   

  • レンブラント・ファン・レイン《スザンナの水浴》(1647)   

  • ヨハネス・フェルメール《真珠の首飾りの女》(1660-1665年頃)   

  • カスパー・ダーヴィト・フリードリヒ《孤独な樹》(1822)   

  • アルノルト・ベックリン《死の島》(1883)   

美術館発行媒体

紙媒体は美術館のオンラインブックショップにて購入可能。

インフォメーション

地域
ヨーロッパ、ドイツ
所在地
    
Tel
+49 (0)30-26642-4242
Fax
+49 (0)30-26642-2290
URL
http://www.smb.museum/en/home.html

併設施設

  • カフェ・レストラン
  • ショップ
  • ライブラリ

  

備考

  

  

展覧会情報

会期 展覧会名・内容
2019.08.01-
2019.09.01

「ヨーロッパ ア・ラ・カルト:食べ物で繋がる」展(ヨーロッパ文化博物館)
https://www.smb.museum/en/museums-institutions/museum-europaeischer-kulturen/exhibitions/detail/europa-a-la-carte.html

毎年夏に開催されるヨーロッパ文化デイズの1カ月にわたるイベントでは、異なるヨーロッパの国、地域、または都市とそこに住む人々が紹介されます。今年は「食べ物で繋がる」という、初めて異文化間のテーマに焦点が当てられました。食べたり飲んだりすることは基本的な消費ですが、文化でもあり、経験、料理の楽しみも含みます。本展では、文化的、人類学的、および社会学的観点から、ヨーロッパ料理のアイデンティティ形成および異文化間にスポットライトを当てます。

2019.06.07-
2019.09.01

「クレーと抽象」展(ベルクグリュン美術館)
https://www.smb.museum/en/exhibitions/detail/klee-and-abstraction.html

スイスの画家、美術理論家パウル・クレー(1879-1940)の作品は、幾何学的形式に強く依存しています。そのため、イメージの主題は抽象的にみえます。が、本展では、彼の友人や同時代のアーティストたちによって制作された作品も一緒に展示されます。これらもクレーの作品と同様に幾何学的な形式によっているところが共通しています。

2019.08.20

ページトップへ