世界の美術館データベース

  • リストへ戻る
  • ヨーロッパ|ドイツ

ハンブルガー・バーンホフ現代美術館Hamburger Bahnhof, Museum für Gegenwart

ハンブルガー・バーンホフ現代美術館はドイツの首都ベルリンにある現代美術専門の美術館で、ベルリン国立美術館群(SMB)を形成するギャラリーのひとつです。直訳すると「ハンブルク駅現代美術館」となる館名にも表われているように、建物はもともとベルリンとハンブルクを結ぶ鉄道の駅舎でした。1996年にJ・P・クライフスの手によってリノベーションされ、現代美術館としてオープン。コンテンポラリー・アートの収集家であるエーリッヒ・マルクスのコレクションを核とし、ボイス、キーファー、ウォーホル、ラウシェンバーグ、トゥオンブリなどの作品が1万平方メートルにも及ぶ広大な展示スペースに並びます。


(cc) Manfred Brückels

  

主なコレクション

  • ロバート・ラウシェンバーグ《ピンク・ドア》(1954)   

  • アンディ・ウォーホル《毛沢東》(1973)   

  • マリオ・メルツ《クロコダイル・シルバー》(1980)   

  • ヨーゼフ・ボイス《20世紀の終わり》(1982-1983)   

  • マシュー・バーニー《クレマスター:グッドイヤーの振り付け》(1995)   

美術館発行媒体

紙媒体は美術館のオンラインブックショップにて購入可能。

インフォメーション

地域
ヨーロッパ、ドイツ
所在地
Invalidenstraße 50-51, Berlin  
Tel
+49 (0)-30-39783411
Fax
+49 (0)-30-39783413
URL
http://www.smb.museum/en/museums-institutions/hamburger-bahnhof/home.html?lang=de&cHash=fe4c946cedd2437ca3817a80f78b9e2c

併設施設

  • カフェ・レストラン
  • ショップ
  • ライブラリ

  

備考

  

  

展覧会情報

会期 展覧会名・内容
2021.11.28-
2022.06.19

「売りに出された教会:ハウブロック・コレクションとナショナルギャラリー・コレクションからの作品」展
https://www.smb.museum/en/museums-institutions/hamburger-bahnhof/exhibitions/detail/church-for-sale/

破産の危機に瀕したデトロイト市の看板が、教会の資産の売却を宣伝し、コミュニティを形成するための会議室を提供した2013年のエドガー・アルセノーによる一連の作品にちなんで展覧会の名前を付けられた本展では、さまざまな社会的文脈における強さと弱さのあいだの緊張を探求する作品を集めて紹介します。

2021.11.28-
2022.07.03

「国家、ナレーション、麻酔:もつれと具体化された歴史の収集」展
https://www.smb.museum/en/museums-institutions/hamburger-bahnhof/exhibitions/detail/nation-narration-narcosis/

国際的な共同プロジェクトである本展では、19世紀から現在までの政治的抗議、歴史的なトラウマ、社会的な物語と芸術の関係をテーマに、50名以上のアーティストによる作品が展示されます。

2022.03.20

ページトップへ